生物学者のアメリカ暮らし。

アメリカと歯

日本のスキンケアとアメリカのデンタルケアって、似たようなところがあると思います。日本だと、スキンケアは欠かさず、せっせと美白 ですが、アメリカ人はフロス、電動歯ブラシ、マウスウォッシュを欠かさず使用、歯が着色する飲み物を避けたり、歯のホワイトニングもとても気を使っています。

アメリカでは歯がまっすぐで白くないとかなりのコンプレックスを持つことに。
なんとなく、ですが、矯正が出来ない=貧乏な育ち っていう社会的レッテルが貼られるのですよ。実は。

今の日本の矯正事情については詳しくないのですが、私が子供の頃は矯正している子はそんなに多くなくて、自分でも特に歯並びが悪い方だとは思っていませんでした。ところが、アメリカに住んでしばらく経ってからは自分の歯が気になってしょうがなくなってきました。tax treatyの恩恵で貯金が貯まった2年前、思い切って矯正を始めました。色々な事情で正規の矯正歯科医ではなく、「矯正もやっている」審美歯科に行くことになったのですが、個人的にはちゃんとした矯正歯科をお薦めします(汗)。

矯正自体は1年半で終わり、今は食べる時以外はリテイナーを着けています。彼も私が矯正を始めたときはしなくてもいいのに、と言っていましたが、終了した今ではやってよかったね、と言っています。
矯正中に一緒に旅行した時なんて、「未成年を連れてると思われて逮捕される」とか言っていたのですが(笑)
矯正期間が遠距離と重なっていたので、毎日見なくてよかったのはよかったのかもしれません(汗)

お茶を水代わりに飲まなくなってから歯が少しは白くなってきたと思うのですが、リテイナーがホワイトニングトレイに使えるよ!とアシスタントさんから言われたので、やってみようと思ってジェルを探しているのですが、ストリップトレイも込みになっているシステムばかりでジェル単独がまだ見つかりません。
近いうちにドラッグストアに行って探してみます。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2008-08-07 04:00 | アメリカ生活

私:Ph.D.をとるためアメリカに来て今はアカデミアとスタートアップの境に存在。夫:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。アシスタントプロフェッサー。
by hamakkoinmidwest
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アメリカ生活
同じ屋根の下
国際恋愛
サイエンス/キャリア
自己紹介
料理
彼の仕事関連
結婚未満
ビザ関係
国際結婚
serious stuff
ウェディング関連
アメリカで不妊治療
Outlander(Starz)
未分類

About

生命科学系PhDをとるため日本の大学卒業後アメリカに来て、当時MD/PhDコース中のPhDの方をやっていた彼と出会いました。彼のレジデンシーの間は国内で遠距離をしていましたが、フェローシップでこの都市に戻ってきたので、何年か一緒に住んでから結婚しました。体外受精の末恵まれた娘と3人暮らし。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧