生物学者のアメリカ暮らし。

タグ:アメリカ生活 ( 120 ) タグの人気記事




アメリカで2010年に流行った食べ物

1月に書いた、2009に流行ったものリストを見直してみました。

なんだか、どれもまだ流行ってます(汗
カップケーキとベーコンはさすがにそろそろ下火になりそうですが、この小規模都市にもついにトラックのトレンドが来て、いくつかフードトラック(そのうちの一つがカップケーキだったり...)が身近なロケーションに来るようになりました。

そして私の2010年の予想はTwitter以外はハズレ。(;_;
韓国料理、もうちょっとがんばってほしかったのに。そしてやっぱりアメリカ人に鰯を好きになれというのは無理っぽいですね(ウチではツナ缶ー>サーディン缶へと移行しましたが)。
例のKogiのおかげで韓国xメキシコフュージョンが普通になったっていうのはありますが、本物の韓国料理の人気が爆発ってほどでもないです。
大都市ではカップケーキの流行りはパイに移行しつつあるらしいですが、ここでは未だにカップケーキ(遅)。
ニューヨークとかに比べると1年くらい遅い気が...。

では、来年の大胆予想!

アップスケールレストランによるグルメフライドチキン。

もう既に有名シェフがやってるので、まねっこがいっぱい出てくるかなという予想です。
ついでに唐揚げが流行ってくれないかな(笑
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2010-12-14 06:56 | アメリカ生活 | Comments(2)

アメリカンスタイル

Thanksgivingの時の会話でへぇ〜と思ったことがあります。

ゲストの中にヨーロッパ人ポスドクと最近ヨーロッパの共同研究者のラボにいたアメリカ人の友達がいたので、アメリカ人の自分の売り方についての話が出ました。

自分の研究のプレゼンテーションをする時など、興奮気味に自信満々でプレゼンをするのがよいとされているアメリカと違い、ヨーロッパではかなりトーンダウンしないといけないそうです。
そのヨーロッパ人ポスドクはUKにいた時、アメリカ人ポスドクがプレゼンをすると、終わった後皆頭を振りながら(やれやれこれだからアメリカ人は、ってかんじで)部屋を出て行くとか!
それから、そのアメリカ人の友達は共同研究者に推薦状を頼んだら、自分の推薦状はアメリカではネガティブになってしまうから書けないと言われたそうです。推薦状のトーンも、アメリカだと「良い」推薦状は恥ずかしくなるほどのベタほめなのですが、ヨーロッパではそんなベタほめ推薦状を書く人は全くいないそう。

私も謙虚な日本人のつもりですが、プレゼンのスタイルなどは多分かなりアメリカンなので、インターナショナルなシチュエーションでは注意しないといけないかも。と思いました。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2010-12-07 01:37 | サイエンス/キャリア | Comments(2)

Thanksgiving Dinner recap

これでもかというほどダラダラしております、Thanksgiving休暇です。

木曜日のディナーは成功でした!
ターキーは結局dry briningにしましたが、来年焼くとしたら上半身?と脚を切り離す、2分割焼きにしようかなと思っています。
というのも、ターキーの胸肉は150°Fで焼き上がりますが、もも肉は165°Fまで加熱しないとだめ。もも肉の方が当然火が通るのが遅いので、もも肉が完全に加熱される頃には胸肉がどうしてもパサ付いてしまいます。
そこで、バラバラに解体してから焼くレシピも増えて来たのですが、それだとあのロースト丸ごと一羽!っていう迫力が出ないのですよねー。その点2分割だと焼いた後アセンブリできるので見た目がごまかせるそうな。

ま、ゲストの皆さんが美味しいと言ってくれたので、いいことにしましょう!

サイドディッシュもデザートもどれも美味でした♪

昨日恐る恐る体重計に乗ってみたら、1lb増で済んでました。ほ〜〜〜。

Thanksgivingが終わるとクッキー&キャンディーの季節です!(また太る)
遠くにいるファミリーや引っ越してしまった友達に手作りクッキーやキャンディーを送る予定です。今年は何を作ろう?
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2010-11-29 04:52 | 料理 | Comments(0)

Thanksgiving

今年のThanksgivingは、うちでやることに決定!

Thanksgiving孤児になりそうな知り合いを誘い、料理好き&食べ物好き仲間の友達が今年は実家に帰らない(代わりにお父さんがやってくる)とのことなので、お父さんごとリクルート。
私とその友達が計画しているメニューはこんなんです。

ローストターキーとグレイビー
手作りテーブルロール(パン)
スタッフィング(七面鳥の中に詰めないのでドレッシングともいいますが...)
クランベリーソース(手作りと、缶詰スライス両方)
ベーコン芽キャベツ
スイートポテトのサイドディッシュ(友達が作るので何になるのか分からないのですが、私の苦手な、マシュマロののっかったスイートポテトキャセロールではないそうです(笑) だって甘すぎるんですもの〜)

で、

彼がマッシュポテトとグリーンビーンキャセロール(缶詰で作るやつです... 許可しました(笑))を作ることになっています。

デザートにはアップルパイとパンプキンパイ。

それで今最高に迷っているのが、ターキーのブライニングについてです。

ブライニング(brining)というのは、塩水に肉を漬けることにより細胞内のタンパク質同士がバラバラになるので、細胞内の分子濃度が上がり、その分細胞内が外部の水分を吸収するというテクニックで、脂肪の少ない肉をパサつかないようにするのによいのですが、塩水が入る分ターキーの風味が薄まるのが欠点。
去年、LA Timesに載った「ドライブライニング」(単に塩をして数日置くだけ)ではその心配がなしということで昨年とても流行ったのですが、普通のブライニングにしようかドライブライニングにしようか迷っているのです。

普通のスーパーで売っている冷凍のターキーには既に塩化ナトリウムとリン酸ナトリウムが注入されているのでそのままでも比較的水気はある(でも風味は薄い)のですが、今回近所のお肉屋さんで生のターキーを注文したので、パサついたらどうしよう!と少々緊張気味なのです。

日曜日その友達とブランチするので、もう少し作戦を練ります。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2010-11-20 08:10 | 料理 | Comments(2)

Holiday season in the U.S.

ハロウィーンが終わって、どこのお店も突然クリスマス一色になりました。
不況のせいでクリスマス商戦がさらにヒートアップするんでしょうかねぇ。いつもはもう少しサンクスギビングムードだと思うのですが、今年の変わりっぷりは早かった。

そんなホリディムード一色のアメリカですが、独身の非アメリカ人の友人が、ホリディシーズンがやってきて憂鬱だと言いました。
サンクスギビングといいクリスマスといい、家族で過ごすイベントだし、仕事でのホリディパーティーなども、家族が参加していいものが多いので、パートナーがいない人は孤独感を感じがち。

私も院生時代、クリスマスは何度かスキップして、孤独感を和らげる為にみっちり仕事したりした年もありました。(そして友達のペット/植物の世話に重宝されました(笑)

でも彼と一緒に住むようになってからはほぼ既婚者同様です。彼のご両親からの誕生日カードにも、「クリスマスに会うのが楽しみ」と書いてあったり、ここ最近家族同様に扱ってもらっています。

私は遠いけれどホストファミリーもいるので、彼と付き合う前はホストファミリーのところに帰ったりしていました。サンクスギビングはクリスマスの1ヶ月前のため、実家が遠い人は帰らない事が多く、友達同士で集まってディナーを開催したりできます。また、仲のいい友達のご両親が近くに住んでいるので、そこに招待してもらった事も。

その、「ホリディが憂鬱」というコメントを聞いて、私ってラッキーだな、と思ったのでした。

既婚者の場合、サンクスギビングには片方の実家に帰り、クリスマスにもう片方の実家に、というカップルも結構いますが、なかなか実家に帰れない外国人としては、比較的近いところに「ファミリー」がいるというのはありがたいことです。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2010-11-09 06:09 | アメリカ生活 | Comments(0)

ひとこと言いたい。

「予想に反して健康に良くない子供の食品」の記事を読んだのですが...↓

5 Unexpectedly Unhealthy Kids' Foods

1) The PB&J
ピーナツバターとジェリーサンドイッチ。これはアメリカの子供のランチの定番です。
パンにピーナツバターとジェリー(ジャムというよりは、ジュースをさらに甘くして固めてあるようなやつ)を塗って完了。
栄養がないの当たり前でしょ!

2) Baked potato chips and pretzels
「普通のポテチよりは健康的だけど栄養がない」
って、それも当たり前!!

3) Whole milk
低脂肪牛乳にしろとのこと。
他の食べ物が高脂肪だからってだけで、牛乳を悪者扱いすることないと思うんですけど。日本の学校給食は、普通の牛乳も含めて700kcal程度になるように作られてますね。揚げ物が入ってもその程度。偉い!

4) Apple sauce
アップルソースというのは、リンゴを煮てピュレー状にして持ち運びが便利なようにカップに入ってるもの。でも砂糖がどっさり加えられている物が多い。ので、加糖されてないものを選べとのこと。

普通に生のリンゴ与えたほうがよっぽどいいのでは?病人と違って噛めないとかいうわけじゃないんだし。

5) Packaged lunches
箱にクラッカー、チーズ、プロセスランチミートが入ってるやつ。これも当たり前!
あんなの食べさせられる子供は哀れです。

アメリカ人の栄養に関する知識のなさにはいつもがっくりさせられます。

この間なんて、スーパーのレジで私が買うブラウンシュガー(*)の袋を私の前にいた肥満女性が、マジマジと見ていたかと思うと、
「たったの15カロリー!?私も次この種類を買うわ。」

えっと。小さじ1の話ですよ(と指摘したのですが、彼女の「いつも買ってるのより低カロリー」との思い込みは正せませんでした)

しかも、精製された炭水化物とタンパク質はどうがんばっても4kcal/gだし、脂肪は9kcal/gなんですけど??

あぁ....。そういう基本的な事知らないんだろうな。と思ったある夕方でした。

*私はこだわりでサトウキビのブラウンシュガーを買います。普通のは砂糖大根由来のグラニュー糖にモラセス(糖蜜?)をスプレーしてあるもので、それってちょっとどうなのよ?と思うので)
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2010-11-05 01:05 | アメリカ生活 | Comments(2)

Food Inc.

今更ですが、Netflixで Food Inc. を観ました(遅っ!)

内容はほとんど知っていたので、ビジュアルだけが目的でしたが、やっぱり影響力のある映画ですね。

私たちの食生活はこんなかんじなので、全オーガニック、ローカルというにはほど遠いですが、こういう映画を観るともうちょっと徹底しないとなーという気にはなります。

元々、牛の挽肉はNYTimes の記事(アンモニアで消毒されてる挽肉もあると知ったのはその時でした)を読んで以来スーパーでは買わないことにしていて、近所の小さな肉屋さんで挽いてもらうか、塊を買ってきてうちで挽くことにしていました。夏の間はファーマーズマーケットが頻繁にあるので農家から肉を買うのも簡単なのですが、冬はどうしようかと考えています。冬も続く CSA(community supported agriculture)もあるんですが、うちのは野菜&果物&卵なので秋に終わってしまいます。厳しい冬のある地域では冬でも地元でとれた物だけを食べるっていうのはほぼ不可能ですね(^ ^;

私も先日触れた移民問題、この映画でも取り上げられていました。
不潔で過酷な環境の精肉産業が違法滞在の移民を雇い、コストを下げる。違法滞在移民がひどい環境に文句を言えないことを利用して、消費者の「もっと安く」という要求を満たすためです。

この「安ければ安いほどいい」という消費者の要求が、食品産業が現在のようになってしまった要因の一つのようです。

私が憤りを感じたのは所得が少なく、父親が糖尿病、母も肥満で子供が二人の家族が、ファストフードを食べるシーン。
映画のスタッフと一緒にスーパーに買い物に行き、洋梨が高すぎるからって棚に戻すところが出てきます。果物一つに1ドル払うのを諦めて、「食事」になる1ドルバーガーを買ってしまう。時間もないし。でも、父親は糖尿病で失明するかもしれない。月々の薬代が高いので、健康的な食べ物は高くて買えない。と説明する母親。

米と乾燥豆(時間がないというのなら、缶詰でも)と、ケールやマスタードグリーンの安い葉っぱがあれば、4人分の食事は相当安く作れるのに。時間がないっていうけど、ファストフードレストランまで車で行く時間内でできてしまう料理だって沢山ある。
要するに、そうやってやりくり&スピード料理ができる人はあまりいないんですね。だから低所得層=肥満という、歴史的になかったことが起きてしまう。
そしてそういう人が多いから、食品産業はますます安くて満足感を得られる、ジャンクフードを売り続けることができるという悪循環が、さらに悪い方向へと向かってしまう...。

アメリカの食問題は、アメリカ経済、貧富の差、移民問題、健康保険問題、政治と大企業の癒着など、今アメリカが直面している諸問題が複雑に絡み合った問題なんだということを改めて確認できる映画でした。
職業柄何でも疑ってかかるので全部鵜呑みにするわけではないですが、誰でも一度は観ておくべき映画だと思います(とか偉そうに言って今まで観てなかった私)。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2010-07-14 06:50 | Comments(10)

バスプロショップ


突然ですが、私の彼は釣りが好きです。

彼の母方の「悪い」叔母が勝手にカナダの湖のほとりにある家族のキャビンを売ってしまって以来、なかなか釣りに行けていなかったのですが、やっと行くことにしました。

私も子供の頃生き物を捕まえるのが趣味だっただけに釣りにも興味があったのですが、親がアウトドアに全く興味がなかったため、釣りらしい釣りをせずに今までに至ります。

必要なものを準備するため、Bass Pro Shopに行きました。
名前の通りバス釣りをする人向けのアウトドアショップで、釣り具全般、ハンティング用品全般、キャンプ用品、アパレルなどが売っています。入り口に「猟銃を持っている方はここへ預けてから入店してください」と書いてありました (^ ^;
あと、魚のいる大きなタンクがあるのも特徴です。

彼はこの店が大好きで、「まるでキッチン&グルメ専門店にいる私のよう」と思ってしまいました。
女性in靴屋、子供inおもちゃ屋ってとこですか。

私は日本で釣りをしたことがないので事情はわからないのですが、アメリカで釣りをするには州のライセンスを購入することが必要です。自分の住んでいる州のライセンスの方が安いので、近隣の州ではなくうちの州のライセンスを購入しました。

さて、釣れるかどうか。乞うご期待!(違
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2010-07-09 06:18 | アメリカ生活 | Comments(0)

移民問題


アメリカが今抱えている大問題の一つが、移民問題。

根本的な原因は、違法滞在する移民は安く雇えるので、雇用主は安い労働力(奴隷に近いんじゃ?)を使うことができ、移民は違法に滞在しても多目に見てもらえることです。
違法滞在者でも運転免許が取れる州も多いし。(は?って思うのは私だけ?)

これのさらに根底にあるのが、一般的アメリカ国民の「汚い仕事は誰かを雇えばいい」精神。悪意はなくても、ふとした日常の行為に顕著に現れます。これらが複雑に絡み合っているため、今突然違法滞在者を全員追い出すと、アメリカ経済は崩壊するでしょう。
でも、今の不景気で無職の国民が多いはず。例えば失職したアメリカ国民が、小さな農家や家族経営のお店で働くことにしたとすると、どれくらいの職が増えることになるのでしょうか。そして、それが地元活性化に役立ったら...。
こういうことを考えるのも、最近地元農家や小さなベーカリー、酪農家/チーズ屋、肉屋などが増えてきたからです。マーケットも以前より回数が増えています。これを期に、土にまみれたり、血で汚れたり、肉体労働の多い仕事でも、見返りがあって、世間にもそういう仕事が尊重されるような社会になればいいのに、と多分現実的ではないことを望んでいます。

私たち合法移民も実は問題。
高学歴な人々の間で、私たちのようなH1bビザ持ちの移民が職を奪っている、と思っているアメリカ国民も少なくありません。
正直なところ、サイエンスの世界では高学歴者の数>>職 なので、そういう風に思われても仕方ありません。この競争率が、世界一の医学、科学を生むのだろうか、という議論も出ています。
改革が必要なのは明らかですが、移民の国アメリカが合法的移民に消極的になるのは避けてほしいところです。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2010-07-02 03:49 | Comments(2)

vegan appetizers & desserts

私がveganなわけでは全くありませんが、たまに招かれたパーティーにveganのゲストがいたりします。(幸い)直接の友達にveganはいないのですが。一緒に食べに行くのとか大変そう...。

veganismって菜食主義をさらに極端にしたようなもので、動物性タンパク質はいっさい食べない、蜂蜜はミツバチがかわいそうだからダメ、など食べるものがものすごく限られます。
それの派生でgluten free veganとか fat free veganとか raw veganとかまでいて、健康に支障は出ないものかと思います。

さて、パーティーに持って行くものですが、今までにこういうものを持って行っています。

*前菜*

豆腐の一口田楽風 
   硬めの木綿豆腐を水切りして、四角く一口大に1センチ厚くらいに切り、ごま油を薄く塗った天板に広げ、すりごまもしくはピーナツバター、みりん、みそ、赤唐辛子フレーク少々を適当に混ぜた物を塗ってこんがり焼くだけ。

そばサラダ
  そばを茹でて水洗いし、タヒーニ(ごまペースト)もしくはピーナツバター、醤油、砂糖、ライムジュースで作ったたれと野菜(ニンジン、ベイビーほうれん草などなんでも)と一緒に和える。

精進寿司
  アボカド巻き、精進握り(塩をしてしんなりさせた蕪、ニンジン、なすの漬け物など)

*デザート*

お米の粉でつくる豆乳プディング、手作り黒蜜ときなこもしくは飴がけのクルミ 
  豆乳1カップにつきライスフラワー大さじ1、砂糖はお好みで。お鍋で混ぜながら加熱して、冷やすだけです。普通のライスプディングでもいいのですが、私はライスフラワーのなめらかさが気に入ったので♪

豆腐白玉 
  絹ごし豆腐:白玉 =3:2(重さ) くらいをいきなり混ぜて、耳たぶくらいの堅さに調節して普通に茹でるだけです。きな粉、黒蜜、みたらしのたれ、あんこと全部ビーガンセーフ。

アボカド豆腐抹茶蒸しパン
  アボカドと絹ごし豆腐と砂糖をピュレーして、抹茶と小麦粉とベーキングパウダーを混ぜて蒸したもの。これは勝手に作ってみたので失敗気味でしたが、みんなおいしいと言ってました。ホントかよ...

人によっては「これ、veganって言ってるけどいつも普通の料理に使ってる調理器具で作ったの?」とか聞くもいるらしいので、そこまでされたらもう食べなくていいと言いましょう(- -;

でも、料理自体はveganだろうと gluten freeであろうと、おいしければ差別しません(笑)。
近所のベーカリーでveganカップケーキが有名なところがあるので、興味本位で一度試してみようかと思っています。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2010-06-12 07:59 | 料理 | Comments(4)

私:Ph.D.をとるためアメリカに来て今はアカデミアとスタートアップの境に存在。夫:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。アシスタントプロフェッサー。
by hamakkoinmidwest
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アメリカ生活
同じ屋根の下
国際恋愛
サイエンス/キャリア
自己紹介
料理
彼の仕事関連
結婚未満
ビザ関係
国際結婚
serious stuff
ウェディング関連
アメリカで不妊治療
Outlander(Starz)
未分類

About

生命科学系PhDをとるため日本の大学卒業後アメリカに来て、当時MD/PhDコース中のPhDの方をやっていた彼と出会いました。彼のレジデンシーの間は国内で遠距離をしていましたが、フェローシップでこの都市に戻ってきたので、何年か一緒に住んでから結婚しました。体外受精の末恵まれた娘と3人暮らし。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧