生物学者のアメリカ暮らし。

アメリカでの体外受精/IVFの費用

オバマケアが通った後も、雇用先からの健康保険をそのまま使う人が多いアメリカですが、不妊治療、特に体外受精は全く保険無しになる場合が多いです。うちの大学の保険は何種類かから選べるのですが、どれをとっても不妊治療は全くカバーされません。近場にある大企業の保険はかなりカバーしてくれるらしいので、その企業で働こうかな。。とも思ったくらいです、、いや結構本気で考え中です(苦笑

全く保険無しでどれくらいの金額がかかるかというと、
一回$12,000(今のレートで140万円以上)くらい
プラス、
薬代$3,000-4,000
プラス、ICSI(intracytoplasmic sperm injection;顕微受精)の場合さらに$1,400ほど追加されるので、顕微もすると合計200万円くらい簡単に吹っ飛びます。日本で体外受精が高いと思われている皆様。アメリカよりはマシ、と慰めになれば幸いです(自虐)

保険会社がIVFをカバーすることを義務づけられているラッキーな州もあります。どれくらいカバーしてくれるのかは知らないのですが、このチャートでみると分かるようにどういう人に適用されるかはまちまちです。

カバーが義務化されている州は以下の通り。
アーカンソー
コネチカット
イリノイ
マサチューセッツ
メリーランド
ニュージャージー
ロードアイランド
ハワイ(不妊歴5年以上のみ)

私たちの住んでる州はこの8州に含まれておらず、うちの大学の提供する保険は不妊治療カバーが皆無です(白目
そんな人たちのために、うちの大学のクリニックではIVFの支払いを専門とする会社のパッケージプランを通じて払うことがオプションの一つとなっています。私たちが利用するのはARCという会社で、クリニックごとにレートは違うと思うのですが、パッケージプランで3回分まとめて払い、それでも子供が出来なかった7割くらいまで返金されるというオプションもあります。ただ返金オプションが与えられるのは数ある条件をクリアした人だけで、クリアするには色々検査をしないといけなくて、検査代は多分自腹、さらに1サイクル+では料金が二倍以上になり、2サイクル+では$4,000増し、3サイクル+では$1,000増し、のというようになっています。例えば、IVF3回目で初めて妊娠出産できた場合、最初から3サイクル+を買っておけば相当出費を抑えられますが、3サイクル+を買って1回目で妊娠出産出来た場合、2回目以降不要になるのでその分損するというわけです。

私たちは相当迷った結果、まずは1サイクル+にすることにしました。最初のサイクルで色々分かると思うし、もし胚が余った場合その分の凍結胚移植も料金に込みになっているので(〜サイクル「プラス」、とはこの意味です。クリニックに直接払う場合、凍結サイクルは別料金$4,000かかります)、2回移植にトライできる可能性があるわけです。凍結する胚がない可能性ももちろんあるわけで、、まさにギャンブルです。

結局、1周期+あれば凍結胚周期のプランと薬代で約$16,000かかることになりました。家を買う為にコツコツためた貯金、、バイバーイ054.gif
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2015-04-04 10:06 | アメリカで不妊治療

私:Ph.D.をとるためアメリカに来て今はアカデミアとスタートアップの境に存在。夫:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。アシスタントプロフェッサー。
by hamakkoinmidwest
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アメリカ生活
同じ屋根の下
国際恋愛
サイエンス/キャリア
自己紹介
料理
彼の仕事関連
結婚未満
ビザ関係
国際結婚
serious stuff
ウェディング関連
アメリカで不妊治療
Outlander(Starz)
未分類

About

生命科学系PhDをとるため日本の大学卒業後アメリカに来て、当時MD/PhDコース中のPhDの方をやっていた彼と出会いました。彼のレジデンシーの間は国内で遠距離をしていましたが、フェローシップでこの都市に戻ってきたので、何年か一緒に住んでから結婚しました。体外受精の末恵まれた娘と3人暮らし。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧