生物学者のアメリカ暮らし。

<   2012年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧




招待状の作成


私たちのウェディングはゲストの大半は遠方からの参加のため、ゲストが仕事の休みを検討したり宿泊先と航空券を手配したり、に地元での式より時間がかかるので、Save the Dateカードをかなり前もって送り、正式な招待状を今月に出す事にしました。

Save the Dateはカジュアルだったのですが、招待状は結構フォーマル目。

誰がお金を出すかで書き方が変わって来るのですが、うちの場合元は私の親から出ているものの*、ウェディング準備・主催には両親は関わらないので、書き方に相当悩みました。結局、ニュートラルなかんじで
The honour of your presence is requested at
Doctor ____
daughter of Mr. and Mrs___
and Doctor ____
son of Colonel (Ret.) and Mrs. ____
という形に落ち着きました。

*私の両親は、早く婚約しろというプレッシャーをかけたかったが為に私の口座が満期になった時に結婚資金という名目でお金を送って来ました。それから婚約まで1年以上かかりましたが(笑)

書き方にも決まりがあるらしく、ホストマザーに聞いたら
honorをイギリス綴りにするとか、Dr.は略さないでDoctorとか、
曜日、月は大文字で始める、年は全部小文字、時間も小文字 とか。
そんなの全然知らなかったので聞いてよかったです(汗

彼は招待状のデザインについて結構意見を言ってきたのですが、手伝う気配がなかったため、時間が押してきてだんだん私がピリピリし始めたらやっと手伝ってくれました(笑
デザインから全部手作りで、国内36通、国外14通出し終わりました。疲れた。。
英語と日本語の2バージョン作らなければならなかったのも非常に疲れました(Save the Dateは日本ははしょったので...)

もちろんプリントサービスはあるのですが、一通$3〜6+セットアップ料とかかかるので手作りしたわけですが、時間と労力を考えると頼めば良かったかも...。とかちょっと思います... ちょっとですが。
でも、がんばったおかげで余った材料をプログラム用その他にも使えるし、テーマもマッチしていいかな。と。

しかし、仕事が忙しくなってきたのと全く新しいことを学んでいるのでひぃひぃ言ってます。
ウェディング直前なんてどれくらい忙しくなるやら。

ウェディングリングは(私は要らないと言ったのですが)結局カスタムデザインしてもらうことにしたので、今月中に行かないと間に合わない〜とかまたギリギリの毎日です(汗。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2012-01-23 04:17 | ウェディング関連 | Comments(0)

彼の実家でのホリデイウィーク



仕事が変わってからなかなかサボってブログ更新ができなくなり(←してたのバレバレ)、元旦まで彼の実家にいたこともあり久々の更新です。

初めて彼の実家で過ごしたのは2年前のクリスマスで、1年前は祖母のお葬式で帰国していたので、彼の実家でホリデイ期間を過ごしたのは2度目でした。
今回は、彼の姉が夫側の実家に行っていてクリスマス後に実家(の2軒隣)に帰ってくるということと、彼がクリスマス当日にも実験の予定があったので、クリスマス後に出発しました。
到着したのは深夜だったので、次の日にご両親には2度目のクリスマスディナー。
プライムリブローストに決めていたらしいのですが、なぜか私に焼くのとグレイビーを任されました(汗
個人的にはミディアムレアにしたかったのですが、なにせ彼ママは肉はこれでもかと加熱する人です。ステーキもウェルダン。というわけでミディアムウェルくらいに仕上げましたが、それでも生っぽすぎたようです。もったいなさ過ぎ。
まぁ私が買ったお肉ではないので諦めましたが。

しっかし、甥っ子たちのわがままのひどいこと。
8歳双子の男の子なのですが、
"Thank you", "Please"が基本言えない。
食事の時他の人を待てない。待ったとしても「なんで他の人待たないといけないの〜?」と文句を言う。
フォークを使うのは希。基本手づかみで食べる。
主に食べるのは醤油かけご飯。大人が食べてるメニューにご飯がなくても与えられる。
食べたくないものには散々文句を言う。一度も食べた事ないくせに「マズそう、こんなの絶対食べない」等。
デザートだけは食べる気満々。ケーキ等、大きな一切れが欲しいと言うくせに食べきれずに残し、廃棄処分。

私や私の母親の作った物に対して自分の子供が8歳でこんなこと言ったら飯抜きです。
自分に子供がいないから分からないと言われてしまえばおしまいですが、これはさすがに許容範囲外!

双子だから余計に難しいとは思いますが、ここまでしつけなくて大丈夫なの?と思ってしまいます。
彼も私も相当参りました。

と、愚痴ばかりいうのはよくないですね。

前もどこかに書いたかもしれませんが、彼は末っ子でご両親は結構お年なので、早速「結婚したらすぐ子供作るよね?」とか言われてしまいました(大汗

まぁこればかりは自然に任せるしかないですが、いつピルを飲むのを止めるかで迷ましくないタイミング。
とは言え、そうやって先延ばしにしてるとできなくなる可能性大。というか今だってできるとは限らないし。
「キャリアのある女性にとって子供ができるのに最適なタイミングなんてない」と周りではよく言うことなので、結婚してすぐくらいからピル止めようかという結論になりました。
さてどうなるでしょうか。

(双子は勘弁してほしいです。)

********

こんなつまらないブログを訪問してくださっている皆様、どうもありがとうございます。
2012年もよろしくお願いします。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2012-01-05 10:08 | アメリカ生活 | Comments(6)

私:Ph.D.をとるためアメリカに来て今はアカデミアとスタートアップの境に存在。夫:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。アシスタントプロフェッサー。
by hamakkoinmidwest
プロフィールを見る
画像一覧

About

生命科学系PhDをとるため日本の大学卒業後アメリカに来て、当時MD/PhDコース中のPhDの方をやっていた彼と出会いました。彼のレジデンシーの間は国内で遠距離をしていましたが、フェローシップでこの都市に戻ってきたので、何年か一緒に住んでから結婚しました。体外受精の末恵まれた娘と3人暮らし。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧