生物学者のアメリカ暮らし。

<   2011年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧




東北地方太平洋沖地震

地震発生時、私はもうインターネットから離れていて、何が起きていたのか全く知らずに朝起きてから知りました。
寝る前に知っていたら心配で眠れなかったでしょう。

私が起きる前に、父と親友が「地震すごいけどこちらは無事です」というメッセージを入れていてくれたので、ニュースの恐ろしいヘッドラインを見て焦って連絡をとろうとしなくて良かったのは幸いでした。
こちらのニュースもどこも未だトップニュースが日本の地震です。

その日はものすごい数の人から家族は大丈夫かと聞かれました。彼のところにも、私の家族の安否を気遣った人たちからの問い合わせで電話が鳴りまくっていたそうです。

以来インターネットに釘付けになっていても何もしてあげられないので、せめて義援金を送りました。

日本の義援金サイトは海外在住者には向いていなさそうなので、アメリカから募金できるサイトの中でどれがいいのか色々調べて結局Japan Societyから。

そして、日本人在住者の間で、募金集めの為何かしらセールをしようという話になっています。
自分たちでできることは小さなことですが、少しでも助けになれば。
海外から送れるのは今のところお金だけですよね...。
原発がものすごく心配ですが、どうにか最悪の事態は避けて回復に向かってほしいです。

どうしてもKatrinaの時と比べてしまうのですが、ちゃんと列にならんで待ったり、殴り合い奪い合いがなかったりするところ、日本人として誇りに思います。
少しでも多くの方が救出されるよう、早く国民の生活が元通りになるよう、祈っています。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2011-03-15 06:40 | Comments(5)

私:Ph.D.をとるためアメリカに来て今はアカデミアとスタートアップの境に存在。夫:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。アシスタントプロフェッサー。
by hamakkoinmidwest
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アメリカ生活
同じ屋根の下
国際恋愛
サイエンス/キャリア
自己紹介
料理
彼の仕事関連
結婚未満
ビザ関係
国際結婚
serious stuff
ウェディング関連
アメリカで不妊治療
Outlander(Starz)
未分類

About

生命科学系PhDをとるため日本の大学卒業後アメリカに来て、当時MD/PhDコース中のPhDの方をやっていた彼と出会いました。彼のレジデンシーの間は国内で遠距離をしていましたが、フェローシップでこの都市に戻ってきたので、何年か一緒に住んでから結婚しました。体外受精の末恵まれた娘と3人暮らし。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧