生物学者のアメリカ暮らし。

アメリカでIVF:採卵の日

Follistim開始から8日目、血液検査と超音波の結果が出て、明日も来てくださいと言われ、9日目にも血液検査と超音波検査に行きました。その結果、その日は最後のFollistim + Menopur + Lupronを注射して、次の日はトリガー(hCG筋肉注射)、その次の日は注射なし、でトリガーから36時間で採卵しますというお知らせでした。当日は香りのするものはつけないように、とかコンタクトじゃなくて眼鏡とかジュエリーはウェディングリングのみとか色々と電話で長い説明を受けました。いよいよだ〜〜!と夫と二人で緊張&興奮。

Egg retrievalの一日はこんなかんじでした。時間ははっきり覚えてないので大体です。

----
7:45am クリニックに到着。

7:55am 呼ばれる。体重を測った後、夫と一緒にリカバリールームに入る。靴下以外全部脱いで患者スタイルに着替え。ヘアキャップ&ブーティー(足)も装着。ナースが一通り説明。血圧をはかったり心拍測るやつをつなげる。吐き気を抑える薬と少量の水を「ご褒美」にもらう(昨夜9時以降水飲んでないので)。

8:15am 麻酔科医が入ってくる。麻酔ラインを入れる(手の甲バシバシ叩いても良い血管が見つからなかったらしく、肘の内側の静脈から)。夫が医師と分かり薬の説明をもっと深くし出す麻酔科医。Propofol(ちなみにマイケルジャクソンの死因)他、何種類か薬を使うらしい。よくわからないのでスルー。生理食塩水ドリップ。

8:20am かかりつけのREと若いフェローが入ってくる。採卵のプロセスを説明される。左の卵巣が変な所にあるんですが採れますか?と聞くと大丈夫。ぐりぐり押してなんとかして採る、と念を押される。エストラジオールのレベルがすごく高くはないけど安心できる値でもない(トリガー前日の血液検査で>2800pg/ml)のでOHSSに気をつけるようにと言われる。

8:30am ナース再び。膀胱を空にするため生理食塩水ごとトイレに行く。出て来たらベッドはオペ室に移ってるので、部屋に戻るのはハビーとグッドラックのキスが目的と言われる。夫とキス&ハグしてからオペ室へ。

8:35am オペ室に入るとスタッフがたくさん。オリエンテーションの時の年配ナースがいて安心。あとは完全に意識不明w

30分くらいで終わると言われていて、意識が戻ったのが1時頃(らしい)。かなりグロッギーな中オレンジジュースとグラハムクラッカーをもらって食べる。
意識不明なときによくニターっとしていたらしい。なんか恥ずかしいw

最後に尿が出るのを確認、とまたトイレにいかされ、その後着替えてディスチャージ。

-----

家に帰った後もかなり眠気があり、しばらく昼寝しました。寝ぼけながら、夫がキッチンで何かしてるなーと思ったらランチを作ってくれていました。クリニックでは水分を沢山採るようにとしか言われなかったけど、不妊ブロガーの間で高タンパク質がいいと言われているのでチーズトーストとゆで卵。ありがたく食べましたよ〜

follicles(卵胞)は18個くらいだったけど、13個採れたということです。やっぱり左の卵巣がすんごい変な所にあるらしくて、いろんな位置に動かされてすごい力で押されたらしいです。意識がなくてよかった。。。

これまでの注射の針の数を数えたら35回、プラス採血5回。
皮下注射はまだマシだったけどこれからしばらくプロジェステロン筋肉注射です〜(T_T
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2015-04-29 10:32 | アメリカで不妊治療 | Comments(4)
Commented by chibi at 2015-04-30 08:24 x
13個はすごいですね。私のときは4つだけでした。一個いいのがあればいいんです、と先生に言われて、そうだなっと思ったんですが、やっぱり個数が多いといいなと思いました。あとは質がいいかどうかが大事らしいですね。私注射がつらくて、プロジェスティロンは結局注射はやめて、飲み薬と膣にいれる薬をかわりにつかい、注射のストレスを減らしました。筋肉注射の針はすごい太くて、まず無理でしたが、代わりがあってほっとしました。注射がんばってください!
Commented by hamakkoinmidwest at 2015-04-30 10:35
私の大学院の先輩は26個採れたって言ってました。しかもblastocyctまで行ったのが10個とか!
グレードの良い胚が育ちますように〜とドキドキしながら待っています。
筋肉注射痛いですよね〜!あまりに針が太いので注射する夫が、痛そう(;_;)って嫌がって成功したらサポジトリーにするんだから!と言っています。3倍くらい値段が違うような気がするんですが3ヶ月近くはきっと辛いので成功したらそっちに替えてもらうかもしれません。
Commented by kuri2mama at 2015-05-03 13:23 x
実は、私も数個の人でした。
左と右では、位置や卵子の状態に差があったり。どちらかの卵管が長すぎるとかどうとか。自分ではどうにもできないことだとは分かっていましたが、複雑な心境でしたね。
Commented by hamakkoinmidwest at 2015-05-04 00:24
でも双子ちゃんが無事生まれてよかったですね!いくつ移植なさったんですか?私の場合、クロミッド+人工授精サイクルの時3回とも左に排卵痛があった気がするので、変な方がdominantなのかもしれません。不妊にも治しようのある原因とそうでないのとありますねぇ。。

私:Ph.D.をとるためアメリカに来て今はアカデミアとスタートアップの境に存在。夫:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。アシスタントプロフェッサー。
by hamakkoinmidwest
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アメリカ生活
同じ屋根の下
国際恋愛
サイエンス/キャリア
自己紹介
料理
彼の仕事関連
結婚未満
ビザ関係
国際結婚
serious stuff
ウェディング関連
アメリカで不妊治療
Outlander(Starz)
未分類

About

生命科学系PhDをとるため日本の大学卒業後アメリカに来て、当時MD/PhDコース中のPhDの方をやっていた彼と出会いました。彼のレジデンシーの間は国内で遠距離をしていましたが、フェローシップでこの都市に戻ってきたので、何年か一緒に住んでから結婚しました。体外受精の末恵まれた娘と3人暮らし。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧