生物学者のアメリカ暮らし。

labor day weekend..

遠距離恋愛の一番のメリットは、自分のペースで仕事ができることだと思います(彼氏/彼女がいない場合でも一緒ですが)。

研究系の院では、最初の勉強/テスト漬けの2年間が終わると研究のみになり、何時間働こうと自由です。(もちろん怠ける学生もいますが、卒業できなくて困るのは自分なので)

遠距離中は週末もラボで過ごすことがほとんどでしたが、彼が帰ってきてからはやはり週末に一緒に何かすることがあるので、週末働く時間を削っています。これで焦りを感じるのが院生の悲しい性(涙)。

先日、彼にlabor dayは何をしたいかと聞かれ、月曜日が休日なことに初めて気がつきました。院生にとっては休日はあまり関係ないのです(キャンパス内にタダで駐車できる、というくらい)。

本当は一日かかる実験を入れる予定だったのですが、一日ずらすことにしました。学会の直前なのでいろいろ終わらすことがあるのですが、こうなったら仕事の効率をよくするしかありません。

そういえば妻子持ちの元ラボメンバーは8時から5−6時、たまに週末もあり、でしたが効率よく仕事をこなしてました。家族がいるとラボに入り浸りというのはよくないですよね。アジア人男性研究者は妻子持ちでもラボに入り浸りな人が多いですが、アメリカ人でそういう人はあまりいないと思います。
まぁ、両方研究者で両方ともラボに入り浸りなカップルもいますが、子供がいるとそうもいかないでしょうね。

将来のことも考えて、効率アップを計りたいと思います。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2008-08-28 06:40 | サイエンス/キャリア | Comments(2)
Commented by forestlily at 2008-08-31 12:12
こんにちわ。3連休ですね♪うれしいー。遠距離のときは一緒にホリデーをすごすことも難しかったでしょうから、ステキな週末になるといいですね!研究と私生活の時間のバランスをはかるのも、きっと時間とともに慣れや効率もあがってくると思います。楽しい週末をお過ごしください♪
Commented by hamakkoinmidwest at 2008-08-31 23:22
forestlilyさん、

ありがとうございます!
昨日既に大勢で公園でバーベキューをして楽しみました。
彼が研究を始めると時間のバランスがまた違ってくるんですけどねぇ。
forestlilyさんも、よい3連休を☆

私:Ph.D.をとるためアメリカに来て今はアカデミアとスタートアップの境に存在。夫:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。アシスタントプロフェッサー。
by hamakkoinmidwest
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アメリカ生活
同じ屋根の下
国際恋愛
サイエンス/キャリア
自己紹介
料理
彼の仕事関連
結婚未満
ビザ関係
国際結婚
serious stuff
ウェディング関連
アメリカで不妊治療
Outlander(Starz)
未分類

About

生命科学系PhDをとるため日本の大学卒業後アメリカに来て、当時MD/PhDコース中のPhDの方をやっていた彼と出会いました。彼のレジデンシーの間は国内で遠距離をしていましたが、フェローシップでこの都市に戻ってきたので、何年か一緒に住んでから結婚しました。体外受精の末恵まれた娘と3人暮らし。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧