私:Ph.D.をとるためアメリカに来て、今はポスドク中。 彼:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。週一でクリニックをしながらポスドク中。


by hamakkoinmidwest

<   2009年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

彼の実家でのクリスマス

彼の実家で1週間ほどクリスマス休暇を過ごし、現実に戻ってきました。
彼は南部出身なので、つかの間の暖かさを満喫して参りました。外で半袖でジョギングができる気温でした〜。

彼の家族のほとんどには以前会ったことがあるので、初めて会ったのは彼の甥っ子とその父親だけでした。彼の姉#2は、子供ができた直後に夫が浮気をして出て行ってしまい、しばらく離婚寸前かと思っていたら夫が帰ってきて普通に生活しているという妙なカップルです。当然その姉の夫は彼の家族によく思われていません。観察してても、子供のためにいっしょにいるだけかなーっていうかんじ。
姉#1の旦那さんは仕事が忙しくて来られなかったので今回は会いませんでした。彼はいい人らしいのですが手っ取り早いお金儲けにしか関心のない人で、よくビジネスを始めては失敗しているそうでこの点また家族によく思われていません(爆

というわけで、比較するレベルが低いので私はなんとか大丈夫そうです(笑

しかし、大問題が一つ。

私はキリスト教徒ではない!

彼も形だけキリスト教徒で無宗教に近いですが、彼の両親は毎週教会に行きます。クリスマスイブの深夜のサービスには彼のお母さんを喜ばせるために一緒に教会に行ってきましたが、これがまた居心地が悪かったです。彼にとっては多分日本人が初詣に行くかんじだったんだろうと想像していますが。
彼の姉たちは両親の行く教会で結婚式を挙げたので、多分彼の結婚式も、と思われているかも。

どうしよう(汗

こうなったら、なかなか結婚しないので式はどういうのでもいいから結婚してさえくれればいい、という状況に持ち込むしか手がないかもしれません。って時間的に自然にそうなりそう(苦笑
今回は宗教の話になるのは免れましたが、今後出てくる可能性も。ちょっとした悩みの種です。

おまけ:
休暇中に彼と見た、Up in the air というジョージクルーニーの映画、個人的にとても良かったです。彼もとても気に入っていました。commitment phobicな男性には是非見てほしい映画です。
[PR]
by hamakkoinmidwest | 2009-12-31 03:11 | 国際恋愛

クリスマスカード

彼は今、ボスが行かないといけないミーティングに連れて行かれたので、家にいません(結構政治的に難しいミーティングなので行きたくなかったのに嫌々行かされたってかんじ)。

彼の留守中にクリスマスカードが何通か届きました。
彼の友達と親戚からです。

よく見たら宛名が私の名前と連名になってる!

ちょっとうれしくなっちゃいました。

が、直ちに思ったのが彼は筆まめじゃないのでカードなんて送ってないはず。
ということは...私が出すべき!?

まだ結婚してないからいいってことにしてもらいます(汗)
[PR]
by hamakkoinmidwest | 2009-12-18 03:40 | 同じ屋根の下
こんな記事があったので、読んでみました。

内容は大雑把にこんなかんじです。

1. 事前にお金の話をしてルールを決めること

どの費用を共同費用とするか
誰が期限内に支払いをするか
共同費用のために共同の予算を設定するかどうか
予定外の費用の対策はどうするか

などを決めておく。

2. 共同予算のための銀行口座を開く

共同費用は50/50に分けるか、サラリーに基づいて分けるかという選択がある。
例えばあなたが月$2000、パートナーが月$3000稼いだとすると、共同費用を半分ずつ払うというのはフェアだろうか?
(省略してしまいましたがサラリーが同じくらいでない場合どういうふうに負担費用を分けるかとかいてあります。)

3. 別々にするものは別々に

個人の当座預金口座と普通預金口座はそのまま別々にしておくこと。
お金の使い方が全く違う場合別れる原因にもなりかねない。
自分のクレジットカードは一つは持っていること。

-------
1はまぁ、分かります。話し合いは必要ですよねぇ。
2ですが、同棲の段階で共同予算の口座はちょっとどうかと思います。余計にややこしくなる気が。
3は当たり前でしょ、と突っ込みたくなりました。結婚しているカップルでも個人の口座は別々にしてあって、共同の口座を作っているという人も多いです。例えば片方がスタバでコーヒーを買ったりしてももう片方がイライラしないで済むそうなので(笑
全部共同っていうのは考えられないけど、専業主婦だったらそうですもんねぇ。

私たちの場合、彼の稼ぎの方が多いですが彼の家関連による多大な出費のため、家賃、光熱費、下水道などはきっかり半分ずつにしています。
食費は私が買い出しに行くことが多いので、私がほぼ払っていて(家計簿つけてます)、外食は彼が払うのとたまにまとめ買いするときは彼が払っています。
後は全て別々です。付き合ってる人とじゃなく単にルームメイトだったら稼ぎに関係なく半分ずつだと思うんですけど(部屋の大きさやバスルームなど違う場合は別として)。

もちろん、二人で使う物を一緒に買うこともあります。コミットメント的には来年のCSA(community supported agriculture;農家から野菜を買う半年間の契約です)のハーフシェアを頼むことにしたので、別れられません(笑
結婚するとしても、お金の使い方は貯金なんかを除けばそんなに変わらない気がします。

他の方々はどうやって分けてるんでしょうか?ちょっと気になってきました。
[PR]
by hamakkoinmidwest | 2009-12-12 09:13 | 同じ屋根の下

結婚未満生活

先日出たニューヨークタイムス紙の長〜い記事、Married (Happily) With Issues; 問題ありの(幸せな)結婚 を読んでみました。

著者とその夫は両方ともフリーランスの作家で、娘が二人いて、そこそこ幸せな生活をしているけれども、結婚生活をより良くしようとする話です。

他人の結婚生活について知ることって結構勉強になります。
今の彼との生活では、結婚しているのと似たような状態であり、でも結婚というものを客観的に観られる、という利点があります。

例えば彼の機嫌が悪いとき、毎回私は傷つくのですが、私の彼の扱い方がうまくなってきたのと、彼も自分の非を認めるようになってきたので、確実に進歩がみられます。
これを「結婚している」という「逃げられない」状態で初めて経験していたとすると、やばい、これはなんとかしないと、と焦るかもしれません。今の状態では、のんびりとらえることができます。

さらに、彼のフェローシップのうちの研究期間が始まり、サイエンスモードに入ると彼がどうなるかというのも今観察することができます(週末などの暇な時間には必ず仕事をしている、など、彼が本職を得るとどうなるか想像がつきやすいです)。
正直なところ、こういうことを知り尽くしてから結婚した方がなんとなく安心です。

想像がつきにくいところは、やはり子供のこと。
例の記事でも筆者が子供中心になってしまうことにより、夫の重要度が下がってしまう、という問題が出ていました。

私たちは少しずつ子供の話もしています。結婚の話はほとんど出さないのに妙です。
今年のクリスマスは初めて彼の実家で過ごすので、さらに家族に深入りです。どきどき。
[PR]
by hamakkoinmidwest | 2009-12-09 08:51 | 国際恋愛
注)激安というのはフォトショップのようなソフトウェアを既に持っていることが前提です(^^;

こういう手があったのに今まで気づきませんでした。これからはこうしようと思います。。

1)白い壁を背景にして誰かに写真を撮ってもらう。
2)フォトショップで肩が入るくらいに余裕をもって顔の周りを正方形にクロップして、イメージサイズのところで2x2インチ、530ピクセルに設定する。顔のサイズが1インチ以上、1インチ3/8以内であることを確認。
3)新しいフォトショップファイルを4x6インチの写真用につくる。顔写真をコピー&ペースト(2つ入る)。レイヤーを全てマージする。
4)近所のドラッグストアのウェブサイトにアップロードして、プリントしてもらう。(1枚19¢)

これなら日本用のもできたのにー。
[PR]
by hamakkoinmidwest | 2009-12-04 07:12 | アメリカ生活