生物学者のアメリカ暮らし。

カテゴリ:アメリカ生活( 94 )




2009年にアメリカで流行った食べ物&2010年のごく個人的予想

日本ほど食べ物の流行は激しくありませんが、アメリカでも食べ物の流行はあります。特に料理好き/食べること好きな人々の間では色々流行ります。(こういう人たちを指すのにFoodieという言葉がよく使われますが、この言葉を毛嫌いする人もいます(私は特に気にしませんが))

2009年に流行ったもの

#ベーコン
飴がけベーコンは数年前から流行っていたのですが、昨年になってベーコンカップケーキ、ベーコンチョコレートチップクッキー、ベーコン風味ウォッカ...ともう手のつけようがなくなってきたのが去年です。かく言う私も彼が無類のベーコン狂なのでベーコン・ピーナツバークを作りました。実は結構いけます(笑

#カップケーキ
ニューヨークのマグノリアで有名ですが、これはだんだん下火になってきてるかも。でもカップケーキ専門店がどこにでも出てきて、私の住むところにすらあるのです。色々なフレーバーとアイシングのコンビネーションが選べるところが魅力なのでしょうか。あと、子供時代の誕生日はカップケーキが多い(切り分けなくてもよく、手で食べられるのが幼児向き)ので、ノスタルジックなのも人気が出た原因でしょう。

#Fleur de selチョコレート、キャラメル
チョコレートとキャラメルのレシピには必ずFleur de selが仕上げにのっているというくらい流行りました。甘いものには少しの塩気がアクセントになっていいのですねー。

#ミクソロジスト
食べ物じゃないのですが、こだわりのあるカクテルの作れるバーテンダーがいつの間にかミクソロジストと呼ばれるようになっていました。学者っぽい響きです。今までに聞いたカクテルの中で一番衝撃的だったのがBLT(ベーコン・レタス・トマト)カクテルです。どう作るのか忘れましたが、ベーコンウォッカは間違いなく入ってました。

#和食
寿司ブームはもう古い話ですが、普通に日本語で通じるようになってきたのがパン粉、そば、インスタントじゃないラーメン(ニューヨークのMomofukuのおかげかと思われます。去年クックブックが出たのも一因かも)、えだまめ、昆布、「旨味」など。
もうちょっとがんばってほしいけど、次は韓国がきそうな予感です。

#トラックフード(屋台)
私は大都市にいないので残念ながら試す機会がまだないのですが、ニューヨークやLAでは大流行りのトラックフード。昔ながらのホットドッグだけでなく、色々なエスニックやオリジナル料理を専門にするトラックが増えてきました。特にLAのKogi tacos (焼き肉&タコスのフュージョン)が話題に。Twitterのおかげでいつどこに出没するかが分かりやすいそうです。

#モレキュラーガストロノミー
有名シェフが液体窒素を使ったり、グアーガムなどの安定剤を入れたり、Sous-vide(真空調理法)を取り入れるなどして「新しい」料理を作り出しました。個人的には、サイエンスが仕事なので恒温液槽とかが調理に使われているとあまり食欲でません(笑
シカゴのAlineaというレストランのシェフ、Grant Achatzなどが有名。最近では家庭用のSous-videマシーンなんかも出回ってます。


2010年に流行りそうなもの

#韓国料理。
焼き肉だけでなく、家庭料理的なものも流行りそうです。個人的にはもっと和食ブームになってほしい気も(材料が手に入りやすくなるとうれしいので)。

#鰯
毛嫌いする人が多い食材ですが、環境に優しい、水銀の心配もないということでニューヨークタイムス紙のMinimalistことMark Bittmanもよく使うし。最近Food NetworkのAlton Brownがアボカド+オイルサーディンサンドイッチでダイエットに成功したこともあり、少しは好かれる食材になるかも...?流行るまでにはいかないかな。

#アジアンスイーツ
日本のお菓子類の噂は密かに広まっています。キットカットにそんな種類があるの〜!みたいな。でも会社の取り決めでアメリカ国内では堂々と売れないんだそうな。

#Twitterを使うレストランとシェフが増える
既にお気に入りレストランとシェフ、フォローしてます。「今日はこんな食材が手に入ったよ!」とか「今日のスペシャルは○○!」というのがリアルタイムで分かるので便利。

#ホームガーデンがもっと流行る
景気はまだよくないですしねー。

というわけで、予想というか私の個人的希望というか...(汗

ちなみに、Epicuriousの予想はこんな感じです。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2010-01-14 13:16 | アメリカ生活 | Comments(4)

冬の肌荒れ

全国的に(東半分?)大寒波がやってきています。寒い!
去年もそうだったのですが、冬になって空気が乾燥してきてから肌が荒れやすくなってしまいました。
一時期、アトピーみたいにまぶたまで赤くなってしまったことも。
それはeczemaだよ!と言われてしまいました。

使っている基礎化粧品のうちの何かにアレルギー反応しているのかもしれないし、原因がよくわからなかったのですが、彼に「洗顔しすぎなんじゃない」と言われ、朝晩洗顔するのはがまんして一日1回にしたら相当良くなってきました。もう年齢的に皮脂が足りないんでしょうかね(涙

敏感肌になってしまったので色々滲みたり痒くなるため、今お世話になっているのは Cetaphil というクリーム。すごくマイルドなクリーム洗顔も出ていて、これも使えます(メイクは落ちませんが)。

ここ数日は寒さが尋常じゃないので、肌も相当ダメージ受けてそうな気がします(涙
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2010-01-08 06:42 | アメリカ生活 | Comments(0)

パスポート写真を激安で作る方法

注)激安というのはフォトショップのようなソフトウェアを既に持っていることが前提です(^^;

こういう手があったのに今まで気づきませんでした。これからはこうしようと思います。。

1)白い壁を背景にして誰かに写真を撮ってもらう。
2)フォトショップで肩が入るくらいに余裕をもって顔の周りを正方形にクロップして、イメージサイズのところで2x2インチ、530ピクセルに設定する。顔のサイズが1インチ以上、1インチ3/8以内であることを確認。
3)新しいフォトショップファイルを4x6インチの写真用につくる。顔写真をコピー&ペースト(2つ入る)。レイヤーを全てマージする。
4)近所のドラッグストアのウェブサイトにアップロードして、プリントしてもらう。(1枚19¢)

これなら日本用のもできたのにー。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2009-12-04 07:12 | アメリカ生活 | Comments(0)

Thanksgiving

今年は去年一緒にディナーを作った友達が地元にいない予定だったので、Thanksgivingどうしようかねーと迷っていましたが結局近所の友達のパーティーに誘われたので行ってきました。
大勢集まるパーティーだったのでサイドディッシュを2品作っただけで済んで楽でした(笑

パーティーをホストした友達に「何も持ってこなくてもいいよ」と言われたのですが、「Thanksgivingに料理しないっていうのは無理!何か考えとく」と言ったら、「うん、ayaに料理するなっていうのは息をするなって言うみたいなもんだと思った。でも義務じゃないよって言いたかっただけ」と言われました。
彼女、分かってらっしゃる。

集まったメンバーはほぼ大学院生かポスドク(かそのsignificant others)だったのですが、結構普段料理する人が多くて、持ち寄られた料理は美味しいのが多かったです。ラッキー♪
アメリカ人のポットラックパーティーっていつもそうはいかないものなんですけどね。

家に帰ってから、Thanksgivingにちなんで、彼が感謝していることを発表しました。

彼がありがたいと思っていること
1)私
2)仕事があること
なんてー。言ってくれるじゃないですか(照

「いつもayaがいる家に帰るのが幸せだ」などと言ってくれているのですが、じゃあ結婚してよって思います(爆
なんか一緒に住んでいるともう結婚しているのとあまり変わらないような気がしてきました。

あと今年は、初めてクリスマスに彼の実家に行きます。彼の家族には既に会っているのですが、クリスマスに行くのは初めてなので、ちょっとわくわくするような緊張するような。
今からクリスマスプレゼントのアイディアを練っているところです。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2009-11-29 12:29 | アメリカ生活 | Comments(0)

パスポート更新 (シカゴ総領事館)

もう11月ですね。日曜日にdaylight saving time(サマータイム)が元に戻ったので、1時間得しました。朝が明るい!でも早く暗くなるので、夕方でも夜遅い気がしてしまいます。

私は今学生ビザの延長であるOPT期間で働いているのですが、就労ビザに切り替えるため手続きを始めようとしたら、パスポートの期限が足りないので即更新することになりました。
めんどくさいのは、大都市じゃないので最寄りの大使館のあるシカゴまで行かなければならず(遠隔地居住者による郵送申請)、平日しか開いていないので週末トリップというわけにもいかず、平日に日帰りしてきました。受け取り自体はすぐ済みましたが、次はちゃんと前から計画して総領事館出張の日に合わせて更新しようと思います。

手順としてはまず大使館に郵便で書類の請求をし、大使館から書類が返って来たら必要書類を揃えて郵送して、着いたかどうか電話で確認、それから新しいパスポートを直に取りに行く、でした。
パスポート写真って、こちらではドラッグストアやFedEx/Kinko'sでできるのですが、FedExに行って日本のパスポート用(サイズ指定がうるさい)と伝えるとできないと言われたので、カメラ屋さんに行ったら数カ国(イタリア、フランスとかだったかな?)はリストにあったけど日本のはできないと言われ、そのカメラ屋さんに聞いたパスポート写真と壁掛け時計専門の小さなお店に結局たどり着き、ちゃんとしたサイズで撮ってもらいました。
最近更新した友達はアメリカのパスポート用でもギリギリサイズが合ったからそれで大丈夫だったそうですが。

このパスポート更新直前にAliceさんのブログを読んでしまったのですんなり10年ものにする気がせず、悪あがきで5年ものにしてみました(爆
本当です。
彼に言ったら変な人扱いされましたが、じゃあ5年のにすればと言われたので、5年以内には結婚してくれるかもしれません(笑
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2009-11-03 00:32 | アメリカ生活 | Comments(0)

H1N1ワクチン

いよいよ同じ建物にもH1N1インフルエンザの感染者が出ました。
これから空気が乾燥してくるとさらに増えるでしょうねぇ。元いたメディカルキャンパスは病院と繋がっていたのでそれも嫌だったのですが、大流行しだすとすごそうな、学部生のたくさんいるメインキャンパスも嫌です(笑

どうやらどこでもH1N1のワクチンが不足しているようですね。
普通のインフルエンザワクチンは先日受けてきましたが、私の彼の病院でも医療関係者の新型ワクチンはかなり遅れているようです。CDCのインフルエンザ研究チームにいる知り合いも、今日やっと受けたって言ってました。

ワクチンというといつもイライラするのが、世間で言われる小児ワクチンと自閉症の関係について。
ワクチンに含まれる微量な水銀が自閉症を引き起こしているんではないかという疑いがどこからか出始め、誰だか忘れましたが有名人が大々的にテレビ番組で話したとかで、アメリカでこれを信じている人は非常に多いです。

科学的・医学的根拠はありません。ほぼ間違いなく無関係だけれども、関係が絶対にないとは言い切れない(これがサイエンスの痛いところです。科学者は断言しません(笑 )というのが現状。

確かに水銀と聞くと怖いですよね。特に妊婦はインフルエンザワクチンを受けた方がいいけれど、なるべく変な物は体内に入れたくないという気持ちはよくわかります。

有機水銀といっても、メチル水銀とエチル水銀ではかなりの差があります。
メチル水銀は自然に発生するもので、特に海で生物濃縮されるため食物連鎖の上の方の生物に多く含まれ、体内に残る期間も一ヶ月以上と長く神経系への影響があります。水俣病で有名ですよね。
エチル水銀は体内に残る時間が1週間ほど。神経毒性はあまりよくわかってないようです。まぁ水銀ですから毒性はあるでしょう(^ ^;

ワクチンに入っていることもある保存料はThimerosalといって、エチル水銀塩です。他の塩なども含まれるため、割合としては50%が水銀ですが、そう考えると0.5ml のワクチンにチメロサルが0.025mg含まれているうち、ほぼ0.0125mgが水銀ということになります。

たとえばマグロには種類によりますが1グラムにつき0.00084-0.00145mgほどのメチル水銀が含まれているので、マグロを10グラムほど食べるだけでほぼ同量の水銀量に達します。

と、ふと思いついた何の科学的根拠もないことが...

Sushiブームと自閉症の関係!

結構タイミング的にいっていけるんじゃないでしょうか?アメリカ人のSushi大好きな人の食べ方って、偏っていて頻繁&大量だし。妊娠してからは避けるとしても、メチル水銀は1ヶ月以上体内に残るし。
じゃぁ日本人はどうなるのかというと、主に大型の魚しか食べないアメリカ人に比べて食物連鎖の下の方の魚や貝類などいろいろな魚介類を食べるから大丈夫だったりして?

なんて。
ちょっとcrazyなアイディアでしたね。失礼しました。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2009-10-21 06:34 | アメリカ生活 | Comments(2)

続・アメリカで使っている基礎化粧品

以前、スキンケアを安く済ませていると書きましたが...
お肌の老化により、今まで使っていたスキンケア用品では全く肌が潤わなくなってきました(涙 

なんとかしなくてはと思い、試してみたのがDHCOriginsです。

DHCは日本にいたとき使っていたのでなじみがあるのですが、$100以上買わないと送料がタダにならないのがちょっと痛い(Originsは$75以上)。
友達といっしょにオーダーするというのも手ですね。
しかし日本産のものをはるばる送って来ているわけで、その分プレミアムを払っているような気がします。

Originsのローションは店頭で買って気に入ったので、今回少なくなったので買い足そうと思ったところ、たまたまオンラインでキャンペーン中なのを発見!

10月3日まで、モイスチュアライザーを買うと$20くらいの値段のスターターセットがただで付いてくる♪というのにつられて、今回はこっちで3点ほどお買い物。
オーダーするときにスターターセットのコードを入力するのを忘れ、「あれ?オマケは?」と思いつつオーダーを完了してしまったどマヌケな私ですが、慌ててOriginsにメールして問い合わせたらスターターセットもちゃんと送ってくれるということです。よかった☆
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2009-09-23 04:54 | アメリカ生活 | Comments(0)

差し入れ

先週、彼の同僚の一人がplacental abruption(胎盤剥離)で入院、赤ちゃんがNICUにいる、というニュースが飛び込んできました。

予定日にほぼ近かったのですが、胎盤が剥離してしまうと赤ちゃんに酸素が届かなくなり、長時間続くと死産になってしまう場合も。
1%くらいの確率で起こるそうです。結構な確率ですよね..。

仲のいいco-fellowの一人なので彼もとてもショックを受けていて、何かしてあげたいね、と話していました。

彼女が好きなことは食べること。いつも私の作る彼のランチをチェックしているそうなので、私が何か作って差し入れすることにしました。それくらいしかしてあげることがないので...。

落ち着いた頃に本人に聞いて、炒飯を作ることに決定。
そんな簡単な物でいいのー?って念を押したんですがねぇ。
彼女はインド系で豚肉は食べないので、鶏肉の炒飯にしました。そして上の子が卵アレルギーなので、卵なしの(卵なし炒飯って微妙ですが)と卵入りを別々に作りました。

彼女は術後の発熱でまた入院したりしていましたが、家に戻れたとのことでその日に差し入れ。まだ感想は聞いてませんが、上の子に気に入ってもらえたかなぁとちょっと心配です。インド系とギリシャ系の混血って初めて見ましたが、今から将来ハンサムになること間違いなしなかんじです。かわいかったー♡

大丈夫そうに振る舞っていましたが両親とも医者なので、将来赤ちゃんに出てくる障害のことなんか、いろいろ考えてしまうんじゃないかなと思います。でも、私の彼によると、病院内でも有名なベテランの小児科医がNICUで「大丈夫そう!」って言ってた!といってそれが検査よりも何よりも当てにできるといって慰めていました。
赤ちゃんに障害が残りませんように..。

それにしても、彼の大学時代の仲の良い友達は最近検査で異常が見つからなかったのに生まれてみたらダウン症だったとか、彼の職場のテクニシャンも現在赤ちゃんがNICUにいるらしくて、

なんかこういうことが身近に頻繁に起こると心配だなー。私歳とる一方だし(←切実)

とつぶやいていると、子供ができることになったとしたら、彼が「心配係」になるので私は心配しなくていいそうです。そんなこと言ってもねぇ。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2009-08-05 23:00 | アメリカ生活 | Comments(0)

ピーチパイ

今週、近所の植物園で毎年恒例の野外ジャズコンサートがあり、友達がピクニックをオーガナイズしてくれました。
ピクニックとなるとついいろいろ作って持って行ってしまう私。
手作りのものを持参する人はいつもほとんどいないので、みんな喜んでくれます。

ディップ2種類の他、前の日に焼いたポータブルなパイも持って行きました。
これのイメージで作ったのですが、中身はローカルのピーチとラズベリーを混ぜたもので、サイズも違うのでかなり分量は適当に作りました(汗)
パイって崩れやすいですが、焼いた次の日に切ったのでちゃんと四角い形を保って一口サイズのパイに切ることができました♪

ピーチパイを作っているとき、彼が桃の種を庭に植えようと提案してきました。
生えるのかも育つのかも疑問ですが。

40年後に戻って来て、うちらの木だ!って言って桃の所有権を主張したいのだそうです。

40年後って相当歳とってますよね。

それまで私と一緒にいるつもりらしいのでそれはよかったです(笑)
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2009-08-01 05:07 | アメリカ生活 | Comments(0)

アメリカの服のサイズ

昨日のCNNの記事に、女性の服のサイズが変わってきていることが載っていました。

例えばサイズ14だった人が最近はサイズ10を着られるということは、服のメーカーがサイズ標準を大きくしているということになります。
サイズの数字が小さくなるというだけで、着る側の女性をいい気分にさせるという商法らしいです。肥満を奨励してどうする〜!!

そうなって困るのは、サイズ0以下の人!サイズ0がどんどん大きくなっているということですよね。
サイズ00を作るブランドってあんまりないし、あってもティーンのお店ばっかりで、私がはける大人パンツは非常に限られます。

そして子供も肥満化しているようで、昨日GAP kids の服をオンラインで見ていたら、なんとslim, regular, plusと3種類に分かれていて、例えば同じガールズサイズ12(XL)でも、slimだとウェスト23インチ(58.4cm)、regularだと 25インチ(63.5cm)、plusだとなんと 28.5インチ(72.4cm)なんです!!
なんじゃこりゃあ〜〜!!
同じ系列のOld Navyではslimすら扱ってません。
そうだったのか...。

ややこしいから単にウェスト__インチ、ヒップ__インチってサイズ表示してほしい。と切実に思います。
ブランドによってもかなり違うんですよね。今の所、大人用ではBanana Republicのサイズ00しか履けません(涙)。
中西部に住むのって、小柄な人間には厳しいところです。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2009-07-12 02:55 | アメリカ生活 | Comments(4)

私:Ph.D.をとるためアメリカに来て今はアカデミアとスタートアップの境に存在。夫:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。アシスタントプロフェッサー。
by hamakkoinmidwest
プロフィールを見る
画像一覧

About

生命科学系PhDをとるため日本の大学卒業後アメリカに来て、当時MD/PhDコース中のPhDの方をやっていた彼と出会いました。彼のレジデンシーの間は国内で遠距離をしていましたが、フェローシップでこの都市に戻ってきたので、何年か一緒に住んでから結婚しました。体外受精の末恵まれた娘と3人暮らし。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧