生物学者のアメリカ暮らし。

<   2008年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧




大統領選まであと1週間

大統領選もようやく来週です。気が散るので早く終わってほしいです...(涙)

うちの学科のラボには実験用のガラス器具を洗う人たちが雇われていて、全員アフリカンアメリカンです。と実際に書くのも悲しいですが、現実です。

私は早くラボ入りするのでうちのラボ担当の人Sとよく時間がかぶるため、いろいろ雑談をする仲です。彼女はまだ決めてないそうなので、どうしてかと聞くと、

「オバマは好きだけど、キリスト教徒としてプロチョイスがひっかかる。」

えぇぇ!!!!そこかい!!

国が滅亡しかけているというのに(ちょっと大げさ)中絶問題が出てくるところが、アメリカです。

極端から中間あたりの意見までいろいろですが、大雑把に言うと

プロ・ライフ=中絶には絶対反対、
プロ・チョイス=女性の選択にまかせる

というわけで、キリスト教色の強いアメリカでは特に大問題。民主党は基本的にプロチョイス、共和党は基本的にプロライフです。特に副大統領候補のペイリンは一番したの子供(まだ乳児)がダウン症と知っていながら出産したことで有名なプロライフ。しかし「レイプや近親相姦の場合でも中絶には反対」という超プロライフ。
マケインもディベート中に「女性の健康」を理由にすることをバカにしました。

日本では少々軽く扱われているような気がします。それもいけないとは思いますが、こういう極端な人々が権力を握ると母体が危険にさらされるのに中絶が出来なくなることも。恐ろしいです。

まだ決められないというSは、「日曜日に決める」と言っていましたが、日曜ということは教会に行って、牧師の言うことで決めるんでしょうね。

と、朝から機嫌が悪くなった一日でした。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2008-10-29 07:43 | アメリカ生活 | Comments(4)

ラッキー

昨日はやる気が出なくて早めに帰宅したので、おいしいものでも作ろうと思い、彼の好きなリゾットを作ることにしました。

先週末にベイクドチキンを作ったときとっておいた骨で自家製チキンストックを作ったので、それを利用。袋入りベイビーほうれん草とホールトマト缶を使い、いつもならパルメザンチーズで仕上げるのですがちょっとイタリアン/ギリシャのフュージョン風(?なんのことやら)にフェタチーズにしてみました。

中西部ではなかなか合格点の出せるシーフードが手に入らないのですが、Trader Joe'sで買った冷凍の魚は大体合格です。これはムニエルにしてリゾットに添えました。

昨日嫌なことがあった彼は、ディナーで幸せになったそうです。

I'm so lucky.

と言ってくれました。

もっと言って!(笑)
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2008-10-24 22:47 | 料理 | Comments(4)

秋本番

私の住んでいるところでは、最近かなり寒くなってきました。

寒い季節って、実はいいことがあります。

1)オーブンを使うと家が暖まるので、オーブン料理とお菓子が思う存分楽しめる

プラス、ホリディシーズンでベーキング関連のものが安売りになるのもうれしい♪

2)彼がベタベタくっついてくる

私の方が寒がりかと思いきや、室内の温度は適温に保ちたい典型的アメリカ人の彼には寒いのだそうです。
私はエネルギー問題に関してはかなり真剣なので、あまり譲れません。この辺はちゃんと教え込まないと!
くっついてくるし、一石二鳥です(笑)
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2008-10-21 08:15 | 同じ屋根の下 | Comments(2)

「アメリカで働く」ワークショップ

大学で開かれた外国人向けワークショップに行ってきました。

主にOPT(optional practical training)とH1Bビザ(就労ビザ)について、うちの大学のインターナショナルオフィスが移民弁護士をスピーカーに招いて開催したものです。
OPTというのは、学生ビザの延長のようなもので、普通学位取得後1年間アメリカで働くことができます。

H1Bビザにはキャップ(人数制限)があり、9/11の影響などで長年に渡ってキャップはそのままになっていて、現在では抽選でないと取れません。
私は学位卒業後は大学でポスドク(postdoctoral researcher)となるので、H1Bビザのキャップは免除ですが、企業などにはキャップがあり、ポスドク後が少々心配なところです。しばらくは心配しなくてよさそうなのですが、F1-> OPT-> H1B -> green cardという方向で一応考えておこうと思っています。

でも、お金もかかるし、時間もかかるし、タイムリミットもある。不安材料ではあります。

移民弁護士は「アメリカ国民と付き合ってる人? 結婚しなさい。就労ビザからとるより全然楽だから。」 とジョーク混じりに言っていましたが、彼に説明するときは結婚のヒントは出さずざっと説明して、ビザ関係はお金がかかりそうだなーと言うと、

one of us needs to get a real job!

なんて言いました。

へぇ?

ポイント、そこじゃないでしょう!
わかってるのかなぁもう...。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2008-10-15 04:55 | サイエンス/キャリア | Comments(4)

車の修理

ここ1ヶ月くらい、日によって車をスタートするときにガタガタ揺れるのが気になっていました。走り出すとすぐ止まるのですが、彼に相談してみると、スパークプラグじゃないか、とのこと。中古で買ったとはいえ、2002年モデルの日産なんですけどねぇ。
アメリカで売っている日産って実はメキシコでエンジン作ってるそうですね。だからダメとか?(汗)

とにかく車に関しては疎い私。
気になりつつも何もしないでいると、ついに "Check Engine Soon" が点灯してしまいました。

キャー。

仕方がないのでいつもオイル交換してもらうタイヤ屋で直してもらうことに。

結局$300ドルかかりました(涙)。

友達には、中古車の修理で$300は安いもの、と慰められましたが、彼はレシートを見てちょっとぼったくられたかもね。と言います。

そう言うなら一緒に来てメカニックにプレッシャーかけてくれてもよかったのに。

正直何も知らないのでしょうがないと言えばしょうがないのですが、女で車持っていると損な気がします。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2008-10-10 09:12 | アメリカ生活 | Comments(2)

カウントダウン

ついにthesis defenseの日程が決まりました(多分)。

日にちが決まるといよいよカウントダウンが始まってしまい、いつまで実験していつから書くのに集中するかとか、予想通りとても焦っています(笑)。

今日も実験しながら学部生に遺伝子クローニングを教えつつ、ボスがレビューした論文のコメントをチェックし、とあっという間に1日が過ぎてしまいました(ってまだ実験途中ですが)。

家に帰ったら帰ったでご飯つくって食べて気がついたら結構遅くなっているというのがいつものパターンだし、その上夕飯の前にジムに行ったりするとさらにあっという間です。うーむ。thesisの本文を書き始めようとしても同じパラグラフをこちょこちょ直すだけとかあまり進歩がありません。間に合うんでしょうかね、これは...。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2008-10-08 07:29 | サイエンス/キャリア | Comments(2)

友達からのメール

以前コミットメントフォーブの話をしたとき私のクラスメイトを例に出しました。繰り返しになりますが、短くまとめると、その子と私の元ルームメイトJとは長い歴史があり、付き合い出して、別れて、戻って、別れて、今度は一緒に住むことにして、でも住んでみたらやっぱりダメだったから別れて、また戻って。

という風に、傍から見ると最悪な関係でした。(どちらかというと彼女が振り回している方なのですが、私はJよりは彼女の方が仲が良いので彼女の言い分しか聞いていません)

そんな彼女が、「コミットメントの恐怖は克服した。」と言ったので、もう大丈夫かな、と思っていたのです。彼女は卒業(彼女のdefenseには、JとJの家族が来ていました)と同時にJの仕事がある都市へ行き、一緒に住むことに。でも、半年も経たないうちに、近況を知らせるメールが。

やっぱりダメだった。Jは違う町でもっといい仕事が見つかったから、来週にもそっちに引っ越す予定。私は今の仕事も好きじゃない。

とのこと。何があったのか詳しく聞いていないので分からないのですが、彼女のコミットメントフォービックなのかなぁと思ってしまいました。

前も言った通り私の彼もコミットメントフォーブなので、他人事とは思えないんですよね...
。今のところはとてもうまくいっていますが、結婚を意識し始めたらどうなるんだろう?と少々不安です。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2008-10-04 10:51 | 国際恋愛 | Comments(2)

日程決め

ついに、thesis defense の日程を決めることになりました。

Ph.Dをとるための最後の試験ですが、これで落とされることはまずないので(とかいって前代未聞で落とされたら困るのですが)うちの院では defense=卒業、という扱いです。

教授陣で構成されているコミッティーのメンバー全員にメールか直接聞いて日程を決めなくてはなりません。
大体、いつからいつまでのあいだで空いてる日を教えてください、というとすぐにメールが返ってくるのですが、今回メンバーのうち一人だけ返事がありません。旅行中なのでしょうかね?

メンバーの中でも特に気楽に話せる40代助教授(イケメンなのでファンが結構います)のDが返してきたメールの終わりに、


非常に刺激的。 おめでとうございます!


と日本語で書いてありました。

刺激的。

明らかに翻訳ツール使ってますね。そして多分 very exciting って言いたかったんでしょうね。確かに直訳するとそうなんですが、つい笑ってしまいました。お茶目な人です。

日にちが決まったら、今以上にとてつもなく焦ると思いますが、どうにか生き延びたいと思います。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2008-10-03 06:15 | サイエンス/キャリア | Comments(2)

私:Ph.D.をとるためアメリカに来て今はアカデミアとスタートアップの境に存在。夫:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。アシスタントプロフェッサー。
by hamakkoinmidwest
プロフィールを見る
画像一覧

About

生命科学系PhDをとるため日本の大学卒業後アメリカに来て、当時MD/PhDコース中のPhDの方をやっていた彼と出会いました。彼のレジデンシーの間は国内で遠距離をしていましたが、フェローシップでこの都市に戻ってきたので、何年か一緒に住んでから結婚しました。体外受精の末恵まれた娘と3人暮らし。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧