生物学者のアメリカ暮らし。

<   2008年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧




文化の衝突

といっても、私と彼の文化の衝突ではなく、

料理の話です。

私が作る料理は国のテーマがなく、和風の残り物があるにも関わらずメインに中東系の物が作りたくなってしまったりして、残り物を一緒に出すのに国が衝突します。

パンにすればいいのかご飯にすればいいのか、クスクスという手もあるし、となかなか悩むところです。

私の彼はそんな国ごちゃまぜなディナーでも喜んで食べてくれますが、このあいだこっそりブロッコリーの茎を炒め物に入れたら

「これ、ブロッコリーの茎でしょ?」

と指摘してきました。私のケチさをからかってきます。私の使い切り料理スタイルに慣れてもらわなくては(笑)。
目下、「もったいない」精神を叩き込んでいるところです。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2008-07-30 12:15 | 料理 | Comments(0)

出かけること

私は自分ではそれほどanti social だとは思っていないのですが、遠距離中それまで以上にお金を節約していた事もあり、あまり飲みに出かけていませんでした。

先週末出かけたのが今月で二回目だったのでちょっと参りました。バーが閉まる1時半頃に終了ならいいのですが、その後クラブに行き、クラブが閉まる3時くらいまで帰りません。普段早起き人間の私には3時は朝です。クラブの後にダイナー(アメリカンスタイルの「食堂」のようなもの)に朝ご飯を食べにいく時もあり、帰宅が5時くらいになることも。たまにならいいんですよ、たまになら。せめて月1?

私は踊るのが好きなのでクラブに行っても楽しめることは楽しめるのですが、男性陣はあまり踊らないし、そんなに遅く(というか朝早く)まで起きている必要性があまり感じられません。こういうこと言うとまた遊ばないとか言われるんですが、いい歳してバー→クラブ→ダイナーはどうかと。次の日が丸つぶれになるのも週末も何かしら仕事がある院生としては困ります。彼が去年まで飲みに行けなかった反動で出かけてるだけで、これからちょっとは頻度が減ることを願っています(汗)。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2008-07-29 06:58 | 国際恋愛 | Comments(2)

滞ってます

最近どうやってthesisをまとめるか、悩んでいます。なかなか前に進んでない気がしてちょっと焦ってきました。

論文は今のところ2つパブリッシュしたので、一つずつがチャプターになるとして、あとの諸々をどうにかまとめなくてはなりません。

ありがちなことにプロポーザル通りに事が進まなかったのですが、それでも無理矢理論文を出さなくてはなりません。この場合狙うジャーナルが低くなってしまうのですが、合計4本出せば多分許してもらえます(笑)。

ジャーナルにはもちろんランキングがあり、"Science", "Nature", "Cell" レベルがトップ。うちのプログラムからはこの辺を狙う人も少なくないです。

私は研究対象があまりhotでないので心配ないのですが、人によっては「スクープ」されてしまう人もいて、そうなったら本当に最悪です。スクープとは、同じ研究が違うグループにすっぱ抜かれてしまうこと。トップランクのジャーナルを狙うには何年も練り上げたデータが必要なので、論文を出すにも時間がかかります。その裏がスクープの恐怖です。分野的に危ないのは当たり前ですが癌やHIV。競争率が高ければ高いほど危険なのです。スクープの心配しなくていいのはありがたいですが、自分の研究が全く社会に貢献しないのが分かっているので、「一人前の科学者になるトレーニングである」と割り切っています。

卒業したら実際に役に立つ研究をするというのが今の所の目標です。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2008-07-27 08:02 | サイエンス/キャリア | Comments(4)

bachelor food

私はイタリアンのパスタを作るのが好きなのですが、先日たまたま材料が揃っていたので何年かぶりに日本のナポリタンを作ってみました。

私が料理しているところを見にきた彼は、ケチャップ投入を目撃してびっくり。

「スパゲッティにケチャップなんて、bachelor chow(独身男餌)だよ!」

「違うの、これはれっきとした日本の 洋食 っていうものなの」

「でもケチャップ...」

「野菜を切って炒めてる時点でbachelorじゃないじゃん」

「...。」

ケチャップが相当ショックだったようです(笑)。
美味しいといっておかわりまでしていたので味は好きだったようですが。

久々に食べたナポリタンはとても懐かしい味でした。日本にいたときも子供の時以外はあまり食べた記憶がないので、軽く10年以上ぶりだったりして?

ちなみに、ご飯が主食の私のホストブラザー(白人)のbachelor foodは、ご飯+ミニウィンナー+チーズ+醤油。
私の(女なのでbachelorette food?)は、ご飯+アボカド+わさび醤油+海苔 です。

個人個人で違ったbachelor foodがありそうですね。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2008-07-24 02:05 | 料理 | Comments(4)

恋愛と友達関係

この間バーに飲みに行ったときのこと。私は遠距離していたときは一人で参加していたわけですが、今では彼と行けるということでちょっとした幸せを満喫していました(笑)。バーで友達グループと落ち合ったとき、ある友達の彼氏の姿がありません。彼はどこなのか聞くと、
彼の友達と一緒に違うバーにいる」とのこと。

どうやら「彼氏側の友達とつるむ」vs「彼女側の友達とつるむ」で少々もめていた様子。

最近付き合い出したカップルでうまく行ってると思ったのですが、大丈夫かなぁ(汗)

私は遠距離になる前から彼の友達とよく遊んでいましたが、彼無しでつるむということはありませんでした。でも、遠距離中彼がいなかったことで彼の友達と仲が良くなり、彼らは「私の彼の友達」から「私の仲のいい友達」になりました。なので、彼が戻ってきてから「なんで私の友達とは遊ばないの」ということがなくてすみます。

よく「結婚すると友達付き合いが変わる」とか聞いたことがありますが、bf/夫の友達が気に入らない、とかいうとまた大変なんだろうなぁと思います。お互いの友達を好きになれるか、ってかなり重要ですね。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2008-07-22 22:28 | 国際恋愛 | Comments(0)

ジム

週末にラボでやることが結構あったのですが、イベント満載?(犬を洗う、彼の友達の誕生日ディナー、買い物などなど)で結局合計3、4時間ほどしか仕事できませんでした(汗)。
仕事の効率を上げるしかないです (- -; できるのか、私。

さて、彼はこっちに戻ってきてからまだジムに入っていません。
私たちの家の近くに、真新しいジムが出来たのを知り、昨日やっとチェックしに行ってきました。私は今までジムには通ってなかったのですが、一年を通して外で走れる期間も限られているし、一緒に行く人がいれば続くだろうと思って今回は意を決して加入してみようと思います。しかし、筋トレは5lbのダンベルくらいでしか普段してこなかった(しかもたまに)ので、今日は体中筋肉痛です(涙)

新しいジムは、施設はキレイだし、トレッドミルの一台ずつにHDTVがついているし、筋トレマシーンも勢揃い。大学ジムにいがちな筋肉美を見せびらかしたい人もあまりいなかったし、近いし、スーパーが近くなのでついでに買い物もできるし、いい事だらけです☆
地元をベースとした会社なので、月$20と、他のところと比べてかなり安いそうです(相場がよくわかってないのですが、彼の前行っていたところや友達が今行っているところはずいぶん高いのだそうで)。

しかし、せっかくいい運動したのに、帰りがけにアイスクリーム屋さんに行ってしまいました。絶対カロリー消費した分以上摂取してます。
前どこかで「運動すると、必要以上に「運動したからこれくらいいいや」と食べ過ぎる人が多い」という記事を読んだことがありますが、なるほどと思いました(笑)
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2008-07-21 22:50 | アメリカ生活 | Comments(4)

ホストマザーとの出会い

私がホストマザーと出会ったのは、日本の大学にいるときでした。大学院留学を夢見ていたのに英語がうまく喋れなかった私。1ヶ月のアメリカ語学留学をしたり、某英会話学校に行ったりしてみましたが全く効果がありませんでした。大学の必修の英語がすごくつまらなかったのもあり、行き詰まっていました。そんなとき、ホストマザーの教えていたクラスをとることになりました。土曜日の朝9時ということもあり少人数のクラスだったこともよかったですが、彼女のスタイルは他のクラスと全く違い、クラスで青山にブランチに出かけたりして楽しいクラスでした。私が留学がしたいというと、留学フェアに一緒に行ってくれたり、とても協力的でした。彼女は55歳くらいで退職し、当時のパートナー(現夫)と退職生活を送ることにしたのですが、私が大学院に受かる自信がないというと、1年間英語を磨くためにホームステイしないか、と招待してくれたのです。

実際最初にアプライした年は大学院にはどこも受からなかったため、院浪人が決定。せっかく招待してもらったので、こんなにいいチャンスはないと、ホームステイすることに決めました。

私のホームステイが始まる前にホストマザーとホストファザーが婚約し、私が住み始めてすぐ結婚式がありました。ホストマザーには私の実の兄と同じ歳の息子がいて、同じ家にルームメイトと共に住んでいたので、5人家族のようなかんじでした。

最初のうちは家族が喋っていることが理解できなくて、ディナーテーブルでも黙っていたし、何回も挫折しそうになりましたが、日本語を禁止したおかげで語学センスのない割には早く上達できたように思います。私のホストファミリー、特にホストマザーのサポートのおかげで、アメリカ文化にも早く馴染めたし、院の最初の2年間の凄まじい量のクラスとテストもなんとか乗り切ることができました。ホストマザーと出会っていなかったら、私は現在アメリカ大学院留学できていたかわかりません。

今ではもう家族同然。ホストマザーはよく「娘がね、どうしたこうしたで」とか他の人に言いますが、それは私のことです(笑)。

ホストマザーと出会えてよかった、と心から思います。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2008-07-18 09:01 | アメリカ生活 | Comments(2)

procrastinating...

院でよく飛び交う言葉、それは motivation と procrastination です。

私のいるプログラムでは、最初の2年はクラスと試験で怒濤のように過ぎますが、qualifying examという試験を終え(敢えて言えば修士試験のようなもの?うちの学科には修士プログラムはありません)、自分の卒業研究のプロポーザルをパスすると、あとは研究だけの毎日になります。実験も自分でデザイン&計画するので、長期間同じことをしているとmotivationをキープするのが結構大変なのです。論文を書く、というのは実験自体とはまた違ったmotivationが要りますし、実験がことごとく失敗し続けるときなどは、一歩引くしかありません。

私のいるプログラムは、一応microbiologyの世界では全米でトップに入るので、卒業するのが大変です。金銭的に言っても4年半−5年で終了のプログラムが多いと思いますが、うちでは6年、7年はザラで9年という人もたまにいます。

院生はthesis proposalの際、thesis committeeを組みます。自分のアドバイザーを含めた6人ほどの教授が自分のthesisの行方をアドバイスしつつ見守ってくれるという仕組みで、とんでもなく頭のいい人たちが自分のプロジェクトについて考えてくれるという大変ありがたいことだと思っています。

proposalで「こういう計画で進めていく」と宣言したあと、1年に一度くらいthesis update meetingがあり、committeeの前で近況報告をします。サイエンスですから、計画通りに行くことはほとんどありませんが、できるだけの努力をします(笑)。

私は次のupdate meeting が最後のmeetingで、卒業の時期を決めるものになりそうなので、実際のthesisのアウトラインなどを提出する必要があります。最初のチャプターなどはもう終わっているので、もう書き始めていいのですが、最近procrastinateしてばかりです。

書き始めて最初の3ヶ月に1パラグラフしか書けなかった、という話も聞きました。これが卒業論文を書く、という果てしない行程の始まりなんでしょうか。今からすでに恐ろしいです。

どうにかしてmotivationをアップしないと(汗)
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2008-07-16 05:16 | サイエンス/キャリア | Comments(6)

テンペ初挑戦

私は全くベジタリアンではないですが、あまり肉を食べない方が好調です。

彼と住み始めてからバックヤードバーベキューが多いので、野菜中心のメニューを美味しく取り入れるにはどうするか、努力中です。

昨日、Trader Joe'sで見つけたOrganic three grain tempehに初挑戦してみました。

テンペとは、東南アジア由来の発酵大豆食品ですが、今まで試したことがありませんでした。アメリカでは納豆より手に入りやすいし、形もしっかりしていてクセもないのでメインディッシュに使ってみようと思ったのです。

普通のスーパーでもやしが見つかったので、他の野菜と一緒に炒め物にしました。ご飯と食べたので、図らずもveganなディナーに。

これが結構美味しくて、私の彼も気に入ってくれたので、これからレパートリーに加えていこうと思います。なんでもバーベキューソースでグリルしてサンドイッチにしても美味しいとの噂なので、これは今度試してみます。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2008-07-14 23:43 | 料理 | Comments(2)

起きる

私の彼は寝起きが悪いです。

起きるにも、5段階ほどかかります。


ステップ1 目を覚ます。でもしばらく起き上がれない。

ステップ2 ベッドの上で上半身を起こす。しばらくそのまま。

ステップ3 立ち上がる。コーヒー前。

ステップ4 コーヒー後。だんだん意識がしっかりしてくる。

ステップ5 シャワーを浴びる。出かける準備ができる。


今まで、朝6時に病院なんて時はどうしてたんでしょうか。
夜型の人間が医者になるといろいろと不都合なんでしょうが。不思議です。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2008-07-13 07:09 | 国際恋愛 | Comments(0)

私:Ph.D.をとるためアメリカに来て今はアカデミアとスタートアップの境に存在。夫:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。アシスタントプロフェッサー。
by hamakkoinmidwest
プロフィールを見る
画像一覧

About

生命科学系PhDをとるため日本の大学卒業後アメリカに来て、当時MD/PhDコース中のPhDの方をやっていた彼と出会いました。彼のレジデンシーの間は国内で遠距離をしていましたが、フェローシップでこの都市に戻ってきたので、何年か一緒に住んでから結婚しました。体外受精の末恵まれた娘と3人暮らし。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧