生物学者のアメリカ暮らし。

彼、また極貧に。

彼が前いた都市で買ってしまった家。ハウジングバブル崩壊のため今売れないのでマネージメント会社を雇って貸家にしてあるのですが、そのマネージメント会社がひどいんです。

以前テナントがリースを更新するかわからないと書きましたが、何度念を押してリースの更新を確認するように言っても何も言ってきません。数ヶ月後の先週末、彼がマネージメント会社からの封筒を開けたとたんなにやら暗雲が漂っています。
どうやらテナントは先月出て行ってしまったらしく、そのことについては全く何も書いていないのですが、単にテナントからの家賃が突然ゼロになっていて、鍵を取り替えたのでその請求書が入っていたのです。
そういう大事なことはいち早くオーナーに知らせるのがマネージメント会社の仕事なんじゃ!?
とにかく、それを知った彼は激怒。わたしがなだめる余地もありません。最悪ムードの時は何も話したくない、一人になりたい人なのです。その日友達とディナーに出かける予定だったのが行かないと言うので、心配なので私も行かないことにしようと思ったのですが、一人になりたいから行ってくれと言われちょっとむかつきました(笑)。まぁそういうムードなときに一緒にいてもこっちも苦痛なので、友達と出かけることにしました。夕飯と映画で帰ったのは深夜。

彼は次の日になってからやっとしゃべる気になりました。今後は夜勤バイトをたくさんいれないとならないし、それが全部自分が住んでもいない家に吸い取られることになるのでかなり凹んでいます。

私としては、彼が貧乏=結婚できない要因がさらに+。
なのでがっくりです。

こんな時期なので新しいテナントを見つけるのも難しいし、別のマネージメント会社を探すといってもその地域を扱ってる会社があまりないのだそうで。

彼は金銭問題で落ち込んでいるし、私は仕事関連で凹んでいます。人生うまくいかないね。と二人で苦笑いしました。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2009-11-10 06:50

私:Ph.D.をとるためアメリカに来て今はアカデミアとスタートアップの境に存在。夫:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。アシスタントプロフェッサー。
by hamakkoinmidwest
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アメリカ生活
同じ屋根の下
国際恋愛
サイエンス/キャリア
自己紹介
料理
彼の仕事関連
結婚未満
ビザ関係
国際結婚
serious stuff
ウェディング関連
アメリカで不妊治療
Outlander(Starz)
未分類

About

生命科学系PhDをとるため日本の大学卒業後アメリカに来て、当時MD/PhDコース中のPhDの方をやっていた彼と出会いました。彼のレジデンシーの間は国内で遠距離をしていましたが、フェローシップでこの都市に戻ってきたので、何年か一緒に住んでから結婚しました。体外受精の末恵まれた娘と3人暮らし。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧