私:Ph.D.をとるためアメリカに来て、今はポスドク中。 彼:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。週一でクリニックをしながらポスドク中。


by hamakkoinmidwest

<   2008年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

アメリカ的お茶のいれ方

今ボスに頼まれたレビューのドラフトを読みながら(私の第1章のドラフトはボスが読んでいるので交換条件です!)お茶を飲んでいたのですが、ふと気づきました。

私はリーフティーにこだわりポットで入れる派だったのに、いつの間にかマグにお水を入れてレンジでチンしたお湯にティーバッグを投入という典型的アメリカ人な飲み方をしているではありませんか(汗)

歯の着色が気になり出してからお茶の量を減らしたというのもありますが、せめてティーポットで蒸らすくらいしないとだめですよね...。

前回書いた彼のお姉さんへのプレゼントなのですが、お茶が好きという彼女のためにteavanaというお茶専門店で試飲したらおいしかった peach momotaro  というお茶を日本製のかわいい茶筒に入れたものと、玉状になっているお茶が開くのが見えるようガラスの一人用ポットを選びました。

久しぶりに見た茶筒に、妙に懐かしさを感じた一瞬でした。
[PR]
by hamakkoinmidwest | 2008-12-29 08:27 | アメリカ生活

Christmas


昨日彼がクリスマス休暇で実家に帰りました。私はというと、誘われたのですがやっぱり1週間も休みをとったらパニックになること間違い無しなので、静かにラボか家で論文書きです。周りが静かなので集中できていいんです。

先日、彼のlast minuteプレゼント選びに付き合い、彼のお姉さんにステキなギフトを選ぶことができました。気に入ってもらえるといいのですが。

クリスマスといえば、前から彼とよく話すことに、宗教の話があります。

彼はクリスチャンがほとんどいない国がクリスマスを祝うのが信じられないのだそう。そして今では日本のクリスマスっていうとなぜかイブがバレンタインデーのように扱われている気がするのですが、どうでしょうか。これが妙だと気づいたのはもちろんアメリカ文化に触れてからのことなのですが。

私は、クリスマスの飾り付けとか、クリスマスソングは大好きなのです。Holiday spiritというか、うきうきしますよね。でもクリスマスはやっぱりキリスト誕生の日であって、ホストペアレンツと一緒にイブのミサに行ったこともありますが、違和感を感じました。

私はagnosticというカテゴリーに入ると思っています。atheist というと宗教を批判することになるけれど、私は特に宗教を否定しはしないので。ただ、宗教的考え方の違いが争いを引き起こすことには、過激派だけだとは分かっていても多いに反対で、これが私が無宗教である第一理由だと思っています。

キリスト教が私にしっくりこない理由は、「人間が第一であって、他の生物(植物も含めて)は全て人間のために作られたものである」という考え方です。でも、困っている人を助ける行為はとても素敵だと思います。

身近にキリスト教の様々な宗派の人たち、イスラム教徒、ユダヤ教徒、ヒンズー教徒などがいるので、宗教について考えさせられる機会が多いです。

最近よく思うのが、信心深い人は宗教に関係なく、幸せな人が多いこと。
人生で挫折したり、辛いことがあったとき、理由付けすることができるからじゃないかと思うのです。
例えば障害児が産まれたカップルが、「神様が私たちを選んだんだ」と、障害児を持つことを誇らしく思えること。
信じること自体が精神的な支えになるということ、無宗教の私にもわかります。
自分の身に起こること全てに理由をつけることができないから、人間にはもともと宗教が必要なのかもしれません。

アメリカは信心深い人が特に多い国で両極端かもしれませんが、日本は宗教がなくなってしまった感があります。私も含めて多くの日本人が「無宗教」だと言うでしょう。結婚式は教会で、お葬式はお寺で、というのがほとんどじゃないでしょうか。
日本の友達の結婚式は残念ながらことごとく逃してしまっている私ですが、一度出席することができたとき、商業的なチャペルに実は内心薄っぺらさを感じてしまいました。アメリカでは自分や両親の属する教会で、自分のよく知っている牧師さんに式をしてもらいますが、無宗教なら無宗教で、州によっては自分の大切な友達に式をしてもらってもいいところもあります。

私が結婚するときはどうなるんでしょうねぇ? 結婚できればの話ですが(笑)

何やらクリスマスから結婚式の話になってしまいました(汗)
まとまりなく書いてしまいましたが長くなったので今日はこのへんで。
[PR]
by hamakkoinmidwest | 2008-12-24 10:54

進行状況

前回のポストに温かいコメントくださった皆様、ありがとうございました。
ふるさとから遠く離れて生活することについて、これからも時々投稿するかもしれません。

私の論文の進み具合ですが、こんなかんじです。

第一章 イントロ (これだけで参考文献が122に達しました(汗))
第二章 私の第一筆者としての論文1(パブリッシュ済み)
第三章 私の第一筆者としての論文2(パブリッシュ済み)
第四章 結局うまく行かなかったプロジェクト
第五章 面白くなってきたところだけど最後まで終わらそうとしたら当分卒業できないところだったプロジェクト
第六章 まとめと考察


1から3はほぼ完了です。4と5も大部分は書き終わったつもり(?)です。まとめが結構大変で、脳しぼって考えてるところです。
[PR]
by hamakkoinmidwest | 2008-12-21 08:01 | サイエンス/キャリア

海外在住者のジレンマ



父方の祖母が亡くなりました。

私は父方の親戚とはあまり親しくなく、おばあちゃんとはたしか大学1年の時以来会っていません。94歳で、ここ数年はずっと寝たきりだったし、身内でも誰だかわからなくなっていたそうです。
ろうそくの火を消すような、安らかな最後だったそう。

父が電話でなくメールで知らせてきました。そして帰国する必要はない、と。

これが母方の祖母だったら即帰国しているところなのですが。改めて父方の親戚との付き合いの薄さを感じます。

アメリカにいると、家族の大切さを考えさせられることがたくさんあります。
そして、その度に私って冷たいのかなと思ってしまいます。

おばあちゃんが亡くなったのが悲しいというよりも、お葬式に出られないのが心苦しいということに対して悲しくなりました。

彼は、「後悔するといけないから、帰った方がいいと思うんだったら帰りなよ」と言います。でも、私には卒業直前に一時帰国する精神的余裕がないのです。
「家族は家族だよ。」と言われて、そうなんだけど、でも行けない。と言うしかありませんでした。

家からこんなに遠く離れて暮らせるのには理由があるのかもしれません。私は父とはあまりいい関係が保てていません。両親とも、私の進路には全く口を出さないタイプ。それに寂しいとか帰ってきてとか、言われたことがありません。

今までのアメリカ在住生活で一番後悔しているのが、母が手術をしたときに帰国して助けてあげられなかったこと。当時まだクラスとテストがあり、どうしても帰れなかったのです。
こういうことがあると、アメリカに永住する可能性があることに、一歩踏みとどまって考えてしまいます。親がもっと歳をとったらどうなっちゃうんだろう。と今から不安なのにも関わらず、日本に住んで日本で仕事をするのが自分にとって幸せでないのが分かっているんです。
少し自己中心的ですね。

時差のため日本時間で朝になってから、父と電話で話しました。
孫が大勢いるから、私は出席しなくてもいいという父に、せめて私からお花を送りたいと説明しました。
帰国した時に、お墓参りに行って、おばあちゃんに博士号のdiplomaを見せるから、そっちの方がおばあちゃん喜ぶよね。と自分に言い聞かせています。

論文の追い込み、おばあちゃんのためにもがんばります。
[PR]
by hamakkoinmidwest | 2008-12-13 08:11 | アメリカ生活

ランチ

最近、定期的にサンドイッチ用のパンを作るようになったので、ほぼ毎朝彼のランチを詰めています。といってもパンにマヨネーズを塗り(アメリカではバター/マーガリンではなくマヨです)、胡椒をガリガリしたところにレタスをのせ、市販のデリミート(普通はターキー)と水気を切ったピクルス、デリチーズをのっけて挟むだけの、簡単なもの。
朝ちゃんとしたお弁当を作る気力がないのと、同じようなランチでも飽きないらしいのでサンドイッチに落ち着いています。

私のランチはサンドイッチと夕飯の残りが半々くらい。アメリカでは職場に冷蔵庫と電子レンジがあることが多いので何を持って行っても平気なのですが、彼は楽なサンドイッチの方がいいのだそうです。

夕飯は結構ちゃんと作っているので、ランチにまで時間をかけられずワンパターンで悪いなーと思っていた矢先、

「昨日ランチ食べたらとってもうれしくなって、ありがとうってtext(携帯メールの事)しようかと思ったくらいだよ」と言ってきました。

サンドイッチに添えたチョコチップクッキーが効いたのかも?(笑)

この間も同僚に売れると思う、とか言ってたし。手作りパンであることを除けば何の変哲もない普通のサンドイッチなんですけどねぇ。

ワンパターンサンドイッチなのにそこまで喜んでもらえるとこっちもうれしいです。

もうちょっと中身を工夫したいので(デリミート高いし)、前の日に仕込んでおける中身とかを考えようと思います。お薦めがあったら教えてください!
[PR]
by hamakkoinmidwest | 2008-12-11 05:05 | 国際恋愛

dog wash

こっちに戻って来るまでは家で犬を洗っていた彼ですが、近所にセルフサービスのdog bathやさんがあるのを発見して以来、そこでシャンプーすることにしていました。両側から洗えるようになっていて便利なのです。

家のバスタブで洗うと後始末が非常に大変なのだそうで...。納得です。

でもそのお店が閉店してしまったのを今日知り、急遽違うところを探すことに。

そんなに遠くないところに一つ発見したので行ってみると、ラブラドールが3匹ほど、あとは種類がよくわからない長毛種の子が一匹いて、ブラッシングの段階で落ちた毛が山のようになっていました。

小さいバスタブ形式になっていて片方からしかアクセスできない(犬の向きを途中で代えないとダメ)のと、バスタブが背の低い私にはちょっと高いのが難点でしたが、それ以外はよいセッティング。
ブラシ、シャンプー、コンディショナー、耳掃除用のウェットティッシュ、顔用ミニタオル、タオル1(洗車用のやつ) と2(普通のタオル)がついてきます。飼い主には防水エプロンが試供されます。

タイミングを誤ると犬がぶるぶるっと体を振って水気を払うのに直撃されるのですが、今日もやられてずぶぬれになりました。確かに家でやったら大変なことになりますね。

前のところでは込みでなかったドライも入っているのですが、ドライといっても落ち葉用のブロウワーみたいな強風が出るものでどちらかというと水を吹き飛ばすため。犬はいやがって噛み付こうとしていました(笑)。

合計$20でした。毎月行くと$15になるそうです。1ヶ月くらいが限界なのでこちらにとっては好都合♪
でも、彼の犬きっとこのお店も場所を覚えて、今後は車で向かう途中から「また洗われるんだ!」と警戒し出すことでしょう..。
[PR]
by hamakkoinmidwest | 2008-12-07 12:14 | アメリカ生活

ポテトパンケーキもいいのですが飽きるので、結局最後はニョッキをつくりました。

ricerという器具がないと大変なので今まで作ったことがなかったのですが、根性で金網で裏ごししました。これをしないと重たくなって"pillowy"(ふわふわ?)じゃなくなるとのことで。

本来茹でたジャガイモでするところをバターとミルク入りのマッシュポテトで作ったため少々リッチになりましたが、金網の努力と(笑)捏ねを最小限にしたのでpillowyな食感になりました!あとは、手作りのイタリアンソーセージ入りトマトソースを絡めるだけです。

友達を一人呼んで、3人で完食。マッシュポテトの残りがはけた〜!(これだけ努力して再利用したのでゲストに残り物出してもいいですよね(笑))

形作りはフォークでくるっとするだけで意外と簡単だったので、ricerを手に入れたら今度はゆでジャガイモから作ってみたいと思います。
[PR]
by hamakkoinmidwest | 2008-12-02 11:28 | 料理

Date night

木曜日から連休なおかげで彼氏が退屈し出し、私も論文書きが煮詰まってきたので昨夜はカジュアルディナーと映画デートをすることになりました。

一緒に住んでいるとデートらしいデートをする回数が減ってしまうので、こういうのはたまには必要ですね。
既婚カップルでも子供がいるとさらにデートの機会がなくなり...ってよく聞きますが、うちのボスはベビーシッターを頼んでデートする日をわざと作っているそうです。参考になります(笑)

近所で試してみたいメキシカンレストランがあったので、そこでマルガリータで乾杯。その後は私が観たかったディズニー映画を観るのを彼氏が渋々承知したので観に行きました。
Boltという犬映画なのですが、想像以上によかったです。お薦めです☆
[PR]
by hamakkoinmidwest | 2008-12-01 04:12 | 同じ屋根の下