生物学者のアメリカ暮らし。

研究室のPI(Principal Investigator):MDとPhDについて

STAP細胞の論文騒動でちらっと見かけたのが、Vacanti(バカンティと書くのもヴァカンティと書くのも変換がめんどいのですみません)教授がMDしか持ってなくてPhDは持ってない、という話。

突っ込みどころは実はそこではありません。

日本の事はよく知らないのですが、アメリカではMD(医学博士)だけでも研究室のボスになれます。しかし、そこに至るまでが重要。
メディカルスクールを卒業してレジデンシー(科によって異なり、3~7年)が終わると、臨床だけしたい人はすぐ患者を診る事ができるのですが、さらに特別な科に行きたいとかになると(例えば、小児科→小児科の循環器科専門)、フェローシップ(2-5年;これを複数やる人もいます)をすることが必要です。
メディカルスクールの中でも2年間プラスで修士がもらえるとかいうプログラムもありますが、普通MDだけだと、そのフェローシップの時に初めて研究ができるのです。その研究も、フェローシップのリサーチメンターのラボによって質が全く違ってきます。要するに、MDフェローは研究する側からみると大学院入りたての院生のようなものなので(いや、やたらプライドとエゴがあるので院生以下)ピペットの使い方を知らない人とか普通にいるわけです。
とはいえ、そのフェローシップ中にすごいスピードで学んでしっかり研究しておけば、PhDやMD/PhDのPI達と対等なラボを確立することができます。

さて。STAP細胞に戻りますが、Vacanti教授はどこで研究を学んだんだろう?と思って掘り出してみたのがこの

2012年のインタビュー。

1978年にレジデンシーを終えたVacanti氏は、5年もプライベートプラクティス(個人病院みたいなもの、大学病院ではない)にいましたが、患者を診るだけではつまらなくなって、もう少し教育に関わってみたい、と思いメディカルスクールに戻って教える事を決意、メディカルスクールで教えているうちに研究にも興味が出てきた、ということです。
研究の恩師は?と聞かれると、Henry Mankin(MD)がちょっとだけ、主に兄であるJoseph Vacanti(小児外科のチーフ、今は幹細胞研究機関のセンター長でもあるみたいです)とBob Langer (MITの化学工学の教授)だそうです。

2003年に出たVacanti兄弟について書かれたNYTの記事によると、Bob LangerはJosephのメンターで、MartinはCharlesとJosephのラボで働く病理学者だということ。要するに家族ぐるみで実験してますね。なのでフォーマルなトレーニングはしなかったということだと思います。組織工学では大変著名な兄弟らしいので、組織工学でとどまっていたらよかったのですが、分野外の細胞とか分子生物学はちゃんとしたトレーニングを受けていないので、突っ込まれるとボロがでてしまうことになっちゃったのかな〜?と思ってます。

また、このインタビューで興味深いのがこのコメント
"One of these scientists, Piero Anversa, is probably one of the most well respected stem cell scientists focusing on cardiac stem cells."
Piero Anversa(ちなみにMD)の幹細胞に関する論文は、実験の再現性がないとして他の学者から批判されています↓

http://www.genomenewsnetwork.org/articles/2004/03/22/heart.php

http://blogs.nature.com/boston/2011/05/12/pop-lung-stem-cells-into

面白い事に、批判をしたAmy Wagers(ちなみにPhD)という当時Irving Weissmanのポスドクだった研究者も現在ハーバードでラボを持っているそうです。このPI、自分のポスドクが不正行為をしたと疑い、即ネイチャーに発表した論文とBloodの論文を取り下げました。このポスドクがしたことは調査機関の調べで不正行為、剽窃をしたことがあとで確かめられました。
PIたるもの、これくらいのインテグリティーを持ってほしいです。
個人的に同じハーバードに属するDr. Wagersが今回の件についてどう思っているのか非常に気になります。。。

結論がMDvsPhDみたいになっちゃいましたがそういう意図ではなくて、ちゃんと基礎研究ができるMDもたくさんいるんですよ〜。(前記のIrving Weissman教授もMDですが、メディカルスクール中に癌の研究をしていて、2年間のポスドクもしたとここに書いてあります)。
でも、たいてい内科じゃないと、いい研究向けフェローシップはないみたいですけどね。(こういうこと言うと外科に怒られそうだけど本当です。。。工学だと話は違ってきますが!)
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2014-03-21 09:23 | サイエンス/キャリア

私:Ph.D.をとるためアメリカに来て今はアカデミアとスタートアップの境に存在。夫:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。アシスタントプロフェッサー。
by hamakkoinmidwest
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アメリカ生活
同じ屋根の下
国際恋愛
サイエンス/キャリア
自己紹介
料理
彼の仕事関連
結婚未満
ビザ関係
国際結婚
serious stuff
ウェディング関連
アメリカで不妊治療
Outlander(Starz)
未分類

About

生命科学系PhDをとるため日本の大学卒業後アメリカに来て、当時MD/PhDコース中のPhDの方をやっていた彼と出会いました。彼のレジデンシーの間は国内で遠距離をしていましたが、フェローシップでこの都市に戻ってきたので、何年か一緒に住んでから結婚しました。体外受精の末恵まれた娘と3人暮らし。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧