生物学者のアメリカ暮らし。

人それぞれ。

New York Timesに、面白い記事がありました。"When Mom and Dad Share It All"

記事はむちゃくちゃ長いので、短いビデオバージョンでちょっとは垣間見れます。

結婚するかも定かじゃないのに子育てのことを考えるのも何ですが、子育てを平等にシェアするためにキャリアの追求ではなく、敢えてパートタイム(週4日勤務や32時間勤務)を選択したっていうカップルを見てへぇ〜っと思ったので。

私のアドバイザー(associate professor)は女性です。40代半ばですが、小さい子供が2人います。
アドバイザーの旦那さんも教授で、子供の世話にはnannyとau pair(ベビーシッターをしながらホームステイする交換留学生)がいて、下の子も幼稚園に行く歳になったのですが、どう見ても旦那さんがあまり協力しているように見えません。
私のアドバイザーはどんなに忙しい時でも子供のために5時半に帰ります。週末に仕事に来ることは滅多にありません(ライフサイエンス系の助教授の多くは週末も仕事します)。

他のラボの教授(男)は、奥さんが企業で働いていて早く帰れないため、その教授が子供を迎えに行くため早く帰ります。

どこかで聞いたことがあるのは、男女関係なく、周囲の人は子供を迎えに行くため定時で帰る母親に対し「また早く帰るんだ」という反応をするのに、男性だと「良いお父さんね」と反応するという無意識なジェンダーバイアスがあるということ。

サイエンスの世界にいると、特にアメリカでは、女性のキャリアとファミリーの両立の問題をよく耳にします。私が知る限りでは、仕事か家庭のどちらかが犠牲になっているケースばかりです。
お互いにキャリアがあるカップルが家庭を築くのって、相当なコミットメントですね。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2008-06-14 10:34 | サイエンス/キャリア

私:Ph.D.をとるためアメリカに来て今はアカデミアとスタートアップの境に存在。夫:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。アシスタントプロフェッサー。
by hamakkoinmidwest
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アメリカ生活
同じ屋根の下
国際恋愛
サイエンス/キャリア
自己紹介
料理
彼の仕事関連
結婚未満
ビザ関係
国際結婚
serious stuff
ウェディング関連
アメリカで不妊治療
Outlander(Starz)
未分類

About

生命科学系PhDをとるため日本の大学卒業後アメリカに来て、当時MD/PhDコース中のPhDの方をやっていた彼と出会いました。彼のレジデンシーの間は国内で遠距離をしていましたが、フェローシップでこの都市に戻ってきたので、何年か一緒に住んでから結婚しました。体外受精の末恵まれた娘と3人暮らし。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧