生物学者のアメリカ暮らし。

Thanksgiving dinner


昨日は、友達の彼氏のところで、計7名にて持ち寄りディナーでした。

ディナーの内容はこんなです
(カナダ人2人、日本人1人、アメリカ人4人で構成されています)

友達 スイートポテトキャセロール(マシュマロがどっとかかっていて激甘アメリカ版)、パンプキンパイ・ケーキ(パンプキンパイフィリング(缶詰)+イエローケーキミックス(粉)+溶かしバター)

友達の彼氏(ホスト) アルコール類、手作りクランベリーソース

友達のルームメイト brined Turkey(七面鳥を丸ごと濃い塩水+スパイスに12時間ほど浸けてからローストしたもの。塩が細胞内のタンパク質など大きな分子を分解するので、それにより水分が組織内に入り込み、ジューシーに仕上がる)

友達の彼氏の友達1 グレイビー、スイートポテトのサイドディッシュあっさり系

友達の彼氏の友達2 ワイン、食後のエスプレッソ/カプチーノ

私の彼 マッシュポテト、グリーンビーンキャセロール

私 カボチャ(日本のじゃなく)のポタージュ セージクルトン添え、アップルパイ

でした。
どれもこれもおいしくて、満腹&満足♪楽しいひとときを過ごせました。
Thanksgivingはアメリカのホリディの中でも宗教色がないので、より楽しめる気がします。

問題のパイは、生地を多めに作ったらやっぱり重めになったので今度からは普通の量にしようと思いますが、彼も含めみんな美味しい!と言ってくれました(彼のお母さんのより美味しいかとは聞きませんよ(笑))

実はこのディナーの前に、何を持ち寄るか決めるためみんなでメールのやり取りをしていたのですが、それがまた面白かったんです。
スイートポテトのキャセロールはアメリカではトラディショナルなThanksgivingのメニューなのですが、私は甘すぎて苦手。
カナダ人の料理好きの男性が違うバージョンを作ると言ったので大変。アメリカ勢が、「これは必須だから、スイートポテトが2種類になってもいい」ということになりました(笑)
それからbrined turkeyの、ローストするときに落ちる肉汁からグレイビーがつくれるかどうかがすごいディスカッションに。ターキー担当の子が「塩っぱくなりすぎる」と言い張るので、当日結局料理好きのカナダ人がターキーの肉汁から作ることに成功。確かに普通よりは塩が強かったですが、美味しかったです。

たくさん食べるものがあったのでうちには大量のマッシュポテトが余っていて、お昼にはポテトパンケーキにして食べました。
次は何にしよう...。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2008-11-29 05:37 | アメリカ生活

私:Ph.D.をとるためアメリカに来て今はアカデミアとスタートアップの境に存在。夫:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。アシスタントプロフェッサー。
by hamakkoinmidwest
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アメリカ生活
同じ屋根の下
国際恋愛
サイエンス/キャリア
自己紹介
料理
彼の仕事関連
結婚未満
ビザ関係
国際結婚
serious stuff
ウェディング関連
アメリカで不妊治療
Outlander(Starz)
未分類

About

生命科学系PhDをとるため日本の大学卒業後アメリカに来て、当時MD/PhDコース中のPhDの方をやっていた彼と出会いました。彼のレジデンシーの間は国内で遠距離をしていましたが、フェローシップでこの都市に戻ってきたので、何年か一緒に住んでから結婚しました。体外受精の末恵まれた娘と3人暮らし。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧