生物学者のアメリカ暮らし。

私を貧乏にする歯

前に書いた、クラウンが欠けてしまいやり直しになった奥歯なのですが、今なぜかその歯が痛いのです(涙)。

root canalをした歯なので、神経は全てとってあるはずで、痛くなりようがないはずなのですが、だんだん痛みが増してきています。


とても嫌な予感....。


そろそろ学生からポスドクへとステータスが変わるので、保険なども変えなければならず、歯医者も変わることになる都合の悪い時期に限って。

最初のroot canalとクラウンで確か400ドルくらい、クラウンのやり直しが800ドル。これ以上この歯にお金を吸い取られるんでしょうか私は。

週末なので歯医者に電話もできず、痛み止めを飲んでごまかしています。

最初にroot canalやった歯医者を訴えたいくらいです。


そしてステータスが変わるといえば、F-1(学生)ビザから労働可能なOPTに申し込まなければならず、その申請費用が340ドル。

現在、とても貧乏な私です。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2009-01-31 14:05 | アメリカ生活

私:Ph.D.をとるためアメリカに来て今はアカデミアとスタートアップの境に存在。夫:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。アシスタントプロフェッサー。
by hamakkoinmidwest
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アメリカ生活
同じ屋根の下
国際恋愛
サイエンス/キャリア
自己紹介
料理
彼の仕事関連
結婚未満
ビザ関係
国際結婚
serious stuff
ウェディング関連
アメリカで不妊治療
Outlander(Starz)
未分類

About

生命科学系PhDをとるため日本の大学卒業後アメリカに来て、当時MD/PhDコース中のPhDの方をやっていた彼と出会いました。彼のレジデンシーの間は国内で遠距離をしていましたが、フェローシップでこの都市に戻ってきたので、何年か一緒に住んでから結婚しました。体外受精の末恵まれた娘と3人暮らし。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧