私:Ph.D.をとるためアメリカに来て、今はポスドク中。 彼:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。週一でクリニックをしながらポスドク中。


by hamakkoinmidwest

<   2011年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ポスドクサラリー

友人L一家のバケーションに、Lの親しい男友達二人(友人Kと、私の彼)プラス私が呼ばれてプチバケーションに行ってきました。

諸事情により彼と別々のフライトだったので、行きの便に隣に座った男性と喋ったのですが、


男性: 「大学生?」

私: 「いえ、大学院修了してます。」(せっかくちゃんとメイクしてちゃんとした格好してたのに!効果無し!)

男性: 「何の学位?」

私: 「ライフサイエンス系のPh.D.です」

男性: 「それってどれくらいの期間かかるの?」

私: 「私は5年半かかったけど人によってまちまちです。」

男性: 「ワイフは大学卒業するのに10年くらいかかったよ!途中子育てしたしねー」「Ph.D.って高収入なんでしょ?」

私: 「え...全然。院生の給料より少しマシくらい。」(喧嘩売ってんの!)

男性「俺は60kくらいでワイフは70kくらいだよ」(←聞いてないってのに。)

(ココロのサケビ:あんたの給料より全然低いさ!悪かったね!)

私「一応ポスドトクトラルトレーニングって言って、トレーニング期間だから低所得!苦笑!」

....悪気はなかったのでしょうが凹みます。

私の彼はメディカルインストラクターに昇格したので給料が私の2倍くらいになりましたが、ポスドクでもある身なので、メディカル側の同業者に比べたらかなり悲しいサラリーです。

さて、友人Lは私の彼のMD/PhDプログラムの先輩。当時彼のお向かいに住んでいたこともあり、家族ぐるみで仲がいいのですが、2年ほど前に違う州に引っ越してしまい、今回Lが学会でリゾート地に行くことになったのと、Lの誕生日が近かったので兼ねてパーティー!ということになりました。

L一家は
L(MD/Ph.D):neurointerventional radiologist
Lの妻(MD):pediatric critical care/cardiologist
Lの妻の妹(MBA*):ビジネスコンサルタント
Lの姉**(MD/Ph.D):某大手バイオテク企業の臨床実験ディレクター
Lの姉のパートナー(MD/Ph.D):上記と同じような仕事

   *しかもハーバード
   **以前彼を引き抜こうとした人です。


...とかいう、恐ろしくsuccessfulな人たちの集まりです。

数日間彼らと過ごして、私たちは彼らみたいに稼ぐことは一生ないけれど、今よりいいところに住みたいとか、それなりに収入のある仕事がしたいとか思ってしまいました。彼と二人で、次に引っ越すところは...とブレインストーミングしてます。

本職欲しい〜〜!
[PR]
by hamakkoinmidwest | 2011-07-29 04:59 | サイエンス/キャリア

仕事の愚痴

私のポスドク環境は相変わらず最悪です。プロジェクトの歩みが遅くて、テクニシャンは相変わらずうざい(&匂う)し、家族を四六時中職場に連れてきます。子供達(一番上が大学生!)、家族外の世界に触れることがないのではないかというくらい。彼女もそんな感じですけど。
やたら週末に家族で来るので本当に嫌で、私、週末はほぼ仕事をしないポスドクになってしまいました。
他にラボのメンバーがいないってキツいです。

一方、彼はよくニュースやラジオのインタビュー依頼の来る全米でもかなり有名なラボにいます。
彼がラボに入った時、あるポスドクが数年前にスタートしたプロジェクトの、角度を変えたものが彼のプロジェクトとなりました。(私の元分野で例えて言うと、一人は病原菌のある病原因子を研究して、もう一人はその病原菌因子に対するほ乳類の免疫反応の研究をする、ってところです)

最初のうちは普通に一緒に仕事をしていたのですが、しばらくすると彼女が彼に対して敵対心を見せるようになり、ボスの前で泣き出したり情緒不安になってきたそう。
最近は完全に無視してくるそうで、コラボのプロジェクトには最悪の状況です。
しかも、彼が一度行った実験でかなり大きな発見があったのですが、それを彼女が即再実験して、今では彼女が見つけた、というのをラボメンバーに何度も言っているらしいのです。
さらに彼のデータを発表で使うにも関わらず、プレゼンの最後で皆にacknowledgementをするときも、わざと彼の名前だけ外す!
プロフェッショナリズム皆無。
いい大人なのに幼稚なことするもんですね。

さらに、ある実験を彼女が一度始めて、データ処理のところで躓いてあっさりやめたことがあって、その実験は彼にも必要なので彼が始めようとしていると、それを間接的に聞いた彼女は突然その実験を始めて、自分ではデータ処理ができないのでそれに詳しいポスドクを味方に付けて一緒にやろうとしている(私の彼はデータ処理も自分でできるのですが)。
要するに、私の彼と共同実験すれば解決する話なのですが、断固として彼には頼らないで仕事しようとしてるのです。

感じ悪〜い。そんなわけで職場のストレスが溜まっている彼でした。私も違う意味でストレス溜まってますけど!
早く両方とも現在の仕事は終了になって新職場を探せればいいんですけどねー
まだ2、3年ほどかかりそうです(;_;
[PR]
by hamakkoinmidwest | 2011-07-22 01:23 | 彼の仕事関連
私たちは、私の元クラスメイトである女友達とそのsignificant others(小さい赤ちゃんのいる夫婦と、秋に結婚するカップル)の3組で、月1くらいで一緒にディナーをしています。

子持ちの方はママがモデル体型で、顔もかわいくて旦那さんもハンサム、というどう考えてもかわいい子供ができるカップルなのですが、赤ちゃんは予想を裏切らずかわゆいのです。ベビー服モデルとかより可愛い!

2ヶ月くらい前、乳歯が生え始めてむずがゆそうだったのでつい、人気のteethingおもちゃを買い与えてしまったくらいメロメロのおばバカな私です。

しかし、最近その子に卵アレルギーがあることが発覚してちょっとショック。

友達は離乳食を全て手作りしてきたし、与えた卵もその子の友達が自宅で飼っている鶏の産みたて卵だったので、食品添加物やら抗生物質やらがどうのというわけではなくストレートに卵アレルギーみたいです。

私の彼は専門医なので、

「ねぇねぇ卵アレルギーって大きくなったらなくなるもの?」

と聞くと、医者用サイトで10歳までに53%が、16歳までには82%が卵アレルギーを克服するという最近のデータを調べてくれました。

そういえば彼のco-fellow(アレルギー免疫科医)の息子も卵アレルギーで、2番目が生まれた時に差し入れを作って持って行った時に卵無しバージョンを作ったのでした。
思い出したら2年くらい前のことなんですねぇー。下の子元気かな。

友達の赤ちゃんの1歳の誕生日はもうすぐなため、ケーキが問題です!(そこまで考える私っておばバカ)

というわけで試作してみました、

*卵無し チョコレートアボカドケーキ*

このレシピをまず作ってみたのですが、やっぱり風味が足りない感じ。

友達の赤ちゃんは乳製品は大丈夫らしいので卵なし、乳製品入りバージョンにしてみました。
ココアはカフェインがあるので、少量なら大丈夫だとは思うのですが調べてみたらやっぱり1歳以下にはあげないほうがいいらしいとのことなので、キャロブパウダーを使ってみました。
油の代わりにバター、水の代わりに牛乳とヨーグルトを使って風味とコクをプラス。ヨーグルトを加えた代わりにホワイトビネガーは半分に減らしました。
と、ここまでするとバターミルクにすればよかった。と今思います(笑

作り方も少々変えて、普通のケーキを作る時のようにバター(+アボカド)と砂糖をホイップした所に、粉類とミルク+ヨーグルトを1/3ずつ交互に加え、粉類はふり入れました(アメリカのレシピは粉類をふるわないのが多いんですが、一回目の試作でダマになりそうだったので)。
ホイップクリームでデコレーションして、真ん中にバナナを挟みました。

その卵なしケーキ、昨日のディナーに持って行ったら、超ヒットでした♪
赤ちゃんも美味しそうに食べてました。嬉しい(^ ^
[PR]
by hamakkoinmidwest | 2011-07-19 01:37 | 料理
またウェディングモードに戻らせていただきます。他に書くネタがあまりないので...(^ ^;

彼とbridesmaids(*)とgroomsmen(**)をどうするかを少々話し合った結果、3人ずつということになりそうです。

今年の初夏にリリースされたコメディー映画のタイトルがそのままBridesmaidsなので、日本でも知名度が上がったかもしれませんね。トレイラーはこちら
私はまだ見てないのですが、かなり笑えそうな映画です。

* ブライズメイドとはアメリカの典型的なウェディングの写真で見るみんな同じドレスを着てるブライドの介添えみたいなもので、親友や姉妹などごく近い関係の女性陣で構成されています。昔は結婚適齢期の未婚女性のみだったらしいですが、今はいろいろです。リーダーとなるのがMaid of Honor (既婚者はMatron of Honor)であり、ブライダルシャワー(***)やBachelorette party(****)を企画するのは普通MoHです。

**グルームズメンはその男性バージョンみたいなもので、リーダーとなるのがBest Man。バチェラーパーティー(****)を計画するのはこの人たちです。

***ブライダルシャワーとは、ウェディングの前に行われるパーティーで、普通女だけ(たまに男性も来てもOKというのもありますが)。ギフトが中心。ウェディング自体にもギフトがあるため、このパーティーはあまり理解できず...。ベイビーシャワーはその点わかりますけどね。

****bachelor party & bachelorette partyとは、独身最後の機会を皆で楽しもうということで、単に飲みに行くだけとか好きなイベントに行く、というおとなしいものからアダルトエンターテイメント度がアップしたものまで色々です。
私が行ったことのあるbachelorette partyは単にパブのハシゴで、最後の方はみんなで踊りまくってましたが、男性ストリッパーとかはなかったです(笑。

と、これだけで説明の嵐になってしまいましたが、要するにウェディング関連のイベントが沢山あるのです(^ ^;

でも、私たちは

1)良い歳こいている 
2)友達の国内および世界分布が広い為、いちいち集めるなんて不可能 
3)私が元々それらの関連イベントにあまり興味が無い

というわけで、なるべく関連パーティー系を避けようとしております。
彼は、バチェラーパーティーの代わりに現地で友達と釣りに出かけたいんだそうです(^ ^

私と彼は付き合い始めてからが長い為、共通にとても仲良くしているコアな友達がいます。彼との遠距離恋愛中、つまり彼が違う都市に住んでいた2年間もその友達とよく一緒に遊んだので、彼の友達でもあり私の友達でもあるというかんじ。独身男性一人、独身女性一人、既婚女性一人です(彼女の旦那さんはすごいアンチソーシャルなので、一度くらいしか会ったことがありません...)。そのうち一人は他州、二人はたまたま同じ国に就職したため、私たちの式の頃には二人ともその国に住んでいる予定です。

そのコアフレンズのうち女性二人には私のBMになってもらい、私の院生時代一番仲の良かった友達を一人足して3人。
彼のGMはその共通の友達と、院生時代の友達と高校時代の友達、で3人。
で、私の日本の親友は来れないし、彼は3人の中からベストマンは選べないというので、メイドオブオナーとベストマンはなしです。
そして、皆マッチしたドレス&服装をするのが普通なのですが、手持ちのドレスでもいいし、どうせ買うならまた着れるようなドレスを買ってほしいので、ブライズメイドのドレスもなし。3人とも知り合いなので、相談して色がぶつからないようにしてくれればそれでいいです。

...という予定です。今のところ。

ちなみに私も使っているオンラインファイナンスツール、Mint.comのブログに、ブライズメイドになったらかかるお金が載ってました。
全米平均1695ドルだそうです。ひぇ〜〜。
っていうかエンゲージメントギフトとかまでありにするのはちょっとどうなのよと思いますけどね。
私の友達は、彼氏のお金持ちな友達がエンゲージメントパーティーをニューポート(ケネディーマンションのあるところ)の豪華マンションで開いて、それに出席するのにお金が尽きたとこぼしていました。

今月末、友達のブライダルシャワーに出席して来るので、書くネタができるかもしれません。
[PR]
by hamakkoinmidwest | 2011-07-10 12:45 | ウェディング関連

犬の皮膚病治療中

ウェディング話ばかりだったのでちょっと違ったトピックを...。

うちのわんこ(GSD♂、10歳)、毎年夏になると大量にフケが出るようになってしまいました。
加えて手足にも感染が。
前と同じ感染症だろうと思い獣医さんに行くと、やっぱりマラセチア感染でした。
人間のフケの原因の真菌と同じです。
しかも二次感染で細菌感染も起こしてるとのこと。

というわけで、抗真菌剤、抗生物質、ステロイドの同時投与中です(;_;
これまで彼がやってきたのが薬にピーナツバターを塗り、それをスライスチーズで包む、というやり方。
でもうちのわんこ、それが薬と分かってしまい、かなーり消極的です。

そこで。

私が考えた方法は、犬用おやつをフードプロセッサーで粉状にして、それにオートミールと水を混ぜ、レンジで加熱。冷ましてからその粘土状になったもので薬をおにぎり状に包むという方法。

今のところうまく行ってます。フフ。

おにぎり方法は、形を変えて薬を見た目で区別できるのも◎です。

かれこれ1週間くらい経ちますが、良くなって来たみたいで良かった良かった。

獣医さんが食べ物アレルギーの可能性もあると言っていたけれど、痒みはほぼ治まって来たみたいなのでほっとしてます。

元々は彼の犬ですが、今は2人と1匹で家族って感じです。
元気で長生きしてほしいなぁ。
[PR]
by hamakkoinmidwest | 2011-07-08 02:13 | アメリカ生活

以前書いた通り、彼がプロポーズした時のエンゲージメントリングはサプライズの為サイズも違うし、プラチナにしたかったし、私の好きなデザインにしようとした、というわけで、しばらく「仮指輪」をつけていた私ですが、やっと本指輪のセッティングが完成しました。

デザイナーさんが私と話し合ってデザインを決め、ワックス型を彫り、それを試着というか見てみて(ワックス型はもろいのと、磨く時に内側が削れる分を考慮して実際の指輪より微妙に小さく作ってあるので、しっかりはめられないのだそうです)、気に入ったら、好みの金属をキャストし、ダイヤモンドをセットするという流れ。

プラチナがキャストされて磨く前の粗い指輪が出来上がった時点で電話が来て、今日石を持ってきてくれれば今日中に出来ます。と言われたので、その日にセッティング分のお支払い(←彼)。仮指輪を渡し、どれくらいの高さにセットしますかと聞かれたので、低めかつダイヤモンド自体が見えるような高さにしてもらいました。いろいろな点で違いますがイメージとしてはこんなかんじです。
やっぱりカスタムリングは高いけど、すごーくキレイで彼と二人でよく見とれています(笑)。

この秋に結婚する友達とよくウェディング話をしているのですが、彼女も色々出費が重なって自分の結婚指輪いらないかもとか思い始めたそうです。私も、これだけソロで着けててもかなりゴージャスな婚約指輪があるので、これで結婚してもよくないか?と思い始めたところでした。新郎の指輪を買うだけで済まそうというわけです。
それもありかも。もう何でもありなウェディングになりそうです。
[PR]
by hamakkoinmidwest | 2011-07-04 08:50 | ウェディング関連