私:Ph.D.をとるためアメリカに来て、今はポスドク中。 彼:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。週一でクリニックをしながらポスドク中。


by hamakkoinmidwest

アウトランダーに出て来る言葉遣い

スコットランドが舞台のアウトランダーでは、アメリカ英語を喋る人間にとってはなんじゃそらという言葉遣いが沢山出てきます。キツい訛りだと英国人からしても分かりにくいらしいですが(第6話で、英国人がドゥーガルの訛りをバカにするシーンがあったそうですね)。

良く出てくる表現を少し紹介しますと、

lass / lassie = girl, woman = 女の子/女
lad / laddie = boy, guy =男の子/男
bairn/bairnie = child, baby = 子供、小さい子、赤ちゃん
wee = little = ちっちゃい、ちょっと
*ここで本業にちょっと戻りますと、分裂酵母にWee1という名前のキナーゼがあり、WEE1遺伝子に変異があると細胞のサイズが小さくなります。エジンバラ大学(スコットランド)のポールナース教授により発見されたのでスコットランド方言からとったギャグ名なのです。昔から知っていた遺伝子/酵素名なのですが、実はスコットランド訛りにどっぷり浸るまでその命名の可愛さに気づきませんでしたw

ken = know
e.g.
I dinna ken = I don't know = 知らない。
Ye ken? = You know? = でしょ?

dinna fash yerself = don't be annoyed, don't be frustrated, don't worry = 大丈夫(意訳)

Och = Oh
aye = yes
e. g. Och, aye. = Oh, yeah.
nae = no
e.g. Nae bother = don't bother = 気にするな
Nae doot = no doubt = 間違いない
verra = very
auld = old
bonnie = pretty, beautiful = 美しい
e.g. Bonnie wee lad = pretty little boy = 可愛い男の子

クレアとジェイミーが結婚するとゲール語の愛称が増えます。それらは次回にでも。
[PR]
by hamakkoinmidwest | 2014-10-03 23:59 | Outlander(Starz)