生物学者のアメリカ暮らし。

S. O.

独立記念日には、うちの科のアソシエートプロフェッサーが学科全員を招いてパーティーを開いたので行ってきました。結構教授陣も来ていたのには驚きました。

私の彼はPhDの研究のときうちの科にあるラボにいたので、知っている人が多く、パーティーではいろいろな人に「おかえりー」と言われていました。

アメリカではパーティーに行くとき、S.O.(significant other)といって彼氏/彼女/フィアンセ/妻/夫を連れて行くのがよく見受けられます。遠距離だった間はそういう機会はありませんでしたが、今回カップルとしてパーティーに再デビュー(笑)。

お互い知り合いが多いのでパーティーの間中ぴったりくっついているというわけでもないですが、やっぱり一緒だといいです。遠距離したからこそこういうことが余計うれしいんでしょうね。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2008-07-08 03:48 | 国際恋愛 | Comments(0)

私:Ph.D.をとるためアメリカに来て今はアカデミアとスタートアップの境に存在。夫:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。アシスタントプロフェッサー。
by hamakkoinmidwest
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アメリカ生活
同じ屋根の下
国際恋愛
サイエンス/キャリア
自己紹介
料理
彼の仕事関連
結婚未満
ビザ関係
国際結婚
serious stuff
ウェディング関連
アメリカで不妊治療
Outlander(Starz)
未分類

About

生命科学系PhDをとるため日本の大学卒業後アメリカに来て、当時MD/PhDコース中のPhDの方をやっていた彼と出会いました。彼のレジデンシーの間は国内で遠距離をしていましたが、フェローシップでこの都市に戻ってきたので、何年か一緒に住んでから結婚しました。体外受精の末恵まれた娘と3人暮らし。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧