生物学者のアメリカ暮らし。

2009年にアメリカで流行った食べ物&2010年のごく個人的予想

日本ほど食べ物の流行は激しくありませんが、アメリカでも食べ物の流行はあります。特に料理好き/食べること好きな人々の間では色々流行ります。(こういう人たちを指すのにFoodieという言葉がよく使われますが、この言葉を毛嫌いする人もいます(私は特に気にしませんが))

2009年に流行ったもの

#ベーコン
飴がけベーコンは数年前から流行っていたのですが、昨年になってベーコンカップケーキ、ベーコンチョコレートチップクッキー、ベーコン風味ウォッカ...ともう手のつけようがなくなってきたのが去年です。かく言う私も彼が無類のベーコン狂なのでベーコン・ピーナツバークを作りました。実は結構いけます(笑

#カップケーキ
ニューヨークのマグノリアで有名ですが、これはだんだん下火になってきてるかも。でもカップケーキ専門店がどこにでも出てきて、私の住むところにすらあるのです。色々なフレーバーとアイシングのコンビネーションが選べるところが魅力なのでしょうか。あと、子供時代の誕生日はカップケーキが多い(切り分けなくてもよく、手で食べられるのが幼児向き)ので、ノスタルジックなのも人気が出た原因でしょう。

#Fleur de selチョコレート、キャラメル
チョコレートとキャラメルのレシピには必ずFleur de selが仕上げにのっているというくらい流行りました。甘いものには少しの塩気がアクセントになっていいのですねー。

#ミクソロジスト
食べ物じゃないのですが、こだわりのあるカクテルの作れるバーテンダーがいつの間にかミクソロジストと呼ばれるようになっていました。学者っぽい響きです。今までに聞いたカクテルの中で一番衝撃的だったのがBLT(ベーコン・レタス・トマト)カクテルです。どう作るのか忘れましたが、ベーコンウォッカは間違いなく入ってました。

#和食
寿司ブームはもう古い話ですが、普通に日本語で通じるようになってきたのがパン粉、そば、インスタントじゃないラーメン(ニューヨークのMomofukuのおかげかと思われます。去年クックブックが出たのも一因かも)、えだまめ、昆布、「旨味」など。
もうちょっとがんばってほしいけど、次は韓国がきそうな予感です。

#トラックフード(屋台)
私は大都市にいないので残念ながら試す機会がまだないのですが、ニューヨークやLAでは大流行りのトラックフード。昔ながらのホットドッグだけでなく、色々なエスニックやオリジナル料理を専門にするトラックが増えてきました。特にLAのKogi tacos (焼き肉&タコスのフュージョン)が話題に。Twitterのおかげでいつどこに出没するかが分かりやすいそうです。

#モレキュラーガストロノミー
有名シェフが液体窒素を使ったり、グアーガムなどの安定剤を入れたり、Sous-vide(真空調理法)を取り入れるなどして「新しい」料理を作り出しました。個人的には、サイエンスが仕事なので恒温液槽とかが調理に使われているとあまり食欲でません(笑
シカゴのAlineaというレストランのシェフ、Grant Achatzなどが有名。最近では家庭用のSous-videマシーンなんかも出回ってます。


2010年に流行りそうなもの

#韓国料理。
焼き肉だけでなく、家庭料理的なものも流行りそうです。個人的にはもっと和食ブームになってほしい気も(材料が手に入りやすくなるとうれしいので)。

#鰯
毛嫌いする人が多い食材ですが、環境に優しい、水銀の心配もないということでニューヨークタイムス紙のMinimalistことMark Bittmanもよく使うし。最近Food NetworkのAlton Brownがアボカド+オイルサーディンサンドイッチでダイエットに成功したこともあり、少しは好かれる食材になるかも...?流行るまでにはいかないかな。

#アジアンスイーツ
日本のお菓子類の噂は密かに広まっています。キットカットにそんな種類があるの〜!みたいな。でも会社の取り決めでアメリカ国内では堂々と売れないんだそうな。

#Twitterを使うレストランとシェフが増える
既にお気に入りレストランとシェフ、フォローしてます。「今日はこんな食材が手に入ったよ!」とか「今日のスペシャルは○○!」というのがリアルタイムで分かるので便利。

#ホームガーデンがもっと流行る
景気はまだよくないですしねー。

というわけで、予想というか私の個人的希望というか...(汗

ちなみに、Epicuriousの予想はこんな感じです。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2010-01-14 13:16 | アメリカ生活 | Comments(4)
Commented by Alice at 2010-01-17 20:08 x
おもしろいですね~!

個人的に甘党ではないので、ベーコンチョコチップクッキーとベーコンカップケーキなるものは恐ろしいばかりですが…ていうか、ベーコン風味のカップケーキなのか、カップケーキ風味のベーコンなのかよくわかっていません(笑)

モレキュラーガストロノミーとミクソロジストなるものは、今度アメリカに行ったら試してみたいと思います!
Commented by hamakkoinmidwest at 2010-01-17 22:59
Aliceさん、

ベーコンをカリカリにして砕いてお菓子に入れただけってかんじですけどね(笑 塩スイーツにしろ、塩と甘みのコントラストがいいんでしょうか。

先週実は有名ミクソロジストのいるバーに行ってきました。おもしろいカクテルばっかりでしたよ。味も良かったです。是非お試しあれ♪
Commented by Alice at 2010-01-19 01:07 x
えー、爆笑!
#ベーコンという項目に入っているので、実はチョコチップ風味のベーコンだろうと思っていました!よくリンゴジャム風味のベーコンとかアメリカであったので。でもよく考えるとチョコチップクッキー風味のベーコンは、どうやってクッキー部分の味や食感を出すんだろう、と不思議でした。塩スイーツはよくあるけれど、ベーコンチョコチップクッキーは肉スイーツかと・・・。
Commented by hamakkoinmidwest at 2010-01-19 06:19
Aliceさん、

そうなんですよ。肉スイーツです(笑
チョコレートでコーティングしてあるカリカリベーコンも流行りました。
肉+甘いものって、ターキー+クランベリーソースとかミートボール+グレープジェリー入りソース(おええ、と思いますが意外と大丈夫です)とかもあるから、抵抗が少ないんでしょうかねぇ。

私:Ph.D.をとるためアメリカに来て今はアカデミアとスタートアップの境に存在。夫:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。アシスタントプロフェッサー。
by hamakkoinmidwest
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アメリカ生活
同じ屋根の下
国際恋愛
サイエンス/キャリア
自己紹介
料理
彼の仕事関連
結婚未満
ビザ関係
国際結婚
serious stuff
ウェディング関連
アメリカで不妊治療
Outlander(Starz)
未分類

About

生命科学系PhDをとるため日本の大学卒業後アメリカに来て、当時MD/PhDコース中のPhDの方をやっていた彼と出会いました。彼のレジデンシーの間は国内で遠距離をしていましたが、フェローシップでこの都市に戻ってきたので、何年か一緒に住んでから結婚しました。体外受精の末恵まれた娘と3人暮らし。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧