生物学者のアメリカ暮らし。

滞ってます

最近どうやってthesisをまとめるか、悩んでいます。なかなか前に進んでない気がしてちょっと焦ってきました。

論文は今のところ2つパブリッシュしたので、一つずつがチャプターになるとして、あとの諸々をどうにかまとめなくてはなりません。

ありがちなことにプロポーザル通りに事が進まなかったのですが、それでも無理矢理論文を出さなくてはなりません。この場合狙うジャーナルが低くなってしまうのですが、合計4本出せば多分許してもらえます(笑)。

ジャーナルにはもちろんランキングがあり、"Science", "Nature", "Cell" レベルがトップ。うちのプログラムからはこの辺を狙う人も少なくないです。

私は研究対象があまりhotでないので心配ないのですが、人によっては「スクープ」されてしまう人もいて、そうなったら本当に最悪です。スクープとは、同じ研究が違うグループにすっぱ抜かれてしまうこと。トップランクのジャーナルを狙うには何年も練り上げたデータが必要なので、論文を出すにも時間がかかります。その裏がスクープの恐怖です。分野的に危ないのは当たり前ですが癌やHIV。競争率が高ければ高いほど危険なのです。スクープの心配しなくていいのはありがたいですが、自分の研究が全く社会に貢献しないのが分かっているので、「一人前の科学者になるトレーニングである」と割り切っています。

卒業したら実際に役に立つ研究をするというのが今の所の目標です。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2008-07-27 08:02 | サイエンス/キャリア

私:Ph.D.をとるためアメリカに来て今はアカデミアとスタートアップの境に存在。夫:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。アシスタントプロフェッサー。
by hamakkoinmidwest
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アメリカ生活
同じ屋根の下
国際恋愛
サイエンス/キャリア
自己紹介
料理
彼の仕事関連
結婚未満
ビザ関係
国際結婚
serious stuff
ウェディング関連
アメリカで不妊治療
Outlander(Starz)
未分類

About

生命科学系PhDをとるため日本の大学卒業後アメリカに来て、当時MD/PhDコース中のPhDの方をやっていた彼と出会いました。彼のレジデンシーの間は国内で遠距離をしていましたが、フェローシップでこの都市に戻ってきたので、何年か一緒に住んでから結婚しました。体外受精の末恵まれた娘と3人暮らし。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧