生物学者のアメリカ暮らし。

Doctors Without Borders

彼がレジデンシーをしていた病院のレジデントGが、うちの大学病院であるフェローシップのインタビューのため日曜日にうちに泊まっていきました。

Gは来年、国境なき医師団の活動をするそうです。
私も話にはときどき聞いていたのですが、実際に行く人と直接話すのは初めて。
全く医者のいない難民キャンプなどで、派遣されるのは医師一人、看護士一人、それから費用の管理などを受け持つ人が一人。それで全てまかなうそうです。内科医でも、緊急の手術などはしないといけないとのこと。
うーん、恐ろしい!
それでも僻地に一人で行くという勇気がすばらしいです。人生でかけがえのない経験となるでしょう。

そういえば私の小さい頃の夢は医者か看護婦になってそういう僻地で人を助けるっていうものだったのですが、いつの間にか研究に変わっていました。確か12歳くらいの頃には既に科学者になるということは決まっていました(笑)
人の役に立つことをしたいっていうのは変わってないんですが、大幅な分野変更です。

Gの派遣先はミャンマーだったのが不確定になったそうですが、どこになるか気になるところです。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2009-04-28 07:49 | アメリカ生活

私:Ph.D.をとるためアメリカに来て今はアカデミアとスタートアップの境に存在。夫:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。アシスタントプロフェッサー。
by hamakkoinmidwest
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アメリカ生活
同じ屋根の下
国際恋愛
サイエンス/キャリア
自己紹介
料理
彼の仕事関連
結婚未満
ビザ関係
国際結婚
serious stuff
ウェディング関連
アメリカで不妊治療
Outlander(Starz)
未分類

About

生命科学系PhDをとるため日本の大学卒業後アメリカに来て、当時MD/PhDコース中のPhDの方をやっていた彼と出会いました。彼のレジデンシーの間は国内で遠距離をしていましたが、フェローシップでこの都市に戻ってきたので、何年か一緒に住んでから結婚しました。体外受精の末恵まれた娘と3人暮らし。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧