私:Ph.D.をとるためアメリカに来て、今はポスドク中。 彼:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。週一でクリニックをしながらポスドク中。


by hamakkoinmidwest

アウトランダーオタク講座

本の方のキャラ紹介です。

クレア・ビーチャム
1918年10月20日生まれ(第1巻では27歳)
髪:茶色&手に負えない巻き毛
目の色:ウィスキー色
身長:168cm

クレア・エリザベス・ビーチャム(・ランダル/フレイザー)家族歴
父親 ヘンリー・モンゴメリー・ビーチャム 
母親 ジュリア・モリストン・ビーチャム
二人ともクレアが幼い時に交通事故で死亡、叔父さんであるクウェンティン・ランバート・ビーチャムに引き取られる。クレアがボーディングスクールに入るのを断固拒否したため、考古学者である叔父が仕方なく仕事に連れて行く。そのためクレアは世界中を旅してまわり、電気や水道がないところでも逞しく生きていけるようになった。18歳の時にフランク・ランダルと出会い、結婚。第二次世界大戦中コンバットナースになる。 フランクには、自分の使命が分かっているとは羨ましいと言われる。2度目のハネムーン中に18世紀スコットランドにタイムトリップし、ジェイミー・フレイザーと結婚することになる。
ビーチャム姓はフランス語読みするとボーションで、後で重要になりそうな予感(8巻までいって示唆はされてるけど明らかになっていない点)

ジェイミー・フレイザー
1721年5月1日生まれ(第1巻では23歳)
髪:赤毛、緩いウェーブ
目の色:深い青
身長:193cm

ジェームス(ジェイミー)・アレクサンダー・マルコム・マッケンジー・フレイザーの家族歴
父親 ブライアン・フレイザー
母親 エレン・マッケンジー・フレイザー
母親はジェイミーが8歳の時死産してそれが原因で死亡。兄ウィリアムは父を継いでlaird(地主みたいなもの。ラリブロクは小さめのエステートで、住民はlairdに税金を払い、lairdは住民を守る)になる予定だったが、11歳の時天然痘で死亡したため、その責任はジェイミーに移る。父親は18歳の時にジェイミーが死んだと思いそのショックから脳梗塞を起こし死亡。ジェイミーは英国軍からお尋ね者として賞金が積まれていたため実家に帰れず、姉ジャネット(ジェニー)フレイザーとその夫が面倒を見ていた。ジェニーはジェイミーの親友イアン・マリーと結婚、第一子をジェイミーと名付ける。
母エレンはドゥーガル、コラム、ジョカスタ・マッケンジーの妹。家族はエレンの結婚相手を決めており、ブライアンとの結婚に反対した(ブライアンは正式なレヴィットのフレイザーではなく、城のメイドとの間にできた子供)。そのためブライアンとエレンは駆け落ちし、妊娠するまで家族から隠れてから正式に結婚(家族が認めざるを得なくなったので)。このジェイミーの両親の話は、アウトランダーシリーズ最終巻が終わってから別に本が出る予定らしいです。

かなりネタバレ情報書きたくなりましたがここで止めておきます。
[PR]
by hamakkoinmidwest | 2014-10-19 02:24 | Outlander(Starz)