生物学者のアメリカ暮らし。

<   2009年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧




Doctors Without Borders

彼がレジデンシーをしていた病院のレジデントGが、うちの大学病院であるフェローシップのインタビューのため日曜日にうちに泊まっていきました。

Gは来年、国境なき医師団の活動をするそうです。
私も話にはときどき聞いていたのですが、実際に行く人と直接話すのは初めて。
全く医者のいない難民キャンプなどで、派遣されるのは医師一人、看護士一人、それから費用の管理などを受け持つ人が一人。それで全てまかなうそうです。内科医でも、緊急の手術などはしないといけないとのこと。
うーん、恐ろしい!
それでも僻地に一人で行くという勇気がすばらしいです。人生でかけがえのない経験となるでしょう。

そういえば私の小さい頃の夢は医者か看護婦になってそういう僻地で人を助けるっていうものだったのですが、いつの間にか研究に変わっていました。確か12歳くらいの頃には既に科学者になるということは決まっていました(笑)
人の役に立つことをしたいっていうのは変わってないんですが、大幅な分野変更です。

Gの派遣先はミャンマーだったのが不確定になったそうですが、どこになるか気になるところです。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2009-04-28 07:49 | アメリカ生活 | Comments(2)

エチオピア料理

先日、友達と4人である有名なピザ屋さんに食べに行こうとしたのですが、金曜の夜ということもあり待ち時間が1時間半。待とうか一瞬迷いましたが、駐車場所を探してうろうろしているときにたまたま見つけた、知る人ぞ知るっぽいロケーションにあるエチオピア料理レストランを試してみることにしました。(空いてたし(笑))
エチオピア料理って話にはよく聞いていたのですが、私は初めて。興味津々です☆

何を頼めばいいかも全く分からないのでウェイトレスの助けを借りてメニューから4種類頼むと、巨大なお皿にそのお皿と同じ大きさのエチオピアパン、その上に頼んだ4種類の料理が乗った状態で出てきました。
このInjeraというパン、薄いパンケーキ状のもので、これを使って料理を掴んで一緒に食べます。フォークやスプーンはなし!ナプキンだけ大量にくれました(笑)。
最初に食べる用には別々にInjeraが出てきて、最後の方になったら料理の下になっていたInjeraを食べておしまいというわけです。

彼の知り合いの医者がInjeraって肺胞みたいって言ったそうなのですが、スポンジっぽさといい穴のあき具合といい、確かにとても肺っぽいです(笑)。Teffという草の実からできた粉で作ってあり、発酵させてあるのでサワードゥのように酸味があります。クレープとパンケーキの中間みたいな厚みがあります。

料理は4種類どれもおいしかったです♪パン以外にはこれといって料理に共通した特徴というのはなかった気が?
一人10ドルくらいだったし、サービスが遅かった以外は合格!
もっと大勢で行くといろいろ試せてまた面白いかもしれません。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2009-04-23 10:16 | 料理 | Comments(0)

haircut

不況の影響なのか、私が過去数年行っていたヘアサロンが消えてしまいました(涙)。
スタイリストさんもなかなかだったし、お値段もそんなに高くなかったのでよかったんですけど。

これを友達に話したところ、

「私のスタイリストさんいいよー」

と言うので、試してみることにしました。
ただ心配だったのは彼女はブロンドで髪の量が少ないので、アジア人の髪の扱いになれているかどうか?ということでした。でもスタイリストさん曰くアジア人の髪はいろいろスタイルできて大好き!ということだったので。

そのスタイリストさん、全米に支店のある大きなサロンでも働いているのですが、自宅の地下でもヘアカット、カラー、マッサージサービスまで行っていて、自宅だと少し安くしてくれるんです。
インストラクターの資格を持っているらしく、これからいろいろやりたいことがあるそうです。こういう目標のある人ってさらにいいです☆

友達がカラーのタッチアップをする間に私のカットをしてもらいました。

私の髪は硬くて変なクセがあるので、ヘタに切るとスタイルするのが大変なのですが、内側にレイヤーを入れて扱いやすくしてくれたので、ブローするだけで全然ハネないスタイルしやすい髪型になりました!これってアメリカ人のスタイリストでは初です。日本ですら、かなーり高いサロンに行かないとそういう結果にならなかったんですが。さすが格上のスタイリスト!

いいスタイリストさんを見つけるとうれしくなりますよねぇ。
これからは彼女のところでやってもらおうと思います♪
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2009-04-20 09:08 | アメリカ生活 | Comments(4)

頭から離れない歌

彼がこのビデオを発見して以来家で歌い続ける上、私にも歌わせるので、もう一日この歌が頭の中をぐるぐるしています。
ランチ時にも "nom nom nom nom nom nom nom" と携帯メールしてくる始末。



それにしても小動物がのむのむしてるのってかわいいですねー
特にブロッコリー食べてるところがかわいい☆
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2009-04-15 12:36 | 同じ屋根の下 | Comments(4)

ピーナツバターとチョコレート

なんだか食べ物の話ばっかりでスミマセン。

イースターはキリスト教の行事の中では一番大事な日だそうです。友達のご家族にイースターディナーに呼んでもらった年もありましたが、今年は特に何もイースターらしいことはせず、ジム(がら空き!)に行ったりして普通に過ごしました。
唯一イースターらしいことは、リサイクルを出しに行ったりして用事を済ませる途中にドラッグストアに寄り、イースター限定のお菓子、Reese's Peanut Butter Eggs をゲットしたことです。イースターのシンボルといえば卵、ひよこ、ウサギ。単に卵やウサギの形をしたチョコレートももちろん売っています。
Peepsも有名ですが、それは単にマシュマロで私はあまり好きではありません。

Reese's Peanut butter cups はミルクチョコの中にピーナツバターが入っているもので、アメリカでは大人気のお菓子ですが、それが卵形になっているのはイースター限定。他にもクリスマスツリー型、バレンタインのハート形などあるそうです。
こんなレビューまで見つけました。やっぱりチョコレート:ピーナツバターの比率が普通のカップに比べてピーナツバター寄りになっているところが、いいのかもしれません。でも「今しか買えない」という理由でつい買ってしまう消費者心理を良くついていると思います。
人気商品なのでイースター翌日の今日はスーパーでも売り切れてました。昨日買っておいてよかったです(笑)。
こんなものを好きになるなんてアメリカナイズされ過ぎ?
どうも、少し塩味のついたピーナツバターと甘いチョコレートの組み合わせに弱いみたいです、私。
この間プレゼント用にピーナツバターブラウニーという自殺的なものまで作ってしまいました。極美味でした。プレゼント用でよかったです。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2009-04-14 11:45 | アメリカ生活 | Comments(2)

シーフード

私の住んでいるところでは、陸地に囲まれている為シーフードの選択肢が非常に乏しいです。安い魚だと養殖ティラピアか養殖ナマズになってしまい、両方とも色々試した結果やっぱり不味いのであまり買いません。日本にいたときもうなぎの質によって食べられないものもあったので、私が泥臭さに敏感っていうのもあるのかもしれませんが。
でもやっぱり魚は食べたくなるので、たまには贅沢に専門店で買った魚を食べよう!ということになり、少し離れたところなのですが彼が仕事帰りに寄ってhalibut(オヒョウ)の切り身を買ってきてくれることになりました。
フライパンで焼いて照り焼き風青ネギソースをかけた魚と、ご飯とみそ汁で和食ディナー。幸せ♪
オヒョウというと日本では大味な魚として扱われていると思いますが、こちらでは上等な魚です。2人分で20ドルくらいでした。アメリカ人は基本的に小さな魚はあまり食べないので大型のクセのない魚が主流ですね。大型魚ばかり食べるので、「魚は水銀汚染が心配」とよく言われるのです。

最近流行っている(?)のが環境に優しくシーフードを選ぼうという姿勢。
シーフードセレクターというもので、エコに優しいものからダメなものまでのリストが載っています。
Sushiのネタを選ぶためのポケットガイドまでダウンロードできるようになっています。
これによるとアラスカ産(太平洋側)のオヒョウはエコ・ベスト。
本マグロとかハマチはワースト。これは知っていましたが、中西部に住んでいると食べるのを避けるのが大変簡単です。こうやっていつも食べないで我慢しているので、日本に行った時には少しなら食べてもいいかな?って気がします(笑)

しかし、このウェブサイトで知らなかったことが発覚。
ツナ缶はツナ缶でも、light tunaと書いてあるものは実はカツオ*だったのです。
日本のライトツナもカツオ混じってるらしいですね。知らなかった!

*実は恥ずかしながらbonitoもskipjackも同じカツオだと思っていたのですが、bonitoはハガツオと言ってどちらかというとサバに近く、普通日本で言うカツオ(skipjack tuna)とは違うようです。lost in translationですねぇ...。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2009-04-09 12:47 | 料理 | Comments(2)

中華鍋とデザート

昨日、気温が本格的に暖かくなる前に中華鍋パーティーをしました。昨日は意外と暖かかったので本当は今日の方が鍋日和なんですが。
いつも呼ぶ友達カップルと、彼の職場のフェローGとレジデントJの6人でした。
彼が職場で私が鍋を持っていることを話に出したら、G(中国系)が鍋しよう!!と言ったので計画されたディナーなのです。
J(男性)は面白くて、私たちの最初の出会いは?付き合ったきっかけは?とか根掘り葉掘り聞いてくるので、Dr. Phil とかOprahとか呼ばれていました。
Gは旦那さんが違う都市でフェローシップをしていて、Jも彼女が違う都市にいますが、次のキャリアのステップで両方とも同じ都市に移れるのだそうです。プロフェッショナルには遠距離が付き物ですね。

中華鍋って本格的なものを作ったことがないので何となくにしてしまいましたが、スープを中華だしとガーリックチリソースで辛目に作って、タレは沙茶醤というソースに、甘かったので醤油を足した物で。台湾風では生卵の黄身と混ぜるそうなのですが、いまいちアメリカで生卵を食べる勇気がないので(新しければ多分安全なのですが)卵はパス。
最後はラーメンの麺を入れて。これが美味しかったです!
面倒でいつもなかなかアジア食材店に行かないのですが、こういう機会があるとやっと行く気になります(笑)。

デザートには、チョコレートカップを作ってその中に生クリームと苺を入れて、ホワイトチョコレートを削ってかけた簡単デザート。
チョコレートカップはシリコン製のマフィン型にチョコレートを塗って固めたもので、簡単に「食べられる器」が出来て楽しいです♪

アメリカでは生クリームというと、油断するとCool whipという生クリームではない植物性クリームのホイップされたものが出てきます。個人的にあの合成っぽい味がダメ。そして、ヘアムースみたいな缶に入っていてシュワーっと出すホイップクリームも主流。それは一応生クリームを使ってありますが、生クリーム泡立てるのなんてあんまり手間がかからないのに。と思ってしまいます。私はもっぱら泡立てる派です。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2009-04-06 02:46 | 料理 | Comments(2)

ジョギング

今日は天気が良くなったので少し早めに帰宅して、近所でジョギング☆
まだ空気が冷たいので走るのには最適です。

前からも聞いていたですが、どれくらい走ったかを測るウェブサイトがいくつかあるそうです。
今日のジョギングルートをwww.mapmyrun.com で調べたら、4マイルくらいでした。
坂道が結構あったのでなかなかのペースで走れたと自己満足しています(笑)。

テレビを観ながらのトレッドミルもいいのですが、やっぱり外で走ると気持ちのいいものですね。
この走るのにちょうどいいくらいの気候っていうのはなかなか珍しいので、今のうちに走っておかなくては。

ジョギングから帰ってきたら彼が帰宅していて、「一人で走りに行ったの!ずるい!」と責められてしまいました。
だって待ってたらお腹空いて行く気がしなくなるんですものー。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2009-04-02 11:16 | アメリカ生活 | Comments(2)

私:Ph.D.をとるためアメリカに来て今はアカデミアとスタートアップの境に存在。夫:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。アシスタントプロフェッサー。
by hamakkoinmidwest
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アメリカ生活
同じ屋根の下
国際恋愛
サイエンス/キャリア
自己紹介
料理
彼の仕事関連
結婚未満
ビザ関係
国際結婚
serious stuff
ウェディング関連
アメリカで不妊治療
Outlander(Starz)
未分類

About

生命科学系PhDをとるため日本の大学卒業後アメリカに来て、当時MD/PhDコース中のPhDの方をやっていた彼と出会いました。彼のレジデンシーの間は国内で遠距離をしていましたが、フェローシップでこの都市に戻ってきたので、何年か一緒に住んでから結婚しました。体外受精の末恵まれた娘と3人暮らし。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧