生物学者のアメリカ暮らし。

出かけること

私は自分ではそれほどanti social だとは思っていないのですが、遠距離中それまで以上にお金を節約していた事もあり、あまり飲みに出かけていませんでした。

先週末出かけたのが今月で二回目だったのでちょっと参りました。バーが閉まる1時半頃に終了ならいいのですが、その後クラブに行き、クラブが閉まる3時くらいまで帰りません。普段早起き人間の私には3時は朝です。クラブの後にダイナー(アメリカンスタイルの「食堂」のようなもの)に朝ご飯を食べにいく時もあり、帰宅が5時くらいになることも。たまにならいいんですよ、たまになら。せめて月1?

私は踊るのが好きなのでクラブに行っても楽しめることは楽しめるのですが、男性陣はあまり踊らないし、そんなに遅く(というか朝早く)まで起きている必要性があまり感じられません。こういうこと言うとまた遊ばないとか言われるんですが、いい歳してバー→クラブ→ダイナーはどうかと。次の日が丸つぶれになるのも週末も何かしら仕事がある院生としては困ります。彼が去年まで飲みに行けなかった反動で出かけてるだけで、これからちょっとは頻度が減ることを願っています(汗)。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2008-07-29 06:58 | 国際恋愛 | Comments(2)
Commented by cheetto at 2008-07-29 12:55
ayaさん、若い…。 
徹夜で遊んだのは何年前だろう。。。(遠い目)
彼もきっとローテの関係で遊べるうちに遊んでおこうとたくらんでおられるのでは??お付き合い、がんばって下さいね~(笑)。
Commented by hamakkoinmidwest at 2008-07-30 12:06
一緒に遊ぶ人も同い年か上なので歳が言い訳にならないんですよね...。
彼も研究が始まればもうちょっと忙しくなるので落ち着くと思います(笑)
さすがに大学生とかとは違って朝まで起きていると後でしわ寄せが来ます(^ ^;

私:Ph.D.をとるためアメリカに来て今はアカデミアとスタートアップの境に存在。夫:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。アシスタントプロフェッサー。
by hamakkoinmidwest
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アメリカ生活
同じ屋根の下
国際恋愛
サイエンス/キャリア
自己紹介
料理
彼の仕事関連
結婚未満
ビザ関係
国際結婚
serious stuff
ウェディング関連
アメリカで不妊治療
Outlander(Starz)
未分類

About

生命科学系PhDをとるため日本の大学卒業後アメリカに来て、当時MD/PhDコース中のPhDの方をやっていた彼と出会いました。彼のレジデンシーの間は国内で遠距離をしていましたが、フェローシップでこの都市に戻ってきたので、何年か一緒に住んでから結婚しました。体外受精の末恵まれた娘と3人暮らし。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧