生物学者のアメリカ暮らし。

アメリカの学校給食

前のエントリーの続きっぽいですが、アメリカの給食ってホントにひどいそうです。

最近Yahooのトップページに載ったり、朝のニュース番組に出たりして急に有名になったのがMrs. Qという学校教師のブログ、Fed Up With Lunch。ある日、子供達が食べている給食を見てそのひどさを広めようと、毎日school lunchを食べるというプロジェクトを始めたMrs. Q。毎日毎日チーズピザ、チーズバーガー、チキンナゲットで弱音を吐くポストもありました(「もう無理。これ以上食べ続けられない...」みたいなの)。

有名になる前から時々チェックしてたのですが、最近はゲストブロガーがたくさん登場していて他の国の給食事情も読めます。家計のどれくらいを子供の食べるものに投資する気があるか、国によってかなり違いそうですね。

アメリカの典型的スクールランチの写真を見てみてください。ピザ(=炭水化物)とプレッツェル(=炭水化物)って一体...。これとかほんっとにまずそう(ケチャップ=野菜?)。刑務所で出る食事と同じっていう学校も少なくないそうな。そしてもっと気になるのがゴミ。大きな工場で大量生産され一つ一つ個別にパッケージされたものが、あっためられて出されるだけ。ゴミの山です。
大統領夫人が子供の肥満化問題と食育についてとても積極的なので、だんだん注目はされてきてるのですが、根本的に「お金がかかるなら今のままでいいや」っていう人が多そうな気がするのは私だけでしょうか。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2010-04-15 06:00 | アメリカ生活 | Comments(4)
Commented by ringo-ringo2 at 2010-04-16 15:29
分かります! 学校で野菜を食べた?と聞くと、うん食べたよ、ケチャップという返答があるそうです。ありえません! 肥満化問題は深刻ですよね。対策としてファーストレディによるネットのプログラムに参加すると、ミシェルポイントが貯まるそうです。どうなんでしょう?!
Commented by Alice at 2010-04-16 18:56 x
典型的ランチの写真見ました。ユナイテッド航空エコノミー席の食事よりはるかにえぐいですね…これも学校のリッチさによって雲泥の差なんでしょうか?

他人に食生活の悪さを指摘されるとキレるアメリカ人多いです。逆ギレして、とんかつや天ぷらの不健康さについてかなり言われたことがあるけれど、天ぷらも滅多に食べないし、とんかつも年一回くらいしか食べないのに…。むしろアメリカ人向けの日本食レストランにとんかつが多いだけなのに。子供がこんなヘビーなものを毎日食べてたら、絶対痩せない体になってしまいます。そう言うと、日本人みたいに癌でじわじわ死ぬよりも、ハートアタックでどーんと逝きたい、と反論されます。ハートアタックもどーんと死ねないことがほとんどなのに…。元ルームメイトとの会話でした。

紹介されていたブログ読んでみます☆
Commented by hamakkoinmidwest at 2010-04-24 15:57
ringoさん

お返事遅れてすみません!
すごく残念なのが、大統領夫人のそのような努力もこんなに不景気じゃなかったらもっと効果がありそうってことです。
ミシェルポイントは知りませんでした。うまく行くといいんですがねぇ〜。
Commented by hamakkoinmidwest at 2010-04-24 16:04
Aliceさん

お返事が遅れました!すみません。
機内食のようなゴミが出て機内食よりまずそうですよね(苦笑
これは確か政府がお金を出す、親にはほぼタダになるプログラムなので多分学校によって違うと思います。

逆切れするアメリカ人ってやっぱり多いんですね。ハートアタックでコロッと死ねるならいいけど、その前に糖尿病になったり、肝臓とか膝がやられてきて医療費を圧迫するのに...。肥満で動けなくて車いすっていうの、ちょっと同情しかねます。
日本も最近ファストフードが幅を利かせてるみたいですが、国の肥満化に繋がらないといいですね...

私:Ph.D.をとるためアメリカに来て今はアカデミアとスタートアップの境に存在。夫:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。アシスタントプロフェッサー。
by hamakkoinmidwest
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アメリカ生活
同じ屋根の下
国際恋愛
サイエンス/キャリア
自己紹介
料理
彼の仕事関連
結婚未満
ビザ関係
国際結婚
serious stuff
ウェディング関連
アメリカで不妊治療
Outlander(Starz)
未分類

About

生命科学系PhDをとるため日本の大学卒業後アメリカに来て、当時MD/PhDコース中のPhDの方をやっていた彼と出会いました。彼のレジデンシーの間は国内で遠距離をしていましたが、フェローシップでこの都市に戻ってきたので、何年か一緒に住んでから結婚しました。体外受精の末恵まれた娘と3人暮らし。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧