生物学者のアメリカ暮らし。

友達のbachelorette party

今月結婚式を挙げる友達のbachelorette partyに行ってきました。

彼女はブライズメイドなしなため、企画したのは彼女の義姉(たぶん)で、ダウンタウンのレストランでディナーの後、クラブに踊りに行くという予定。
しかし、既婚・子持ちの友達はほとんど来られず、やっぱりこういうイベントって20代未婚のグループの為にあるよな...と思ってしまったのでした。

レストランはオシャレで内装もいいかんじのところで、bachelorette用にメニューが彼女の名前で特別プリントアウトしてあったり、コンフェティが散らばってたり、シャンパン1本とアペタイザー一品サービス、など嬉しい演出がいっぱいでしたが、料理自体は普通でした(汗

(ダウンタウンは家賃が高いので、雰囲気はいいけど料理は普通。しかも駐車が大変。ってところが多いので、私たちは普段全く行きません。)

パーティーのメンバー中に妊娠中の子がいたのでその子が5人ほど運転してきたのですが、ダンスクラブでしばらくしたらやっぱり疲れて先に帰ることになり、他に唯一運転してきた私が残りのメンバーを家まで送ることになりました。

私は大学院時代、逆流性食道炎になりアルコールが食道に滲みてしばらく飲めなかったため、しらふでもクラブで踊れるようになったのでした(笑

しかし、さすがに30代グループ。音楽がうるさすぎて耳がやられるし、ダンスミュージックのビデオクリップに「何あれポルノ?」と反応し、酔っぱらいグループを冷めた目で見てしまい、1時過ぎにはもう疲れて帰るという結果に。

3時まで飲んで踊ってたあの頃が懐かしい(笑

パーティーのメンバーを送ったあと、2時頃帰宅したのですが、bachelor partyにかり出された私の彼はまだ帰宅してません。

後で聞いたら、彼らのパーティーは本人(groom to be)の希望にてストリップクラブへ行ったそうな。
GTBとその義弟はめっちゃ喜んでいたそうですが、付き合わされた私の彼と、付き合わされた上、お酒を飲まず、運転手をつとめた私の友達Sの彼氏は居心地悪かったそうです。
私の彼は「本人が望んでストリッパーになったんならいいけど、まだ20代前半の子とか、お金の為にやるしかなくて、それで将来が台無しになったらかわいそう」とか超現実的なことを考えて悲しくなっていたそうです(^ ^; 
おじさんが若い子の将来を心配するの図。

というわけで私の彼が自分のbachelor partyにしたいことは、釣りです。
健全!
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2011-10-10 23:51 | アメリカ生活

私:Ph.D.をとるためアメリカに来て今はアカデミアとスタートアップの境に存在。夫:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。アシスタントプロフェッサー。
by hamakkoinmidwest
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アメリカ生活
同じ屋根の下
国際恋愛
サイエンス/キャリア
自己紹介
料理
彼の仕事関連
結婚未満
ビザ関係
国際結婚
serious stuff
ウェディング関連
アメリカで不妊治療
Outlander(Starz)
未分類

About

生命科学系PhDをとるため日本の大学卒業後アメリカに来て、当時MD/PhDコース中のPhDの方をやっていた彼と出会いました。彼のレジデンシーの間は国内で遠距離をしていましたが、フェローシップでこの都市に戻ってきたので、何年か一緒に住んでから結婚しました。体外受精の末恵まれた娘と3人暮らし。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧