私:Ph.D.をとるためアメリカに来て、今はポスドク中。 彼:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。週一でクリニックをしながらポスドク中。


by hamakkoinmidwest

REクリニック卒業

投稿する時間がないうちにちょっとずつ書き溜めたことがどんどん古くなっていく〜
とりあえずその後の経過をちょろっと。

2回目の超音波は、9週に入る一日前。
テディーベアみたいなのが動いてました。2センチくらい。
このアポの後、普通の産婦人科に電話をし、12週の一日前に予約が取れました。
これで何もなければ卒業できるわけです。
幸いスポッティングも何もなく、いつものOB/GYNのところへ。IVF成功したと言ったら喜んでくれてハグしてくれましたw
夫と一緒に家族の病気について沢山の質問を受け(主に遺伝的なものがないかどうか)、先生の触診だけで終わる予定が、プレゼントね!といって超音波をちょっと見せてくれました。

その後、NTスキャンといって、首の後ろの透明な部分の厚みをはかる検査と、Advanced maternal age(35歳以上)なので採血してcell free DNA テストを行うことに。これは普通の産婦人科ではなくハイレゾリューションの超音波の施設で行います。私の場合は便利なのでまたしてもうちの大学内で。
NTスキャンを受けたのは13週と1日でした。胎児の大きさは7.4センチほど。おおー大きくなってる!超音波の結果は良好ということで、血液検査の結果待ちとなりました。

ドキドキして待つ事1週間。
遺伝子数の異常は見つからず、性別もわかりました。女の子だそうです。
なぜか夫の勘が当たりましたw

これを期に早くも名前のブレインストーミングを始めたのですが、両方の祖父母が発音できる名前、となると結構難しいのですよね。
日本名だと避けたいのが、まほ、しほ、みほなど。ma(my) ho, she ho, me ho みたくなっちゃうんですわ(ho=売春婦ととれちゃう)
あとは りさ、とか ありさ、とか一見通用しそうなのはEngrishギャグになってしまいます(Lisaをアジア人が間違って発音してるみたいになっちゃう)。
そういえば、インターネットで話題になっていた名前だと、不妊治療していたお笑い芸人さんの赤ちゃんがえふちゃんと名前がつけられたとのことですが、エフ、、Fは英語圏だと印象悪いです(F=落第、F=f*ck 等)。
英語圏で自己紹介する時にefと発音なさらないことを願います。。。

難しいですねー名前って。。



[PR]
# by hamakkoinmidwest | 2015-08-11 10:29 | アメリカで不妊治療

IVF後の経過:初の超音波

すみません。1ヶ月放置してしまいました。。まだ論文は2つとも書き終わってなく(←やはり)グラントだけは締め切り45分前にギリギリに出せたものの、調子が悪いピークと重なり結構キツかったです。
就活も始めるつもりがネットワーキングする気力が全然出なくて(毎日のプロジェステロン注射も当分あったし)就活エフォート0に終わってしまいました。このままだと実際面接とかするときに明らかに妊婦になっている可能性大です。一応アメリカの法では妊婦だからといって雇わないと差別として訴えられることになっていますが、そうはいっても就活しにくいですねぇ。。
引っ越しも大変だったのですがそれは後々アップします。

では過去にさかのぼって最初の超音波検査の話です。

---

参考までに(?)私のhCGの値を記録しておきます。

14dp3dt* 447 (この値だと一人か二人か、超音波検査するまで分からないと言われました)
21dp3dt 4622

(*14 day post 3 day transferで、3日目移植後14日という意味です)

6週2日目 

初の超音波検査。胎のう、卵黄嚢と5mmの胎芽を確認。双子じゃない!とほっと一息(一度に二人でお得感があるかもしれませんが、絶対ハイリスクになるので)。心拍も確認。115でした。実は大学時代の鶏有精卵発生の観察が頭をよぎりましたが、、あれシャーレの中なので心拍確認してから発生止まっちゃうんです(T_T)
心拍が見えたのに夫と二人で感動して、夫は何も見えない超音波写真を速攻義父に送ってましたw 義母は、点にしか見えない、、とちょっとがっかりした様子(^^;

今回の超音波技師さんは説明が丁寧な人で、小さい子宮筋腫が3つもあったのですが、上の方にあるし胎盤からは遠い所にあるから心配ないと言われました。そういえば卵巣チェックの時にスクリーン上でfibroidってラベルしてたのを見たのであれ?あるのかなと思ったのですが誰も教えてくれなかった!教えてよ〜
舞い上がってて聞くの忘れて、担当医は子宮筋腫について一言も触れなかったので心配しないでいいのかもしれませんが、気になるところではあります。
その日に担当医とのアポイントメントがあり、逆食やつわりがひどくなった場合のアドバイスを受け(ギャップベイビーの奥の方にマタニティー服のセール品があるのよ!とかいう情報まで提供してくれた担当医w)、一週間旅行でいなくなるけどその後もう一度超音波をスケジュールしましょうということ。それをクリアしたらクリニックは卒業、普通の産婦人科にうつる事になります。

−−−


[PR]
# by hamakkoinmidwest | 2015-07-19 01:09 | アメリカで不妊治療

ちょっと修羅場

実は今月末に論文ほぼ完成予定x2、グラント締め切り、引っ越しとありいっぱいいっぱいなので、色々書きたい事はあるのですが投稿が大幅に遅れると思います。

アウトランダーのシーズン②のキャストが気になっている方はここでどうぞ!と他人のブログに丸投げ。
[PR]
# by hamakkoinmidwest | 2015-06-18 10:56 | サイエンス/キャリア
シーズン1が終わったという事で、またDroughtlanderが始まりましたねー
(drought ドラウト=枯渇 とアウトランダーをかけた「アウトランダー枯渇/苦しみつつ待っている」という意味のダジャレです。シーズン1の前半と後半の間が長かったため使われていました)

キャストが今まで紹介されなかったのは、シーズン2開始までの長いDroughtlanderを乗り切る為に小出しにしてくるからだと確信しています。
シーズン1が終わってすぐに2人紹介されました。
ジェイミーの従弟であるJared Fraser(フランスに住むワイン商人)役はRobert Cavanah
1965年エジンバラ生まれのスコットランド人俳優。
サムも出演していた医療系昼ドラのDoctorsに出演してたそうです。

ジェイミーとクレアの敵となる Le Comte St. Germain(Jaredのライバルワイン商人) はStanley Weber、1986年パリ生まれのフランス人俳優という配役が決まりました。思ったより若い配役?

他にも、数々の役が決まっているそうですが、ちょびちょびと公開されることになるでしょうねー。

次のシーズンの開始は2016年の前半ということで、早ければ冬、遅ければ初夏になりそうです(これまでの過程からして、遅くなるだろうと思いますが。。)

乞うご期待!
[PR]
# by hamakkoinmidwest | 2015-06-07 06:40 | Outlander(Starz)

続・2ww

前回のポスト、2wwの続きです。

いよいよ、血液検査当日。
夫がいつもお財布に入れているラッキーチャームを私に貸してくれ、朝、仕事の前にクリニックへ。採血だけなのですぐ終わるのですが、夫もサポートのため一緒に来ました。それが9時ちょっと前くらい。午後電話かけるからねーと言われたのに、朝11時頃に既に電話がかかってきました。
私の担当ナースでした。「もう家で検査した?」と聞くのでしてないと言うと、

Oh my gosh おめでとう!妊娠だよ!447だったよ!

て。

!!!!!!!!!

あまりプライバシーのない職場なので廊下で電話を受けたのですが、動揺しながらえっとえっとプロジェステロンこの週末で切れるんだけど、と言うとすぐファーマシーに電話して、土曜日に家に届くように送ってもらってと言われました。

IVF用の薬は、近所にある普通のファーマシーでは扱っていなくて、専門ファーマシーを通す必要があります。そのファーマシー、平日しかやってないのですが、金曜日に翌日便で郵送してくれます。$15かかるけどいいですか?と言われてそんなの今までの薬代を考えたら安いわい!と思い即注文。次の日の朝に届きました。

この時点で自分結構冷静に対応してるじゃん!と思いつつ夫に、電話きた。ちょっと外出る?と携帯メール。
建物の外に出てから「成功したって!」って言うと、涙腺が緩んでしまったので、とりあえず二人で近所に散歩に出かけることに(やっぱりそんなに冷静じゃなかった)。

彼の両親には不妊治療について何も話してなかったので、今までずっとできなくて、ついにIVFをしたんだ、まだ超初期だから全然油断はできないけど、初めて陽性結果が出たよ、というニュースを二人とも同時に電話を受けてもらいました。
義母は嬉し泣きしてました。

母に電話して血液検査陽性だったよと言ったら体外受精で陽性ってどういうこと?みたいにピンとこなくてしばらく体外受精について説明する羽目になりましたが、ジワジワ喜んでくれましたw

全然安心できる段階ではないですが、とりあえずここまで来た事がなかったので、喜んでます。それと共に不安でもあります。
長いこと不妊だった人が妊娠すると、普通の人より心配することが多いと言いますが、まさにそれ。いつ何がおこるか分からないし、普通の人よりそういう話を聞く機会が多いですし。悪夢何回も見てます。
でも、今は今でできるだけ楽しんでいきたいと思います。
[PR]
# by hamakkoinmidwest | 2015-06-07 06:36 | アメリカで不妊治療