生物学者のアメリカ暮らし。

<   2011年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧




サイエンスと仕事の量

少し前に出たNatureの記事で、批判コメントが多数集まったものがあります。
それがこれ

ジョンズホプキンス大学で患者の手術をし、患者から採ったサンプルを使って実験しているという医師&研究者のDr.Qの日常をドキュメントしたものです。
問題なのは、こんなすごい人もいるんだよ、という例を書いたつもりらしいのですが、こういうwork ethicで寝る間も食べる間も惜しんで仕事、という生活スタイルは現実的に家族を持っている/持ちたい若い科学者には無理なこと。
家族や個人的生活スタイルを尊重しないボスだから、ポスドクや院生も金曜の夜10時過ぎまで続くラボミーティングに出席しないといけないし、クリスマスもお正月も働くのが当たり前、みたいなラボ環境なのだそうで。

日本のラボの環境からしたら大して変わらないかも、と思ってしまいましたが(私は日本の院に行かなかったので定かではありませんが、大学4年生の卒業研究では10時まで実験とかも普通でした)、長時間職場にいることは必ずしもプロダクティビティーに繋がらないのは確かです。
私は日本でも女性ボス(高齢)、大学院でも女性ボス(40代、小さい子2人)だったのですが、日本ボスの方は娘が一人いて(その人も女性研究者で結構有名な人ですが(笑)おばあさまが育てたようなものだったそうです。
院のボスは基本的に8時半〜5時半で、たまに週末に来たり、クリスマスに仕事に来たりしてました(ユダヤ人なのでユダヤ教の休日は来ませんが)。
ラボ/ボスによって相当違いますが、私がアメリカの研究環境で好きなのは、結果が出せさえすればいつ働こうがどれくらい長く働こうが関係がないところです。
院生時代はとにかく実験も何も効率が悪かったので、がむしゃらに長時間働いていましたが、ポスドクになってからラボが嫌いな為かなりサボり気味です(汗。
次のラボに移ったらもうちょっと働かないと、です!

Dr.Qの奥さんが何をしてるのか分かりませんが、子供が3人いるところからして、もし仕事があったとしても短時間ですむか、家からできる仕事ではないでしょうか。それに、チャイルドケアを雇うだけのお金があったとしても、父親がこれほど子供と会わないで、母親までいなかったら子供がかわいそうですよね。で、専業主婦だったと仮定して、子育ても家事も全部奥さんがやってると仮定して、仕事ばかりで帰って来ない旦那、ってなんだか日本に見られる光景...。今はあまりそういうのないんでしょうか?
アメリカ人またはアメリカナイズされた妻だったらこういう状況は許容できないのでほとんどあり得ないと思います。

私の彼も本当は外科が一番楽しかったらしいのですが、研究第一にしたいので内科にしたのでした(あと朝が弱い(笑)。
さすがに外科で研究もしようとするとむちゃくちゃな忙しさになるでしょうね。
彼の今のボスはかなり有名人で忙しい人ですが、自分がオフィスにいる時間帯(9時から6時ぐらい)にラボのメンバーがラボにいるかどうかチェックするんです(- -; 感じ悪い...。
最近そのボスに突然解雇宣言された男性ポスドクは、子供と一緒にいる時間を増やすため早めに仕事に来て、テキパキ終わらせて5時とか5時半に帰宅するのですが、それも一因なのかも、と私の彼は相当ショックを受けてました。嫌いな人も結構いるラボで特に仲良くしていた人だったし。
午後にコーヒータイムとかしてくつろいでる独身ポスドク達と比べてプロダクティビティーもそんなに変わらないと思うのに。
私の彼はというと、9時頃仕事をはじめて8時頃帰ってきます。9時近い日も結構あるかな...。たまに朝3時とかいう酷い日もありますが、毎日そんなんだったら絶対続きません。
他のメンバーが話しかけてきたりして日中あまり集中できないので皆が帰ってからの方が全然片付くのだそう。

私と彼が本職をゲットできたとして、子供ができたら時間のやりくりがホントに大変になりそうです。
私の身の回りでは夫婦供にキャリアがある人ばかりなので、子供のいる友達夫婦とか見ていてもよくこなしてるな〜と思います。
私の次のラボのボスは、私の彼より若い、2歳児の父。医者ではないので臨床の義務はないですが、成功している若いボスの手本として色々学べることがありそうです。

まとまりなくだらだら書いてしまいましたがちゃんと編集する時間がありません!失礼しまーす
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2011-09-23 07:52 | サイエンス/キャリア | Comments(0)

彼パパ、手術成功


前回の続きです。

結局、彼パパの診断を彼の姉が詳しく聞きに行ったところ、やっぱり手術は必要かもしれない、と皆納得したので(例の「血液が流れ込んでいる」発言の謎も解けました)、手術が予定通り行われることになりました。
昨日麻酔から覚めた彼パパとちょっとだけ話をできた彼は、とりあえず安心していました。
大手術だったのに今日退院できるそうです。

ふー。しばらくちょっと心配ですが、術後順調に回復してくれることを願います。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2011-09-22 00:26 | Comments(0)

彼パパ、緊急手術!?

昨日彼ママから彼に電話があり、お父さんが緊急手術が必要かもしれないとのこと。
彼パパは昨年の今頃脳の手術をして、順調に回復していたのですが、それに関係あるのかと聞いたらちょっと違う問題で、火曜日に手術だ!と言う話でしたが、よくよく聞いてみると、彼には腑に落ちないことがありました。
術後の定期検査でエコーをして、それによると前からあって要注意だったものに血液が流れ込んでいる、という話で、必要だという緊急手術は危険が伴うため、普通は自覚症状がないと行わないのだそうですが、彼パパは何も症状がないとのこと。

彼のご両親の二件隣に住んでいる彼の姉&彼の義兄は両方医者なのですが、彼らも腑に落ちない、と言っていました。
そこで、その分野が専門である(最近のポストでおなじみの)友人Lに彼が聞いてみると、Lもその「血液が流れ込んでいる」発言は医学的におかしいと言います。
彼パパの行く病院にはその専門分野がなく、一人の循環器外科医(体育会系だし...)が言うことを信じるのもちょっと、しかも医者が4人も集まってこれですから。
それに、Colonelだった彼パパは非常にいい保険があるため、普段から不要な検査や手術を薦められがちなのです。
結局、彼の姉が着いて行き納得いくまで話を聞くことになりました。

彼パパは30代後半で結婚し、彼が末っ子なので、結構お年なのです。心配だなぁ。
家族が無事に結婚式に出席できれば、細かいことはどうでもよくなってきました。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2011-09-16 00:47 | Comments(0)

トラフィックチケットの続き・初めて裁判所に行く!


この間くらったトラフィックチケット2枚のため、市のコートハウスに行ってきました。
うちの市のウェブサイトでチケット番号と名前を入力すると自分のチケットが調べられるようになっているのですが、私の場合「出頭せよ」としか書いてなくて、普通はあるらしい「オンラインで支払う」オプションはありませんでした。

例のオフィサーが言ってた「この番号に電話して取り消してもらえるか掛け合う」作戦は、電話してみて2回とも人間に繋がらず、「時間切れです」とコンピューターに言われて断念。結局電話しないままコートハウスに書類を郵送したら、電話がかかってきて(人間がいた!)結局出頭が必要なので今処理できないと言われて終わりでした。嘘つきー!

3時からということだったので時間前に到着して、金属探知機を通過、他の人も行くべき部屋の前の椅子で待っていたので、私も座って待ちました。
3時になってコートルーム#4!と呼ばれたので部屋に入って、適当なところに着席。
裁判官はしばらく来なくて、弁護士っぽい人たちが前の方に群がっていました。
警察官?(マーシャル?)が一人いて、裁判官が入室するとその人が起立!着席!と指令してきます。裁判官の隣にはアシスタントみたいな人が一人。コンピュータとレシートみたいのが出る機械を扱ってました。

言われるがままに、皆起立して着席。
しばらくの間は、群がっていた弁護士たちがまず一人一人裁判官と直接話して、多分自分たちのクライアントのケースを片付けていました。
弁護士にお金を支払った場合は自分が出頭しなくても、こうやって解決されるものと思われます。

例の警官が名前のイニシャルをAからHまで!と呼んで、そのイニシャルグループの人たちが通路に並びます。
裁判官に名前を呼ばれたら、ゲート内に入り、直接裁判官と話をします。
まず有罪と認めるなら"plead guilty" (認めないなら"plead not guitly")と言う必要があります。
ケースごとに、「これには何ドル、これには何ドル、合計何ドルになるけれど今日払えますか」と裁判官が言って、合計額をアシスタントがレシートみたいのを出して、それを受け取って支払いするだけのようでした(私はイニシャルが後の方なので、かなり待ちました)。
ほとんどマイナーな件ばかりだったけど、一人「次に来る時はジェイル行きかもしれないからね、歯ブラシ持ってきなさい」とか言われてる人も!

ジャッジが読み上げる名前のリスト中、実際に来なかった人もすごく多くて、そういうのはFTA(Failure to Appear to court)とされていました。チケットに、出頭しない場合さらに罰金が追加されて逮捕も有りとか書いてあったんですけど... ビビリの私には無理です。裁判官は「今日は270件あるから、なるべく効率よく終わらせる」と言っていましたが、実際に部屋にいたのが12人くらい。弁護士は10人くらい来たかな?で、一人平均2件くらいで弁護士が何人かの代理だったとしても、出頭しない人数がここまで多いとは思いませんでした。

さて私はというと、チケットを切られた日に保険があったことを証明する書類を見せて、ストップサインで完全停止しなかったことを認めたら、「犯罪者には見えないから、今日合計額を払えれば取り消しにします」と言われ、$97でトラフィックスクールに行かなくてもポイント無しにしてもらえました。これで保険料金が上がらないですみます!
レシートに何にいくらかかったか書いてあって、裁判所代?が30ドルくらい(xチケット2枚)、それにオフィサーのトレーニング料、施設のメンテナンス費用、DV被害者のサポート料、とかが加算されてました。合計$97でも、そういうことに使うならいいやって感じです(笑
うちの市が経済難なのは分かってるので...。それに、$150~200くらい覚悟してたので思ったより安く済みました。

良い社会勉強になりました(- -; これからまた気をつけないと!
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2011-09-12 07:23 | アメリカ生活 | Comments(2)

コレステロール値


彼が生命保険に加入する際、健康診断が必要で、保険会社の派遣した人が家まで彼の採血をしに来ました。

最近その結果が返ってきたのですが、血液検査の結果は◎で、特にコレステロール値がすごい低い!

ayaの手料理のおかげだ!

と大変喜んでいて、いろんな人に自慢してます(^ ^;

そんなに健康的な食事ばっかり作ってるわけでもないと思うんですけど、私のおかげだと思ってるみたいなのでそういうことにしておきます(笑

結果に浮かれた彼は、日曜日の朝ドーナツが食べたい!と言い出し、地元のドーナツ屋さんで12個入りを買ってきました。食べ終わるのに2日かかりました。

帳消しです。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2011-09-08 23:38 | 同じ屋根の下 | Comments(0)

こだわりチョコレートとウェディングケーキ


ホストペアレンツの家の近くに、私のお気に入りのベーカリーがあります。
そこのペストリーシェフ、シェフになる前は分子生物学を勉強してたと言っていたので、親近感もあります(笑
私が特に好きなのはそこのクリーム系のパイで、その為に結婚式をパイの日(3.14=π)にしようかとも思ったくらいです(諸事情で違う月になりましたが)。

私とホストマザーがベーカリーを訪ねた時にはあいにくシェフが留守で、直接話ができなかったのですが、ホストマザーが常連客なのでお店の人全員と顔見知り。
シェフがフォンダンが嫌いということも知り、やっぱりここだわ。と思いました(笑
フォンダンでデコレーションしてあるケーキって綺麗なだけでおいしくないんですもの。

私もホストペアレンツもチョコホリックなので、チョコレートケーキ&ガナッシュデコレーション、地元の花少々で飾ることに決まり。
10インチ+6インチ丸形の2段重ねで32人分ほどだそうですが、リッチなのでもうちょっといけるかも?
でも足りないのも悲しいのでハーフシートケーキ(綺麗に飾ってないけど味は同じもの。カットしてしまえば分かりません♪)を追加しようかということになっています。それだと完全に余るでしょうが...。
本当は私の好きなパイ「も」出したかったのですが、どうしようか迷ってます。

実は私は、副業でチョコレートの試食デモをしています。
厳選したカカオ豆を手で選り分けて板チョコレートを作っている地元の会社(といってもかなり小規模ですが)があって、一度一口食べてその美味しさにビックリしてものすごく気に入ってしまい、その会社の社長がデモをする人を募集してたので電話で話してみて、就労ビザだからお金はもらえないけれど、チョコレートくれるならやりますと言って始めました(^ ^;
なので私は月に一度くらい、週末にそのデモで家にいないのですが、私の彼はその時間を利用して指輪を選びに行ったり、色々準備していたそうなので、私たちの婚約にも役立った(?)チョコレートでもあります。

カカオ豆の取引ってコーヒー豆と同じで、普通はアフリカなど原産地のブローカーを通して行われています。
大手チョコレート会社がブローカーを通して買い取るカカオ豆が安いのは、労働者にフェアな賃金を払っていない、または子供を労働させているからです。その為、最近はこだわり系のチョコレートに「フェアトレード」と書いてあったりするのですが、実際のところどうか、というと少し紛らわしいところがあります。私の好きな会社の社長は実際にカカオ豆農家と契約し、賃金をきちんと払うことによって質の良い豆を仕入れています(と言っても、送られてくるサンプルの 99%がダメな豆らしいです。ビックリ)。
カカオ豆は発酵させてから乾かしてローストするのですが、発酵を自然にまかせているので、うまく行かないことが多いとか。
低品質のカカオ豆の場合香りが今イチなため、大量にバニラを入れたりしてごまかしますが、この会社のチョコレートは本当にカカオバターとカカオときび砂糖だけで、安定剤のレシチンも加えてありません。なので豆の産地によって風味がかなり違います。

そんなチョコレートをウェディングケーキにとり込んでもらえたらすごく思い出になるなぁ、と思っていて、シェフにサンプルを送ってみて味を見てもらい、決めてもらうことにしました。ただ、まだこちら側が暑いので、気温が下がってから。とは言っても気を付けて送らないと向こうに着いてから溶けますね(汗
真冬まで待って、保冷の効く入れ物で送ることになりそうです。溶けませんように〜。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2011-09-06 01:08 | ウェディング関連 | Comments(0)

私の宗教観

式と宗教について書いていたら、自分と宗教について少々語りたくなりました。
アメリカに来るまでは宗教のことはほとんど考えたことがなかった私ですが、私と宗教はこんなかんじです。

*日本にいた時*

祖母の家には仏壇があり、私も毎回お参りしていた。

お墓参りに行けないと、申し訳ないと思う。

初詣にはほぼ毎年行っていた。お守りは大切にしていた。

自分の父と叔父がとある仏教団体に入団し、私も幼い頃寺に連れて行かれたが、成長するにつれお金がかなり絡むことを知り、拒絶するようになる。残念ながら、これが父と近くない一因。一方叔父は押し付けがましくないので全く大丈夫。

*渡米後*

ディナー前の皆で手をつないでのプレイヤーでアーメンと言えないことに気づく。

原住民文化のクラスでキリスト教は発展途上土地にリテラシーをもたらした一方、様々な伝統文化も消し去ってしまったことに気づく。

色々な宗派のキリスト教徒(モルモン含む)、ユダヤ教徒、イスラム教徒、ヒンズー教徒...等々に出会う。宗教が個人のアイデンティティーに大きく関与している場合もあると知る。自分に合った宗教があるっていいなと思いつつ、自分にぴったり合うものは現代社会にはないと思う。ただ、atheistではないと思う。

アメリカの政治とキリスト教の強い結びつきに気づく。

キリスト教の一部とサイエンス界の戦いに気づく。

あるクラスのTAを担当して、バイオロジー専攻の大学生でもキリスト教とサイエンスが相容れないところがあり、葛藤することがあると知る。

彼ママが熱心なメソディストであると知る。

なぜか彼ママがくれた七福神みたいなお守りは大切にしている。

彼ママを喜ばせる為クリスマスに教会に行くも、違和感を感じる。

自分たちの結婚式は宗教色をなくそうと決意する。

自分はreligious ではないけれど、spiritualではあると思う。

宗教から派生した過激派が殺し合いをするたび、そんなの神の教えじゃないと思う。歴史を見ても、今の世界情勢を見ても、宗教の違いが殺し合いのきっかけになりすぎていると思う。

フランスがイスラム教のburqa(顔を隠すベール)を禁止した件について、そんなの酷い、差別だ、と思っていたら、知り合いの「あれは女性を制圧する象徴だから、いいと思う」という意見を聞き目からウロコ。(まぁそれが目的なら、burqaを強制的に使用させることを禁止する、とするのが正しい。傍目からすれば「抑圧」されてても、本人の希望という場合も有るかもしれないので注意。その文化に入らないと分からないこともたくさんあるはず)

知れば知るほど自分は宗教に向いてないと思う。ただ、敬虔な教徒は(何教でも)幸せそう。特に辛いことがあった時に信じるものがあるととても救われると思う。

宗教って沢山ルールがあって、人間ってルールに従うのが好きだと思う。

「人間という生き物は自然と何かを信仰するようにできている」という科学的論文に同意。

たまたまラジオで「世の中には沢山の宗教があって、自分の子供だからといって自分自身の宗教だけしか教えられないことは視野を狭くするのではないかと思って、子供には色々な宗教に触れさせるようにしている」という母親のインタビューを聴いてまたまた目ウロコ。
(他にもとても興味深い意見が沢山あったので、興味のある方はこちらをどうぞ。英語です。)

ーーー

というわけで、アメリカに住んでものすごく考えさせられた結果、agnosticに落ち着きました。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2011-09-01 07:32 | 自己紹介 | Comments(4)

私:Ph.D.をとるためアメリカに来て今はアカデミアとスタートアップの境に存在。夫:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。アシスタントプロフェッサー。
by hamakkoinmidwest
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アメリカ生活
同じ屋根の下
国際恋愛
サイエンス/キャリア
自己紹介
料理
彼の仕事関連
結婚未満
ビザ関係
国際結婚
serious stuff
ウェディング関連
アメリカで不妊治療
Outlander(Starz)
未分類

About

生命科学系PhDをとるため日本の大学卒業後アメリカに来て、当時MD/PhDコース中のPhDの方をやっていた彼と出会いました。彼のレジデンシーの間は国内で遠距離をしていましたが、フェローシップでこの都市に戻ってきたので、何年か一緒に住んでから結婚しました。体外受精の末恵まれた娘と3人暮らし。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧