生物学者のアメリカ暮らし。

健康保険&医者探し

大学院生の時は、サラリーが出るのですが雇用ではないので健康保険がありませんでした。
うちのプログラムの場合月にたしか300ドルくらい「博士候補者費用」と「健康費用」を合わせて取られるのですが、それを払う用にサラリーに上乗せされて支給されていて変な制度。と思っていました。
メディカルキャンパスにいたので、メインキャンパスの院生よりも待遇がよいとの噂です。

ポスドクは一応雇用にあたるので、健康保険に加入できます。私のプランは月々30ドル程度のもので、院生時代頭痛の種だったデンタルのカバレッジもあります(喜)。

しかし、今まで常用している薬が必要な時はstudent healthに行けばよかったところが、社会人として主治医(?適当な日本語が思いつきません)を見つけなければなりません。
どうしたものでしょう?

うちの大学関連の医者は全て私の持っている保険を受け付けるとのことなので、うちの医学校の「医者を検索」でprimary care doctorを探してみました。

彼がリストを見て「この人が評判いいらしい」と言ったので、電話してみると、「新しい患者のアポイントメントは11月まで埋まっています」と言われました(涙)。

評判がいいだけあります。

医者を探すと言っても、実際どう探していいかよくわからないものです(私だけ?)。保険会社の検索機能を使うとたくさん出てくるのですが、自分に合いそうな医者なんて分からないですよねぇ?

結局、大学の近くの、うちの医学校とは繋がっていない小さめの病院にしぼってみました。
電話してみると、

「今新しい患者さんを受け付けている医師は2人います。男性と女性どちらがいいですか?」

と聞かれたので、とっさに

「じょ、女性でお願いします」

とそれで決めてしまいました(汗)。

でもやっぱりアポイントメントは埋まっていたので、処方箋が必要なことを告げると、nurse practitioner とのアポをとってくれました。

急ぎの場合彼に処方箋を書いてもらう手もあるんですが、メールオーダーしたほうが安くなり、その場合医師名を書き込まなくてはならないのでちょっと気が引ける。ということで、アポがとれて一安心です。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2009-03-27 10:51 | サイエンス/キャリア | Comments(2)
Commented by forestlily at 2009-03-27 12:17
私もPrimary doctorを選ぶときに困りました。まったくわからなくて、選んだ病院のウェブサイトでチェックして決めた男性のお医者さんにしたのですが、よくもなく悪くもなく(笑)。特にコメントのしようすのない人で、あたりさわりはないのでいいのですが、なんだかしっくりこないです。でもOBGYNの先生は女性で、優しくて好きです。

やっぱり評判のいい医師は、待ち時間が多いんですね。でもいざとなれば彼氏さんに処方箋を書いてもらえるとなれば、とっても心強いですね♪
Commented by hamakkoinmidwest at 2009-03-28 00:31
forestlilyさん、

やっぱり選ぶの苦労しますよね!私だけじゃなくてよかったです(笑)
primary care drは特に難しい病気にならない限りあまり超優秀である必要はないかなと思っているので、きっとよくも悪くも、、でも大丈夫ですよ(^^;

11月まで埋まってると言われてびっくりでした。そんなに埋まるものなんでしょうか?彼もその辺理解不能だと言ってました。専門医とは違ったシステムなんでしょうね。

私:Ph.D.をとるためアメリカに来て今はアカデミアとスタートアップの境に存在。夫:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。アシスタントプロフェッサー。
by hamakkoinmidwest
プロフィールを見る
画像一覧

About

生命科学系PhDをとるため日本の大学卒業後アメリカに来て、当時MD/PhDコース中のPhDの方をやっていた彼と出会いました。彼のレジデンシーの間は国内で遠距離をしていましたが、フェローシップでこの都市に戻ってきたので、何年か一緒に住んでから結婚しました。体外受精の末恵まれた娘と3人暮らし。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧