私:Ph.D.をとるためアメリカに来て、今はポスドク中。 彼:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。週一でクリニックをしながらポスドク中。


by hamakkoinmidwest

手作りソフトプレッツェル

2月7日、日曜日はSuperbowl(=NFLの決勝戦) でした。全く、年に何回食べ続ける日があるのかというアメリカ合衆国。フットボール観戦がメインなはずのこの日も例外ではありません。

スーパーボウルで定番なものの例はこんなかんじ。

#バッファローチキンウィング
(手羽先を揚げて、バターとホットソースに絡め、それをさらにブルーチーズドレッシングにディップして食べるという脂に油に脂に油の前菜です。たまに食べるとおいしいけど食べ過ぎると...)

#チリ (冬の定番!テキサスチリは豆が入ってないそうですが私は豆入りが好きです)

#宅配ピザ(ピザチェーンが一番儲ける日かも?バッファローウィングも宅配するチェーンがほとんどです)

#トルティーヤチップとディップ各種、またはナチョス

今年はセインツ(ニューオーリンズ;優勝おめでとう!)の影響で、ニューオーリンズっぽい物を作った人も多いとか。

まぁ要するに、ビールに合えば何でもいいんです(笑

私と彼は大家さんのスーパーボウルパーティーに招待されたのですが、「食べ物もたくさんあるから〜」と言われていて何を持って行けばいいのか分からなかったのでソフトプレッツェルとハニーマスタードソースを作って持って行きました。
袋入りの小さい乾燥プレッツェルには全く興味のない私ですが(チョコレートでコーティングしたやつは別)、モールとか空港で焼きたてソフトプレッツェルの香りにはいつも惹かれるので作ってみることにしました。

あの独特の色合いと香りはプレッツェル生地(基本的にパンと同じ)を一度重曹の入ったお湯で茹でるところから来るみたいですねぇ。プレッツェル用の塩なんてものは明らかに持っていないのでコーシャーソルトで代用しました。
あと、例のプレッツェルの形ではなく皆で分けやすいように一口サイズのナゲット状にしました。

大好評!

ローカルの人たちの間で人気のあるプレッツェルのお店よりおいしいって言われました!感動!
ただしそのお店、ソーセージをプレッツェル生地で包んで焼いてあるソーセージプレッツェルが有名なそうなので、今度こういうものを持って行く機会があったら何か中に包んでみようかと思ってます。ミニウィンナーのプレッツェルなんて一口サイズでいいかも☆

ちなみに大家さんのチキンウィングはグリルしてスパイシーなソースに絡めてあるものだったので、定番のよりはカロリーダメージが低かったしおいしかったです♪
[PR]
by hamakkoinmidwest | 2010-02-10 05:32 | 料理