生物学者のアメリカ暮らし。

少しずつ

バケーションのおかげでやっとちょっとやる気が出ました。
とりあえず、ボスとのミーティングの前に論文を大量に読んでブレインストーミングして、いくつか違うプロジェクトを提案しようと思っています。

医学系の研究から純粋な生物系に移って来たので、両方の研究のしかたの違いがよく見えます(もちろん個人差はあるのですが、全体的に)。
医学系の学科ではどこのラボも朝早くから夜遅くまで忙しく研究していて、週末も大体どこのラボに誰かはいるという状態ですが、今の学科は朝9時すぎても誰もいないラボがあったり、週末はほとんど誰も見かけないというかんじです。やっぱり植物系だったりするとのんびりしてるのかなーと。
自分のやる気って意外と周囲の姿勢に影響されるんだなと思いました。
でもこれは直せることでもないので、自分のペースを保つようにがんばるしかないですね。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2009-08-30 01:02 | サイエンス/キャリア | Comments(0)

私:Ph.D.をとるためアメリカに来て今はアカデミアとスタートアップの境に存在。夫:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。アシスタントプロフェッサー。
by hamakkoinmidwest
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アメリカ生活
同じ屋根の下
国際恋愛
サイエンス/キャリア
自己紹介
料理
彼の仕事関連
結婚未満
ビザ関係
国際結婚
serious stuff
ウェディング関連
アメリカで不妊治療
Outlander(Starz)
未分類

About

生命科学系PhDをとるため日本の大学卒業後アメリカに来て、当時MD/PhDコース中のPhDの方をやっていた彼と出会いました。彼のレジデンシーの間は国内で遠距離をしていましたが、フェローシップでこの都市に戻ってきたので、何年か一緒に住んでから結婚しました。体外受精の末恵まれた娘と3人暮らし。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧