生物学者のアメリカ暮らし。

いよいよ明日。

引っ越しはとうとう明日です!

ほとんどの物は詰め終わったのですが、マットレスやテーブルの保護はどうしようとかいろいろすることがありワタワタしております。

そのわりには一息ついてブログ更新している私。

大家さんに今日カギをもらいに行ったら、近所の方々に紹介してもらいました。半分しか名前覚えられなかった...どうしよう(汗)

大家さんが「フィアンセの名前はなんだっけ?」というので、「フィアンセじゃなくてボーイフレンドです!」と言ったら大家さんのミスに皆さん受けてらっしゃいました。

インターネット状況が今のところ不確定なのですが、どうやらタダで使わせてもらえそうです。大家さん曰く、ゆくゆくはWiFiにするけど急ぐなら、長いケーブルで隣からつなぐ?と言っています(大家さんの家は隣です)どうなるんでしょう。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2008-05-24 10:30 | アメリカ生活 | Comments(2)
Commented by Alice at 2008-05-24 13:35 x
こんにちは~☆
リンクありがとうございます。

アメリカの引越し、かなり大変ですよね!同じ都市内とかだとそうでもないのかな。日本より圧倒的に安くつくことが多いけど、アメリカだと家も広いので荷物量も多いイメージが。

あと少しで彼氏さんと一緒に住めるみたいで、いいですね!とても気になるのですが、もしよろしければ、彼氏さんは何科ですか?日本ではインターンもレジデントも、絶対に全科をまわらなければいけないシステムに最近変わり、(以前はレジデントから分野を選べた)アメリカよりもジェネラリストを作りたい傾向にあるみたいです…。そのシステムになってから、体力がない人はレジデント中にやめていく、あるいはレジデントで燃え尽きて、多くがマイナー科を選ぶ、という、医師不足を加速するような事態になってしまっています(とりわけ田舎では)。加えて、私は大学を1つ出ていたので、まだまだ時間がかかる感じです(涙)。

アメリカのPhDはかなり大変と聞いています…。私も研究留学に興味があるので、そういうお話も機会があったら書いてくださいね~。お引越し頑張って。
Commented by hamakkoinmidwest at 2008-05-26 04:37
Aliceさん、コメントありがとうございます。
まだ大家さんがケーブルをつなげてなくてインターネットが使えないのでラボに来てつかってます(笑)

引っ越しすんごく大変でした〜。ってまだ掃除やunpacking等完全に終わってないのですが。落ち着いたら書きます。

私の彼はinternal medicineです。ローテーションにはMICUやらoncologyやらいろいろあるみたいです。でもこれからはallergy immunologyでフェローシップをすることになっています。
レジデンシーって大変ですよね。がんばって乗り越えてください!

大学院の話もそのうち混ぜていきます。これからもよろしくおねがいします☆

私:Ph.D.をとるためアメリカに来て今はアカデミアとスタートアップの境に存在。夫:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。アシスタントプロフェッサー。
by hamakkoinmidwest
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アメリカ生活
同じ屋根の下
国際恋愛
サイエンス/キャリア
自己紹介
料理
彼の仕事関連
結婚未満
ビザ関係
国際結婚
serious stuff
ウェディング関連
アメリカで不妊治療
Outlander(Starz)
未分類

About

生命科学系PhDをとるため日本の大学卒業後アメリカに来て、当時MD/PhDコース中のPhDの方をやっていた彼と出会いました。彼のレジデンシーの間は国内で遠距離をしていましたが、フェローシップでこの都市に戻ってきたので、何年か一緒に住んでから結婚しました。体外受精の末恵まれた娘と3人暮らし。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧