生物学者のアメリカ暮らし。

Stimulus check

アメリカ政府が景気対策のため発行した stimulus packageの小切手が今日届きました。

知り合いのほとんどは税金の源泉徴収で政府から口座振り込みを選択していたので、直接口座に振り込まれたそうですが、私は税金のステータス上(書くと長くなるのですが)口座振り込みではなく、小切手が郵便で届きました。

「景気回復には絆創膏程度の効果しかない」とは言われているものの、貧乏学生には$600は大きいです(喜)

そこで今日購入したのが、


扇風機
 です。

なぜかというと、彼の最適室温と寒がりな私の最適室温が全く違うので、エアコンの節約にもなるし、ちょっといい扇風機を買おうと思い、ネットでどれがいいかリサーチしてから決めました。

彼に風を当てることによってエアコンの設定温度を上げようという作戦です。

果たしてうまく行くのでしょうか(笑)
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2008-06-18 12:35 | アメリカ生活 | Comments(4)
Commented by Alice at 2008-06-18 22:36 x
なるほど、うちもエアコンの最適室温はだいぶ違うので一緒に住めることになったら扇風機を買います!この扇風機は頭でっかちな形じゃなくていいですね。
Commented by hamakkoinmidwest at 2008-06-19 06:48
Aliceさん、

彼の車には座席のヒーターがついているんですが、冬場はすぐに助手席だけヒーターつけてくれます(笑)

このタイプの扇風機は静かだし、場所もとらなくていいですよ。
家電は日本の方が進んでるのできっといいのが見つかりますね☆
Commented by cheetto at 2008-06-19 23:20
$600は大きいですね!いいなー。引越しで旧大家さんからdepositが$400帰ってきたので、私もちょっとだけハッピーです。J1ビザ2年目なので税金とは無関係の生活してますが、来年からはアメリカの制度を勉強しなくちゃいけないのかな。うぅ、大変そう…。
Commented by hamakkoinmidwest at 2008-06-20 09:07
depositも自分で払ったものとはいえ結構うれしいですよね。私は5年間免税だったので、昨年度から税金を納め出したんですが、税金の制度ややこしいです(汗)

私:Ph.D.をとるためアメリカに来て今はアカデミアとスタートアップの境に存在。夫:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。アシスタントプロフェッサー。
by hamakkoinmidwest
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アメリカ生活
同じ屋根の下
国際恋愛
サイエンス/キャリア
自己紹介
料理
彼の仕事関連
結婚未満
ビザ関係
国際結婚
serious stuff
ウェディング関連
アメリカで不妊治療
Outlander(Starz)
未分類

About

生命科学系PhDをとるため日本の大学卒業後アメリカに来て、当時MD/PhDコース中のPhDの方をやっていた彼と出会いました。彼のレジデンシーの間は国内で遠距離をしていましたが、フェローシップでこの都市に戻ってきたので、何年か一緒に住んでから結婚しました。体外受精の末恵まれた娘と3人暮らし。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧