生物学者のアメリカ暮らし。

<   2009年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧




思い出せない

最近、Fail Blog というものの存在を知りました。

わけが分からないもの、とにかくおかしい間違いなどが集められていてかなり笑えます (下ネタも多いのでご注意ください)。

でも日本にも昔こういうの(ヘンな道路標識とか)が集められた本があったような。そしてその名前が思い出せません。
なんだっけー!!!

ああ気になる。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2009-05-30 10:17 | Comments(4)

コンピュータのバックアップ

ハードドライブのバックアップは大事ですよね。

私も彼もMacのノートパソコンを持っています。
バックアップをどうしようと前から言っていたのですが、ついにLeopardにアップグレードして、タイムカプセル(自動バックアップハードドライブ&ワイヤレスラウター)を買うことになりました。

合計$500也。一人あたり$250ですが、共同で買ったのである意味コミットメントですね(笑)

やっぱりアップルってぼったくり?と思いつつも、Mac派な私たちです。

彼のコンピュータからアップグレードしようとしたところ、コンピュータが仮死状態になってしまい、昨日は一日私のコンピュータを通じてタイムカプセルにバックアップしてました。ワイヤが色々繋がっていて「ライフサポートで生き延びてる患者のようだ」と言っていました。

私はあまりこういうの得意じゃないので正直ビビります。こんな私でもブログが書けるなんていい時代になったものです(^ ^;
私のコンピュータは彼のより新しいので、死にそうにならないといいんですが。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2009-05-29 12:14 | 同じ屋根の下 | Comments(0)

Memorial Day Weekend

本来の意味はどうあれ、Memorial Dayの週末といえばGrillingです。
外でチャーコールもしくはガスのグリルで料理するのが大好きなアメリカ人。私もすっかり染まってしまいました。

今日はボストンから訪れていた友達夫婦と、地元の友達とみんなでグリルして外で楽しく食べました。
Grillingといっても、単にホットドッグや牛ひき肉を焼いてホットドッグとハンバーガーを食べるだけのものから、本格的なバーベキューまで様々。
今日は色々取り揃えて、簡単でも美味しいものにしました。場所を提供したのは友達だったのですが、気づいたら私が主に料理担当でした(笑)。

私がGrillingでよく作るのはコールスローのさっぱりバージョン。マヨネーズは入れず、ディジョンマスタードとリンゴをいれるのがポイントです。酸味がきいてさわやかなのでお肉に合うんです。

今回初めて試してみたのが、鶏肉のドラムスティックをあらかじめ圧力鍋で調理しておいて、あとは表面をグリルするだけの状態にしておくこと。骨付きの鶏肉って外側だけ焦げて中は生ということが多いので(招待されたパーティーで見たことあり)結構火加減が難しいんです。下味もついて肉も柔らかくなり、表面を焼くだけで早くし上がって成功でした!

ハンバーガーには飴色たまねぎとブルーチーズをオプショナルで添えて、ちょっとグルメにしてみました。

オリーブオイルとおいしいお酢、塩胡椒でマリネしたズッキーニやパプリカも必須です。グリルした野菜だけでもいいくらい(笑)

でもやっぱり友達とみんなで外で食べるからおいしいんだろうなと思います。シーズンが始まったばかりなのでうれしいです♪
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2009-05-25 13:52 | アメリカ生活 | Comments(2)

両親初対面

私の卒業式で、私の両親と彼の両親の初顔合わせでした。

私は彼の両親とは何度か既に会っていて、彼は私の母には一度だけ会ったことがあるのですが、両親そろっては初めてです。


ちょっとドキドキ。


うちの両親が到着する日に家でディナーをする予定にしていたのですが、私が帰宅するのが少し遅くなった上準備に予想以上に手間がかかり、早速ダイニングルームに両親2セットを置き去りにする羽目になってしまいました(大汗)。

心配になってちらっと様子を見てみると、


父が英語が少々話せるおかげでなんとかコミュニケーションがとれているっぽい!


あと、彼のお父さんもミリタリー時代に日本に駐在していたことがあったので、日本語の単語を少し覚えていて、それも話のタネになっていました。

その後も、私の(つたない)通訳と父の(つたない)英語でなんとか乗り切りました。母は英語勉強しなきゃ!と言うし、私の彼も日本語勉強しなきゃ!と言い出したので、よい刺激になったかと思います(笑)。

両方の両親を喜ばせようとしていろいろ気疲れはしましたが、とてもよい週末になりました。

彼の両親は結婚へのプレッシャーをささやかにかけていたようです...。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2009-05-22 22:31 | 国際恋愛 | Comments(4)

例の有名レストラン

卒業式当日ということもあり、超有名レストランだけにかなり混んでいて、予約がとってあったのに5分遅れで着いたらテーブルがとられていました。

でも気を取り直して、全員バーに座ってバーテンダーとメニューについてQ&A。
普段見かけない食材(rampsとかguancialeとか)が使ってあるので、要質問なんです!

テーブルがとられちゃったことで超有名シェフ自ら謝りに来てくれて、シャンパンを始めいろいろ無料でサービスしてくれました。

アメリカンコンテンポラリーで、どの料理も個性的。
こういう組み合わせがあったのかー!っていうものばかりでした。
私の住んでいるところではレストランで本当においしい物を食べるというのは稀なので感激です。

テーブルにつくのが遅れた以外はサービスも最高だったし、何を食べても超美味というのは久々の経験でした。

会計がモメないよう、彼がmoonlightしたお金で全員分を支払ってくれました。ありがとう♡
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2009-05-21 00:38 | アメリカ生活 | Comments(2)

Commencement & hooding ceremony

今週末、全体の卒業式とhooding ceremonyに出てきました。
ここで卒業式に着るものの話を少し。

ここに細かく載っていますが、あの大げさなローブと帽子、タッセル、フッドをレンタルしました。合成繊維なので非常に暑かったです!

卒業式の服装、regaliaは学部、マスター、ドクターで色々と違いがあり、学位が上になるほど大げさになります。
大学によっても違うかもしれませんが、例えば袖の太さが太くなって横線が入る、フッドの長さと縁取りの厚みが増す、などです。

タッセルとフッドの色は、自分の学位によって決まります。私はPhDなのでロイヤルブルーでした。
MDとPhDと両方とった人の場合、PhDの色になるようですが、式で座る場所はMDの所みたいです。色が混じってました。

教授陣は母校のローブを持っている人もいれば、うちの大学のをレンタルする人もいます。
ローブは高いので絶対教授になるっていう確信がないとなかなか買わないでしょうね。
でも大学によって色やスタイルが違うので見ていて面白いです。

hooding ceremonyは、一人一人名前を呼ばれ、自分の指導教授からhoodを被せてもらい、その後diploma(卒業証書)を受け取る儀式です。指導教官には握手かハグをするのですが、なかなかぎこちないハグになっている人もいました。でも私のは自然だったよと言われました(笑)。

親も感激していたので、出た甲斐があったと思います☆

例のレストランと、両親初対面の話は近々アップします♪
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2009-05-19 03:06 | サイエンス/キャリア | Comments(8)

アイブロウペンシル

アメリカで未だに見つけられないもの、それは黒に近い茶色のアイブロウペンシルです。

私の髪の毛、カラーはしてないのですがなぜか茶色みを帯びてきたので真っ黒ではなく、眉毛も茶色みがかった黒にしないと浮くのです。

コスメは基本的に安くすませてしまっているのでそれが原因なのかもしれませんが、真っ黒か、ダークブラウンって書いてあってもかなり赤みのある茶色しか見つけられないんです。
今日本から買ってきたのを切らしてしまったので、もうすぐ来る母に頼んでしまいました..。

今はどうしているかというと、茶色のと黒のを眉毛用のブラシで混ぜてます(爆)。

このブランドならあるよーっていうのがありましたら是非教えていただきたいです!
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2009-05-13 06:02 | アメリカ生活 | Comments(9)

有名レストラン

前からずっと行ってみたかったレストランがあります。

シェフが超有名で、「グルメ業界のアカデミー賞」と呼ばれる James Beard Awardにノミネートされたこともある人です。

このレストランがもっと大都市にあればさらに高いのでしょうが、さすがに有名レストランです。院生のお給料ではちょっと高嶺の花でした。

でも!

今月は私の卒業式があるので、両親が日本から来ることになり、さらに彼のご両親まで来てくれることになり、これはせっかくの機会だから大奮発!!で恐る恐る予約をしてみました。卒業式の多い週末なので混んでいたのですが、奇跡的に予約が取れました。

すっごく楽しみ〜〜♪
卒業式は二の次くらいに楽しみにしています(笑)

こちらの院だと、少なくとも私の身の周りでは、thesis defenseの際に親も呼んでお祝いをしてしまって、式には出ない人が多いのですが、それはほとんどが院を卒業したら違う州や国に引っ越してしまうというのが主な理由でしょう。
私はまだ学内なので、ローブのレンタルも便利(笑)。

しかし、彼の両親も来られると思っていなかったので予想外に彼の両親と私の両親の初の対面となります。

「ついでに結婚式はしないのよね?」と母が聞いてきました。

ついでにって。母。
今回は卒業式だけです(汗)。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2009-05-08 10:48 | アメリカ生活 | Comments(4)

Whole wheat pita

全粒粉を使ったピタパンのレシピです。フライパンで作るレシピなのですが、こつをつかめば100%膨らんで楽しいです♪
生地の表面に小さな穴が開いてしまうと水蒸気がそこから逃げてしまい膨らみません。でも膨らまなかった場合はナイフで切り込みを入れて無理矢理ポケットを作ってもおいしく頂けます(笑)

分量(アメリカのカップです)
1 1/2 cups whole wheat flour
1 1/2 cup bread flour, divided
1 1/2 teaspoons active dry yeast
scant 1 teaspoon Kosher salt
1 1/2 teaspoons sugar

1 cup +2 tablespoons water
1 tablespoon olive oil

bread flourは1/2カップ分を横に分けておき、水とオイル以外の材料を全部混ぜます。そこに水とオリーブオイルを加え、木べらでまとまるまで混ぜます。
分けておいたbread flourを少しずつ加えながら手で生地を捏ねます。べたつかなくなるまで粉を加えながら捏ね、ひとまとめにします。残った粉は打ち粉に使いましょう。

弾力が出て滑らかになってきたら丸めた生地の表面に薄くオリーブオイルを塗り、オリーブオイルを薄く塗ったボウルに入れます。ふたかぬれ布巾などをかぶせ、2倍くらいに膨らむまで待ちます。急ぐ時は暖かいところで。低温でじっくり発酵すると風味が増します。

ガス抜きをして、切れのいいナイフなどで8等分します。生地を捏ねながら丸くまとめ、乾かないように濡れ布巾を被せて15分ほどねかせます。

生地に打ち粉をして綿棒でのばします。一つ伸ばし始めたら次のを伸ばし始めて、また最初のに戻る、というように伸ばすとうまく伸ばすことができます。生地が乾かないように常に濡れ布巾でカバーしておきます。
打ち粉がしっかりしてあれば伸ばした生地を重ねてもくっつきません。ここでまた10分ほど寝かせます。
待っている間に、ノンスティックのフライパンを中火に熱しておきます。

準備ができたら、生地を一枚熱したフライパンに置きます。火加減にもよりますが、最初に置いた面が乾いたらすぐひっくり返します。30秒くらい?小さい気泡が膨らんできたら、はじけないうちにひっくり返さないと膨らみません。要するに両面を焼き固めることによって水蒸気の逃げ場がなくなり、膨らむようです(勝手に推測)。
しばらく待つと膨らんでくるはずです。ここでもう一度ひっくり返しても。膨らむと風船のようですが、冷ますとしぼみます。

焼きたてを、hummusやfeta cheese と一緒にどうぞ♪

残った分は半分に切って個別にラップに包んで冷凍しておくと、ランチに持っていくときに便利です。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2009-05-04 07:28 | 料理 | Comments(5)

flu

新型H1N1インフルエンザ、大変な騒ぎになっていますね。

私は感染症が専門なところに所属していたので、今回の騒動で知ってる人がインタビューされてたり、CDCに勤めてる子が文句を言ってたりと、結構身近に感じています。

かからないようにしたいのは誰でも同じだと思いますが、今回のパニックさにはちょっと閉口です。

私の職場の知り合いは、「娘がfluじゃないかと心配で、病院に連れて行く!」というので、高熱はあるかと聞いたら、ないけど咳は出てる!というので、「多分普通の風邪だよ...。」と言いましたが聞きません。
結局娘さん本人が「大丈夫、そんなに大したことない」と言ったので行かなかったそうですが(笑)
こういう人たちがクリニックに押し寄せてパンク状態になっている所もあるそうですし、医師たちには州から「タミフルは患者じゃない人に要求されても処方しないように」とお知らせが来ているそうです。
心配だから常備しておこうという人がいるんですねぇー。何も、かかったらすぐ死ぬ病気じゃないのに..。

当のメキシコはなんだか対応が遅れたっぽいですね。
ラテン系ってのんびりしてるからそれほどパニックにもなってないみたいですし。

今回のウィルスは、豚、鳥、ヒト型、さらに違う大陸由来のバックグラウンドが複雑にハイブリッドした新型ですが、病原性自体はそれほど強くなさそうです。豚インフルエンザと発表してしまったのがちょっと間違いで、いえ、間違いではないんですが、豚が感染源というわけではなさそうなので、豚肉産業がとばっちりを食っている状況です。中西部には豚肉産業が多いので、そのうちこれ関連でローカルなニュースが出てきそうです。

新型だから耐性がないというのは合ってますが、ワクチンがまだないという理由でパニックになるのはちょっと疑問。ワクチンで普通のインフルエンザが防げるかというと、実は100%じゃないんですよね。RNAウィルスはすごい早さで変異するので、「今年はこういうのが来るかも」という予想でワクチンを作っているわけで、天気予報みたいに当たらないこともあります。

早く下火になってくれないかなぁ...。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2009-05-02 11:58 | アメリカ生活 | Comments(3)

私:Ph.D.をとるためアメリカに来て今はアカデミアとスタートアップの境に存在。夫:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。アシスタントプロフェッサー。
by hamakkoinmidwest
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アメリカ生活
同じ屋根の下
国際恋愛
サイエンス/キャリア
自己紹介
料理
彼の仕事関連
結婚未満
ビザ関係
国際結婚
serious stuff
ウェディング関連
アメリカで不妊治療
Outlander(Starz)
未分類

About

生命科学系PhDをとるため日本の大学卒業後アメリカに来て、当時MD/PhDコース中のPhDの方をやっていた彼と出会いました。彼のレジデンシーの間は国内で遠距離をしていましたが、フェローシップでこの都市に戻ってきたので、何年か一緒に住んでから結婚しました。体外受精の末恵まれた娘と3人暮らし。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧