私:Ph.D.をとるためアメリカに来て、今はポスドク中。 彼:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。週一でクリニックをしながらポスドク中。


by hamakkoinmidwest

移民問題


アメリカが今抱えている大問題の一つが、移民問題。

根本的な原因は、違法滞在する移民は安く雇えるので、雇用主は安い労働力(奴隷に近いんじゃ?)を使うことができ、移民は違法に滞在しても多目に見てもらえることです。
違法滞在者でも運転免許が取れる州も多いし。(は?って思うのは私だけ?)

これのさらに根底にあるのが、一般的アメリカ国民の「汚い仕事は誰かを雇えばいい」精神。悪意はなくても、ふとした日常の行為に顕著に現れます。これらが複雑に絡み合っているため、今突然違法滞在者を全員追い出すと、アメリカ経済は崩壊するでしょう。
でも、今の不景気で無職の国民が多いはず。例えば失職したアメリカ国民が、小さな農家や家族経営のお店で働くことにしたとすると、どれくらいの職が増えることになるのでしょうか。そして、それが地元活性化に役立ったら...。
こういうことを考えるのも、最近地元農家や小さなベーカリー、酪農家/チーズ屋、肉屋などが増えてきたからです。マーケットも以前より回数が増えています。これを期に、土にまみれたり、血で汚れたり、肉体労働の多い仕事でも、見返りがあって、世間にもそういう仕事が尊重されるような社会になればいいのに、と多分現実的ではないことを望んでいます。

私たち合法移民も実は問題。
高学歴な人々の間で、私たちのようなH1bビザ持ちの移民が職を奪っている、と思っているアメリカ国民も少なくありません。
正直なところ、サイエンスの世界では高学歴者の数>>職 なので、そういう風に思われても仕方ありません。この競争率が、世界一の医学、科学を生むのだろうか、という議論も出ています。
改革が必要なのは明らかですが、移民の国アメリカが合法的移民に消極的になるのは避けてほしいところです。
[PR]
by hamakkoinmidwest | 2010-07-02 03:49