生物学者のアメリカ暮らし。

大統領選まであと1週間

大統領選もようやく来週です。気が散るので早く終わってほしいです...(涙)

うちの学科のラボには実験用のガラス器具を洗う人たちが雇われていて、全員アフリカンアメリカンです。と実際に書くのも悲しいですが、現実です。

私は早くラボ入りするのでうちのラボ担当の人Sとよく時間がかぶるため、いろいろ雑談をする仲です。彼女はまだ決めてないそうなので、どうしてかと聞くと、

「オバマは好きだけど、キリスト教徒としてプロチョイスがひっかかる。」

えぇぇ!!!!そこかい!!

国が滅亡しかけているというのに(ちょっと大げさ)中絶問題が出てくるところが、アメリカです。

極端から中間あたりの意見までいろいろですが、大雑把に言うと

プロ・ライフ=中絶には絶対反対、
プロ・チョイス=女性の選択にまかせる

というわけで、キリスト教色の強いアメリカでは特に大問題。民主党は基本的にプロチョイス、共和党は基本的にプロライフです。特に副大統領候補のペイリンは一番したの子供(まだ乳児)がダウン症と知っていながら出産したことで有名なプロライフ。しかし「レイプや近親相姦の場合でも中絶には反対」という超プロライフ。
マケインもディベート中に「女性の健康」を理由にすることをバカにしました。

日本では少々軽く扱われているような気がします。それもいけないとは思いますが、こういう極端な人々が権力を握ると母体が危険にさらされるのに中絶が出来なくなることも。恐ろしいです。

まだ決められないというSは、「日曜日に決める」と言っていましたが、日曜ということは教会に行って、牧師の言うことで決めるんでしょうね。

と、朝から機嫌が悪くなった一日でした。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2008-10-29 07:43 | アメリカ生活 | Comments(4)
Commented by cheetto at 2008-10-29 16:19
大統領を選ぶのに、「信心深いかどうか」で決めるなんてナンセンスですよね。でも、教会に行く回数を重視する投票者は多いそうですよね。いったい、道徳、モラルで政治が仕切れると思っているのでしょうか…。中絶問題や同性結婚なんかの議論に国民の注目をそらして、正義やらテロ撲滅の大義名分を唱えながら戦争の陰で何をしているのか…。巷ではまたブッシュ当選の時のようなトリックが使われて、マケイン当選の噂もあるそうですね。すっごく不愉快です(怒)!それにしても中絶にしろイラクにしろ、二分極化しすぎてますよね。合衆国といいながら、これだけ支持者の意見が分かれてしまうとこの先、一国として成り立っていけるのか、心配です。あ、少々興奮して書いてしまいました。すみません。
Commented by Alice at 2008-10-29 17:57 x
難しい問題ですよね…。日本では中絶なんて誰の議論にもならないくらいなところに私は普段腹が立っていますが…。宗教のない日本人にはわかりにくいことです。でも確かにもっと大きな問題がたくさんあるのに中絶だの宗教だのにこだわるのはナンセンス。アメリカは曲がりなりにも直接投票だから政治の素人にもわかりやすいpopularityが必要だし、難しいですよね。

それにしても4年間大統領を変えられないって融通の利かないシステムだと思います。しかもだいたい2期目も続投するし。日本は頻繁に変わりすぎですが。

ダウン症とわかっていて産んだんですか。そんなにプロライフなら最初から流産の危険がある羊水検査をするべきじゃないです。っていうかそれがどれだけ自分の主張と矛盾するかわかっていないなんて。この前Palinの驚くほど頭の悪いインタビューを見ました…。大丈夫なんでしょうか…。
Commented by hamakkoinmidwest at 2008-10-29 22:44
cheetoさん

戦争自体全くプロライフじゃないので矛盾し過ぎですよね(怒)。
無知だけどきちんと教会に行く大統領を二回も選んでしまった結果国がこんなにめちゃくちゃになっているのに、まだ学ばないのだとしたら救いようがないです。
オバマが当選したら銃が使いにくくなると思って共和党を選ぶ人もいるそうで。私には完全に理解不能です。
Commented by hamakkoinmidwest at 2008-10-29 22:56
Aliceさん

私も高校の時かなんかに、意外と軽々しく扱っている人がいたのにびっくりした覚えがあります。これも外国から見たら異常かもしれないですね。

Wはアメリカ史上最悪の大統領ではないでしょうか。個人的にはimpeachmentに値するのではと思います。

ペイリンは無知すぎます。Wそのままってかんじです。
大体地球温暖化が人間の活動が原因だと思ってないですからね。ディベートのときバイデンに「原因もわかってない人がどうやって解決するんだ」ってつっこまれてましたけど(笑)
ペイリンのインタビューの大失敗には「メディアはリベラルで意地悪だ」と言ってますけど。全国民が見るべきだと思いますが、それですら彼女の無知さが分からない人もいるんでしょうねぇ...。国民投票の危険なところです。

私:Ph.D.をとるためアメリカに来て今はアカデミアとスタートアップの境に存在。夫:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。アシスタントプロフェッサー。
by hamakkoinmidwest
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アメリカ生活
同じ屋根の下
国際恋愛
サイエンス/キャリア
自己紹介
料理
彼の仕事関連
結婚未満
ビザ関係
国際結婚
serious stuff
ウェディング関連
アメリカで不妊治療
Outlander(Starz)
未分類

About

生命科学系PhDをとるため日本の大学卒業後アメリカに来て、当時MD/PhDコース中のPhDの方をやっていた彼と出会いました。彼のレジデンシーの間は国内で遠距離をしていましたが、フェローシップでこの都市に戻ってきたので、何年か一緒に住んでから結婚しました。体外受精の末恵まれた娘と3人暮らし。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧