生物学者のアメリカ暮らし。

孫いる組、いない組

今まで私のやりたいことをやらせてくれ放題で、結婚にもそれほどプレッシャーをかけてこなかった親ですが、最近やっぱり孫が欲しいみたいです(笑)。

「子守りしに行くから、私が元気なうちに産んでね」

とか

「お友達の間で、孫がいる組といない組でちょっと分かれてきたのよねー。急に孫一色になっちゃう人もいて、それはそれでなんかこっちが引くのよ」

とか。

既婚の友達でも子供いる組、いない組でちょっと分かれるらしいですが、孫でもそうみたいですね。

昨日は友達(院のクラスメイト)のthesis defenseが終わったパーティーに行ってきて、妊婦2人、乳児1人、幼児1人とファミリーフレンドリーなメンバーになってきたことに、私もそんな年代よね〜。としみじみ思っていたところです。

彼に母が来る気満々なことと、元気で動けるうちにって言ってることを伝えたら、ちょっといいプレッシャーだったみたいで最近ファイナンスに必死。例の家にテナントが入ったことで、急に経済的に上昇気味なのです。
私は指輪や式が後回しになっても別にかまわないのですけど。(^ ^;

私は仕事がうまく行ってないからプライベートライフに重点を置いてしまうのかなぁ。
私と同時期に卒業した友達の中でも、不況だけにいろいろ苦労してる人が多いみたいなので、私だけじゃないみたいですけどね。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2010-06-28 00:58 | 国際恋愛 | Comments(0)

私:Ph.D.をとるためアメリカに来て今はアカデミアとスタートアップの境に存在。夫:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。アシスタントプロフェッサー。
by hamakkoinmidwest
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アメリカ生活
同じ屋根の下
国際恋愛
サイエンス/キャリア
自己紹介
料理
彼の仕事関連
結婚未満
ビザ関係
国際結婚
serious stuff
ウェディング関連
アメリカで不妊治療
Outlander(Starz)
未分類

About

生命科学系PhDをとるため日本の大学卒業後アメリカに来て、当時MD/PhDコース中のPhDの方をやっていた彼と出会いました。彼のレジデンシーの間は国内で遠距離をしていましたが、フェローシップでこの都市に戻ってきたので、何年か一緒に住んでから結婚しました。体外受精の末恵まれた娘と3人暮らし。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧