私:Ph.D.をとるためアメリカに来て、今はポスドク中。 彼:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。週一でクリニックをしながらポスドク中。


by hamakkoinmidwest

アメリカンスタイル

Thanksgivingの時の会話でへぇ〜と思ったことがあります。

ゲストの中にヨーロッパ人ポスドクと最近ヨーロッパの共同研究者のラボにいたアメリカ人の友達がいたので、アメリカ人の自分の売り方についての話が出ました。

自分の研究のプレゼンテーションをする時など、興奮気味に自信満々でプレゼンをするのがよいとされているアメリカと違い、ヨーロッパではかなりトーンダウンしないといけないそうです。
そのヨーロッパ人ポスドクはUKにいた時、アメリカ人ポスドクがプレゼンをすると、終わった後皆頭を振りながら(やれやれこれだからアメリカ人は、ってかんじで)部屋を出て行くとか!
それから、そのアメリカ人の友達は共同研究者に推薦状を頼んだら、自分の推薦状はアメリカではネガティブになってしまうから書けないと言われたそうです。推薦状のトーンも、アメリカだと「良い」推薦状は恥ずかしくなるほどのベタほめなのですが、ヨーロッパではそんなベタほめ推薦状を書く人は全くいないそう。

私も謙虚な日本人のつもりですが、プレゼンのスタイルなどは多分かなりアメリカンなので、インターナショナルなシチュエーションでは注意しないといけないかも。と思いました。
[PR]
by hamakkoinmidwest | 2010-12-07 01:37 | サイエンス/キャリア