私:Ph.D.をとるためアメリカに来て、今はポスドク中。 彼:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。週一でクリニックをしながらポスドク中。


by hamakkoinmidwest

Food Inc.

今更ですが、Netflixで Food Inc. を観ました(遅っ!)

内容はほとんど知っていたので、ビジュアルだけが目的でしたが、やっぱり影響力のある映画ですね。

私たちの食生活はこんなかんじなので、全オーガニック、ローカルというにはほど遠いですが、こういう映画を観るともうちょっと徹底しないとなーという気にはなります。

元々、牛の挽肉はNYTimes の記事(アンモニアで消毒されてる挽肉もあると知ったのはその時でした)を読んで以来スーパーでは買わないことにしていて、近所の小さな肉屋さんで挽いてもらうか、塊を買ってきてうちで挽くことにしていました。夏の間はファーマーズマーケットが頻繁にあるので農家から肉を買うのも簡単なのですが、冬はどうしようかと考えています。冬も続く CSA(community supported agriculture)もあるんですが、うちのは野菜&果物&卵なので秋に終わってしまいます。厳しい冬のある地域では冬でも地元でとれた物だけを食べるっていうのはほぼ不可能ですね(^ ^;

私も先日触れた移民問題、この映画でも取り上げられていました。
不潔で過酷な環境の精肉産業が違法滞在の移民を雇い、コストを下げる。違法滞在移民がひどい環境に文句を言えないことを利用して、消費者の「もっと安く」という要求を満たすためです。

この「安ければ安いほどいい」という消費者の要求が、食品産業が現在のようになってしまった要因の一つのようです。

私が憤りを感じたのは所得が少なく、父親が糖尿病、母も肥満で子供が二人の家族が、ファストフードを食べるシーン。
映画のスタッフと一緒にスーパーに買い物に行き、洋梨が高すぎるからって棚に戻すところが出てきます。果物一つに1ドル払うのを諦めて、「食事」になる1ドルバーガーを買ってしまう。時間もないし。でも、父親は糖尿病で失明するかもしれない。月々の薬代が高いので、健康的な食べ物は高くて買えない。と説明する母親。

米と乾燥豆(時間がないというのなら、缶詰でも)と、ケールやマスタードグリーンの安い葉っぱがあれば、4人分の食事は相当安く作れるのに。時間がないっていうけど、ファストフードレストランまで車で行く時間内でできてしまう料理だって沢山ある。
要するに、そうやってやりくり&スピード料理ができる人はあまりいないんですね。だから低所得層=肥満という、歴史的になかったことが起きてしまう。
そしてそういう人が多いから、食品産業はますます安くて満足感を得られる、ジャンクフードを売り続けることができるという悪循環が、さらに悪い方向へと向かってしまう...。

アメリカの食問題は、アメリカ経済、貧富の差、移民問題、健康保険問題、政治と大企業の癒着など、今アメリカが直面している諸問題が複雑に絡み合った問題なんだということを改めて確認できる映画でした。
職業柄何でも疑ってかかるので全部鵜呑みにするわけではないですが、誰でも一度は観ておくべき映画だと思います(とか偉そうに言って今まで観てなかった私)。
[PR]
by hamakkoinmidwest | 2010-07-14 06:50