生物学者のアメリカ暮らし。

<   2015年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧




アメリカでIVF:採卵の日

Follistim開始から8日目、血液検査と超音波の結果が出て、明日も来てくださいと言われ、9日目にも血液検査と超音波検査に行きました。その結果、その日は最後のFollistim + Menopur + Lupronを注射して、次の日はトリガー(hCG筋肉注射)、その次の日は注射なし、でトリガーから36時間で採卵しますというお知らせでした。当日は香りのするものはつけないように、とかコンタクトじゃなくて眼鏡とかジュエリーはウェディングリングのみとか色々と電話で長い説明を受けました。いよいよだ〜〜!と夫と二人で緊張&興奮。

Egg retrievalの一日はこんなかんじでした。時間ははっきり覚えてないので大体です。

----
7:45am クリニックに到着。

7:55am 呼ばれる。体重を測った後、夫と一緒にリカバリールームに入る。靴下以外全部脱いで患者スタイルに着替え。ヘアキャップ&ブーティー(足)も装着。ナースが一通り説明。血圧をはかったり心拍測るやつをつなげる。吐き気を抑える薬と少量の水を「ご褒美」にもらう(昨夜9時以降水飲んでないので)。

8:15am 麻酔科医が入ってくる。麻酔ラインを入れる(手の甲バシバシ叩いても良い血管が見つからなかったらしく、肘の内側の静脈から)。夫が医師と分かり薬の説明をもっと深くし出す麻酔科医。Propofol(ちなみにマイケルジャクソンの死因)他、何種類か薬を使うらしい。よくわからないのでスルー。生理食塩水ドリップ。

8:20am かかりつけのREと若いフェローが入ってくる。採卵のプロセスを説明される。左の卵巣が変な所にあるんですが採れますか?と聞くと大丈夫。ぐりぐり押してなんとかして採る、と念を押される。エストラジオールのレベルがすごく高くはないけど安心できる値でもない(トリガー前日の血液検査で>2800pg/ml)のでOHSSに気をつけるようにと言われる。

8:30am ナース再び。膀胱を空にするため生理食塩水ごとトイレに行く。出て来たらベッドはオペ室に移ってるので、部屋に戻るのはハビーとグッドラックのキスが目的と言われる。夫とキス&ハグしてからオペ室へ。

8:35am オペ室に入るとスタッフがたくさん。オリエンテーションの時の年配ナースがいて安心。あとは完全に意識不明w

30分くらいで終わると言われていて、意識が戻ったのが1時頃(らしい)。かなりグロッギーな中オレンジジュースとグラハムクラッカーをもらって食べる。
意識不明なときによくニターっとしていたらしい。なんか恥ずかしいw

最後に尿が出るのを確認、とまたトイレにいかされ、その後着替えてディスチャージ。

-----

家に帰った後もかなり眠気があり、しばらく昼寝しました。寝ぼけながら、夫がキッチンで何かしてるなーと思ったらランチを作ってくれていました。クリニックでは水分を沢山採るようにとしか言われなかったけど、不妊ブロガーの間で高タンパク質がいいと言われているのでチーズトーストとゆで卵。ありがたく食べましたよ〜

follicles(卵胞)は18個くらいだったけど、13個採れたということです。やっぱり左の卵巣がすんごい変な所にあるらしくて、いろんな位置に動かされてすごい力で押されたらしいです。意識がなくてよかった。。。

これまでの注射の針の数を数えたら35回、プラス採血5回。
皮下注射はまだマシだったけどこれからしばらくプロジェステロン筋肉注射です〜(T_T
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2015-04-29 10:32 | アメリカで不妊治療 | Comments(4)

テリーとロンの記事

アウトランダー、日本でも後半が開始したそうですね〜。羨ましい。

先日テリーとロン(ロナルド・ムーア、プロデューサーとコスチュームデザイナーでありロンの妻)の話がNYTに取り上げられました。可愛いのでちょこっと紹介。
時間がないので全部訳しませんが、

*トバイアスはキルトなんてものは着ないと言っている。:“It’s an awful thing, the kilt,” sneered Mr. Menzies, perhaps channeling Black Jack’s roguishness. “I don’t know why you would wear that. Put some trousers on.”

*クレアとジェイミーの結婚式:本ではクレアがジェイミーのかっこよさを描写するシーンがテレビでは逆になってましたよね。あれはロンのテリーへの個人的なラブレターだそうで、脚本を書いてからテリーが読むのを待っていたんだとか。テリーは泣かされたと言っています。ロマンチストですね〜

*テリーとロンはキャストの両親のよう:カトリナはテリーとロンをパパベア&ママベアと呼んでいるそうです。(可愛いw)サムがコスチュームの扱いが悪かったりするとテリーに叱られるそうです。

ちなみにサムの誕生日は4月30日(35歳)、JAMMFの誕生日が5月1日です。 Happy birthday!
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2015-04-29 08:28 | Outlander(Starz) | Comments(0)

IVFの途中経過

Lupron(排卵を抑える薬)を9日間皮下注射して、生理3日目に採血と超音波があり、「どれも値が低かったのでオッケー!」と言われ内膜が薄いこととエストロジェン(E2)がベースラインで低いことを確認してFollistimという卵胞を成熟させる薬の皮下注射も始まりました。Lupronは今まで20ユニットだったのを10ユニットに減らし、Follistimは225ユニットで開始です。それを3日間続けて、4日目にまた採血。E2レベルがいい感じに上がっているよと電話がありFollistimは150ユニットに下げることになり、その日Menopurという薬75ユニットも追加になりました。皮下注射一日3回です。採血も頻繁なので針がダメな人は厳しいでしょうね。。夫が注射してくれるのですが、たまに毛細血管にあたって内出血してる私のお腹を見て「僕に生理食塩水注射してもいいよ」とか言ってきましたw してどうするのかと。痛みを分かち合おうとしてるのでしょうかね。

科学者的に分析するとFollistimはChinese Hamster Ovary cellsという細胞でヒトのFSHを作ったもの、いわゆるrecombinant proteinです。しかしMenopurが更年期の女性の尿から精製したFSHとLHだそうで、一体誰が提供するんだろうと思ってしまいましたw なんでも、昔は精製度がよくなくて他の尿由来タンパク質で拒否反応が出てしまったりしたそうです。技術の進歩がありがたいですねぇー。
FSHがかぶっているのでFollistimとMenopur両方必要なのかイマイチ分かりませんが、とにかく両方とも大変お高い薬なので無駄にせずに使います。Follistimは900ユニットカートリッジに75ユニットくらい(150U入ってました)余裕を持たせて入っているので、その分も使い切ることが大切ですね。明日また採血です。卵巣育ってるかなー
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2015-04-22 09:17 | アメリカで不妊治療 | Comments(2)

シーズン1第9話、10話小ネタ(見てないので聞きかじりのみ)

相変わらずDVDが出るまで観られない私ですが、ファン層は当然大盛り上がりでございます。
ロケーションの都合で9・10話は5~8話より先に撮影されているので、サムの髪が短めですね。
9話は本の中でも一番物議を醸す あ の シーンが出てくるのですが、ジェイミーのボイスオーバーがあることによりジェイミー側の心理が分かるようにしたところがテレビ化での大きな違いとか(本ではクレア側の心理しか分かりませんのでね)。あとは抵抗するシーンを撮る時にカトリナ→サムの攻撃が本当にあったそうですw殴っただか蹴っただかで、、 音楽が軽すぎる?とかいう批判もあったそうですが、ロンとベアが練りに練った末の決断だそうですよ〜。ベアのブログに詳細が書いてあります。

10話はオープニングシーンからすごく濃いらしいので朝から観ない方がいいかもしれません。。前にインタビューでジェイミーを縫ってるシーンで本当にサムを縫っちゃったってところが出て来るっぽいですよ?
Geilis役のLotteがお気に入りの、「本には出て来ないGeilisのシーン」も10話だそうですが、これは寒かったのでとても撮影できず、夏になってから撮影したとのこと。Lotte自身は大丈夫だよーと言ったらしいのですが、プロデューサー達はいやいや、凍死するからダメ。と言って延期したとのこと。Lotteも撮影した後で、夏でも寒かったから冬に撮ってたらどうなってたことかwみたいなこと言ってましたね。
テレビ版だけのシーン結構楽しみです。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2015-04-13 08:33 | Outlander(Starz) | Comments(0)

不妊で悩んでる人に言って欲しくない事リスト

4月19日から25日はNational Infertility Awareness Weekだそうです。
不妊という問題をもっと他の人に知ってもらおうというキャンペーンですね。
あまり人に言う事ではないので隠れ不妊なんて沢山いるのに、経験したことない人には分かってもらえない事は多いんですよね。アメリカでは8組に1組、日本では6組に1組が不妊と言われています。

Resolveという不妊サポート団体のウェブサイトにあった不妊で悩んでる人に言って欲しい事、言って欲しくない事リストに頷けることが多いので言って欲しくない事リストだけ紹介しておきますと、

①「リラックスすればいいんじゃない〜」系
これは多いですねー。リラックスすれば妊娠できるなら最初の1年間で授かってるわい!

②不妊なんて小さな問題、系
「子供がいないから長い時間眠れるし、気軽に旅行できるしいいよね」等。そうそう、予定をあらかじめ立てずにふとした思いつきでレストラン行ったり。それは十分楽しんでますよ。。ふんっ

③子供が出来ない事より悪い事なんて沢山ある系。
死ぬとか癌とか?癌克服した友達くらいにしか言う資格ないな。

④親になる運命じゃないのかも系
「神様があなたを親として選ばなかったのよ」等。赤ちゃん捨てる親とか殺害する親は神様に選ばれたんでしょうかね。

⑤なんで体外受精に挑戦しないの?系
金銭的、肉体的、精神的にすごい大変だってことがよくわかってない人もいるんでしょうな。。

⑥養子迎えたらいいんじゃない系
これはまだ言われた事ないけど、養子もらうには体外受精以上のお金がかかる可能性あり。しかも生みの親の気が変わったりとか法律が変わったりとか後少しってところでおじゃんになる可能性もある。自分が生めないからって悲しい気持ちのまま受け入れたら逆に子供が可哀想。

⑦まだ若いんだから大丈夫だよー系
若くても卵巣機能低下とかあり。若いからって不妊治療を始めるのが遅れて無駄に歳とって成功率が下がった人もいるはず。

⑧○○さん夫妻って不妊なんだって、とか噂話する
だから知り合いに言わないんですよねー

⑨卑下たジョークを言う
「精子寄付しようか」とか「医者が正しい精子使ってるのを確認した方がいいよ」とか。顔パンチものだなこれは。

⑩妊娠中の愚痴
まーこれは聞きたくはないけど仲が良い友達の場合はしょうがない気もする。

⑪二人目不妊の場合、「子供が一人いるんだからいいじゃん」系
二人目不妊で苦しんでる人も結構いるはずで、子供無しの不妊と不妊知らずからの理解が得られなくてダブルパンチなのかも。

⑫誰のせいなのか問う
原因が分かってるカップルの場合、その人が余計傷つくだけですね。

⑬不妊=女性のせいにする
12と逆ですが、1/3が女性不妊、1/3が男性不妊 1/3は原因不明なので、決めつけない方がいいですね。

---
ちょっとした近況です。
アゴニスト皮下注射始めました。Lupron(私が使っているのはジェネリックで安い方のLeuprolide acetate)という薬です。
日本だと点鼻薬らしいですね。。。いいな(ボソっ
注射の時間が6時から7時と決まっているので(まぁ、ちょっとズレた所でそこまで問題ないそうですが)、ディナーとか出かける時にかぶると外出先で注射する必要が出てきました。
家では夫(一応医者)が注射する事になっているのですが、外出先では私がトイレに行くフリをしてプスッと。
めんどいのが、薬は何回分も瓶に入っているのを決められたユニットずつ注射器でとるので、それをあらかじめやっておいてキャップをして持ち出しです。
うかつにバッグの中でシリンジ押しちゃったりしないように、厚紙にテープで固定する法で持ち出してます。
とりあえず今の所成功です。まだまだ注射の日々は続きます。。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2015-04-13 03:51 | アメリカで不妊治療 | Comments(0)

アメリカでの体外受精/IVFの費用

オバマケアが通った後も、雇用先からの健康保険をそのまま使う人が多いアメリカですが、不妊治療、特に体外受精は全く保険無しになる場合が多いです。うちの大学の保険は何種類かから選べるのですが、どれをとっても不妊治療は全くカバーされません。近場にある大企業の保険はかなりカバーしてくれるらしいので、その企業で働こうかな。。とも思ったくらいです、、いや結構本気で考え中です(苦笑

全く保険無しでどれくらいの金額がかかるかというと、
一回$12,000(今のレートで140万円以上)くらい
プラス、
薬代$3,000-4,000
プラス、ICSI(intracytoplasmic sperm injection;顕微受精)の場合さらに$1,400ほど追加されるので、顕微もすると合計200万円くらい簡単に吹っ飛びます。日本で体外受精が高いと思われている皆様。アメリカよりはマシ、と慰めになれば幸いです(自虐)

保険会社がIVFをカバーすることを義務づけられているラッキーな州もあります。どれくらいカバーしてくれるのかは知らないのですが、このチャートでみると分かるようにどういう人に適用されるかはまちまちです。

カバーが義務化されている州は以下の通り。
アーカンソー
コネチカット
イリノイ
マサチューセッツ
メリーランド
ニュージャージー
ロードアイランド
ハワイ(不妊歴5年以上のみ)

私たちの住んでる州はこの8州に含まれておらず、うちの大学の提供する保険は不妊治療カバーが皆無です(白目
そんな人たちのために、うちの大学のクリニックではIVFの支払いを専門とする会社のパッケージプランを通じて払うことがオプションの一つとなっています。私たちが利用するのはARCという会社で、クリニックごとにレートは違うと思うのですが、パッケージプランで3回分まとめて払い、それでも子供が出来なかった7割くらいまで返金されるというオプションもあります。ただ返金オプションが与えられるのは数ある条件をクリアした人だけで、クリアするには色々検査をしないといけなくて、検査代は多分自腹、さらに1サイクル+では料金が二倍以上になり、2サイクル+では$4,000増し、3サイクル+では$1,000増し、のというようになっています。例えば、IVF3回目で初めて妊娠出産できた場合、最初から3サイクル+を買っておけば相当出費を抑えられますが、3サイクル+を買って1回目で妊娠出産出来た場合、2回目以降不要になるのでその分損するというわけです。

私たちは相当迷った結果、まずは1サイクル+にすることにしました。最初のサイクルで色々分かると思うし、もし胚が余った場合その分の凍結胚移植も料金に込みになっているので(〜サイクル「プラス」、とはこの意味です。クリニックに直接払う場合、凍結サイクルは別料金$4,000かかります)、2回移植にトライできる可能性があるわけです。凍結する胚がない可能性ももちろんあるわけで、、まさにギャンブルです。

結局、1周期+あれば凍結胚周期のプランと薬代で約$16,000かかることになりました。家を買う為にコツコツためた貯金、、バイバーイ054.gif
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2015-04-04 10:06 | アメリカで不妊治療 | Comments(2)

シーズン1後半が間もなくスタート!

突然不妊治療ブログになってしまうのも申し訳ないのでアウトランダーネタをちょこっと。

アメリカでのシーズン1後半のプレミアイベントがニューヨークであり、ファン層は盛り上がってましたねー。

サムのどアップQ&Aの携帯(たぶん)ビデオはこちら。日本からも観られますかね?

Caitの笑いが止まらなかった撮影現場での出来事、ちょっとネタバレ気味です。
In-N-Out バーガーの話もしてますね。

あとはFacebookでもサムが質疑応答したので、読んでみてコレを訳して欲しい!とかいうところがあればお気軽にどうぞ♪
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2015-04-03 10:47 | Outlander(Starz) | Comments(0)

私:Ph.D.をとるためアメリカに来て今はアカデミアとスタートアップの境に存在。夫:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。アシスタントプロフェッサー。
by hamakkoinmidwest
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アメリカ生活
同じ屋根の下
国際恋愛
サイエンス/キャリア
自己紹介
料理
彼の仕事関連
結婚未満
ビザ関係
国際結婚
serious stuff
ウェディング関連
アメリカで不妊治療
Outlander(Starz)
未分類

About

生命科学系PhDをとるため日本の大学卒業後アメリカに来て、当時MD/PhDコース中のPhDの方をやっていた彼と出会いました。彼のレジデンシーの間は国内で遠距離をしていましたが、フェローシップでこの都市に戻ってきたので、何年か一緒に住んでから結婚しました。体外受精の末恵まれた娘と3人暮らし。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧