生物学者のアメリカ暮らし。

fellowship

私の彼はphysician scientistというカテゴリーに入ります。医者でもあり、研究者でもあり。biomedical researchと臨床の架け橋となる人々です。こっちの大学院には、MD/PhDコースとかMedical Scientist Training Programと呼ばれるものがあり、メディカルスクールと大学院が一挙に終了できてしまいます(長いですが)。

レジデンシーをする病院の振り分け、いわゆるMatchは有名ですが、レジデンシーが終わった後のより専門的なトレーニングである、フェローシップにもマッチがあります(医者のトレーニング期間って本当に長いですねー)。

元々は、レジデンシーをしている病院でフェローシップもする予定だったのですが、プログラムがあまり気に入らなかったので他の病院にすることにした彼。いくつかプログラムにアプライしたところ、第一志望のプログラムに入れず(っていうかアプリケーションの締め切りが過ぎていた気がするんですけど!)、第二志望のうちの大学病院に。

そうなんです。ここに戻ってくるのは、第一志望に落ちたからなんです。
第一志望だったら、さらに遠くなってしまいそれから先どうなるか不安だったのですが、ここに戻ってくるということになり、

これって運命!?

と一瞬思ってしまいました。
私のために戻ってくるわけじゃないんですけどねー。
でも、彼のフェローシップに合わせて卒業して彼のいる所で職を探す、というとてつもなく難しそうなことをしなくて済みました。

私は今まで、付き合っている人のために進路を(どこに住むかも含めて)変えない という信念を守ってきました。だからアメリカ留学もスタートしたし、大学院にも入ることができました。

私がこんなに変わってしまったのは、遠距離に疲れた(過去の2人とも遠距離でした)のか、歳をとったからなのか、それとも彼がそこまで大切なのか。多分全部混じってると思います。私って弱い人間...。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2008-06-13 06:59 | 彼の仕事関連

私:Ph.D.をとるためアメリカに来て今はアカデミアとスタートアップの境に存在。夫:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。アシスタントプロフェッサー。
by hamakkoinmidwest
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アメリカ生活
同じ屋根の下
国際恋愛
サイエンス/キャリア
自己紹介
料理
彼の仕事関連
結婚未満
ビザ関係
国際結婚
serious stuff
ウェディング関連
アメリカで不妊治療
Outlander(Starz)
未分類

About

生命科学系PhDをとるため日本の大学卒業後アメリカに来て、当時MD/PhDコース中のPhDの方をやっていた彼と出会いました。彼のレジデンシーの間は国内で遠距離をしていましたが、フェローシップでこの都市に戻ってきたので、何年か一緒に住んでから結婚しました。体外受精の末恵まれた娘と3人暮らし。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧