私:Ph.D.をとるためアメリカに来て、今はポスドク中。 彼:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。週一でクリニックをしながらポスドク中。


by hamakkoinmidwest

タグ:アメリカ生活 ( 119 ) タグの人気記事

アメリカの食:両極端

この間アメリカの食問題について書きましたが、最近この国では、何でも自分で育てたり、元から手作りしたりという「本物の食」のトレンドが広まりつつあります。

私の住んでいるところでも、最近できたレストランは地元の農家と提携して野菜や果物、肉(魚介類は海から遠いので無理ですが、トラウトくらいならあります)を仕入れ、ビーガン、ベジタリアン、グルテンフリーメニューあり。というところがかなり増えてきました。チョコレートやコーヒーなども、労働者の人権が守られている国・地域からしか原料を仕入れないとか、こだわりが見られます。

不況のダメージはあるものの、地元農家が行うファーマーズマーケットも全国的に増えてきました。1994年には2000以下だったのが 2009年には5000以上に増えたそうです。
自宅の家庭菜園にとどまらず、鶏や山羊を飼う人も増えてきました。
パンやパスタ、チーズを家庭で作ったり、挽肉は自分で挽くという人もかなりいます。
こういうトレンドと、ジャンクフードばかり食べている人たちを比較すると、ほんとに両極端。

CNN のこの記事によると、テレビ番組などのおかげで最近料理することがトレンディーになってきたとか。
料理することを知らない人の多さには未だにびっくりさせられますが、国として少しはいい方向に向かってきてるのかな、と少し楽観的に見守っています。

ちなみに、うちはというと...

- 家庭菜園は小規模ながらしている。
- コンポストはしたいけどまだできてない。
- 野菜の育つ季節は、なるべくファーマーズマーケットで地元農家から購入。
- 思い切り季節外れなものはほとんど買わない(冬のトマトとか)
- でもバナナとかはつい買っちゃう。
- ソーダ類やジュースなし。飲み物は水道水かクラフトビールが主
- 肉を農家から買うのはごくたまに。やっぱり高いので。でも肉の消費自体は一般アメリカ家庭からするとかなり少なめ。牛肉はおうちごはんではほぼ登場しない。
- 麺類とパン(ピザ生地含む)は主に自家製。
- ミックス粉は使用しない。
- 焼き菓子は基本的に手作り。
- 未だに買っているプロセスフードはチーズ、デリミート、カップ入りヨーグルト、グラノラバー、シリアル(ほぼ彼の朝とランチ用)
- 彼のコーヒー消費量が半端じゃないため、コーヒーにこだわると大赤字なので大手メーカーのコーヒー
- 外に食べに行くのは月に2−4回くらい?
- ファストフードはたま〜〜〜〜〜に食べることがある。でもファストフードのハンバーガーは一年にあるかないかくらい
- 行くレストランやパブは素材にこだわるところが主。

ってことで、まだ全然極端じゃないですね。
今年は初めてCSAのシェアに加入したので、農家から卵と野菜が届きます!うれしいな♪
[PR]
by hamakkoinmidwest | 2010-05-12 05:37 | アメリカ生活

アメリカの学校給食

前のエントリーの続きっぽいですが、アメリカの給食ってホントにひどいそうです。

最近Yahooのトップページに載ったり、朝のニュース番組に出たりして急に有名になったのがMrs. Qという学校教師のブログ、Fed Up With Lunch。ある日、子供達が食べている給食を見てそのひどさを広めようと、毎日school lunchを食べるというプロジェクトを始めたMrs. Q。毎日毎日チーズピザ、チーズバーガー、チキンナゲットで弱音を吐くポストもありました(「もう無理。これ以上食べ続けられない...」みたいなの)。

有名になる前から時々チェックしてたのですが、最近はゲストブロガーがたくさん登場していて他の国の給食事情も読めます。家計のどれくらいを子供の食べるものに投資する気があるか、国によってかなり違いそうですね。

アメリカの典型的スクールランチの写真を見てみてください。ピザ(=炭水化物)とプレッツェル(=炭水化物)って一体...。これとかほんっとにまずそう(ケチャップ=野菜?)。刑務所で出る食事と同じっていう学校も少なくないそうな。そしてもっと気になるのがゴミ。大きな工場で大量生産され一つ一つ個別にパッケージされたものが、あっためられて出されるだけ。ゴミの山です。
大統領夫人が子供の肥満化問題と食育についてとても積極的なので、だんだん注目はされてきてるのですが、根本的に「お金がかかるなら今のままでいいや」っていう人が多そうな気がするのは私だけでしょうか。
[PR]
by hamakkoinmidwest | 2010-04-15 06:00 | アメリカ生活

通った。。

昨夜、ヘルスケアリフォームの法案が無理矢理通りました!
初めの一歩です。

オバマ大統領が民主党、共和党を歩み寄らせようとした努力虚しく、結局共和党のYES票はゼロで通すことになりました。反対派にも2種類あり、もちろん共和党はほぼ100%反対の姿勢ですが、民主党でも歩み寄りとして妥協した部分が気に入らないので反対という意見も。個人的には、共和党側はこれを利用してオバマ/民主党バッシングをしようというのが主であって、本当に国民のことを考えてるのかがかなーり微妙です。8年間も政権握ってたし、クリントン政権直後には黒字だったんだから、本当にリフォームが必要と思っていたならばできたはずなのにしなかったわけだし。

例えば、共和党のチェアマン、マイケルスティールから来た「アンケート」と称する寄付金催促の手紙。
なぜか国民ではない私に来たところが最初からコケてますが。。

「あなたの解答が、共和党を団結し、オバマアジェンダを打ち負かすのに役立ちます(ここ、ホントに大文字になっています)」

に始まり、
現在の政府に対する文句をタラタラと聞いてきます(選択肢が結構うける)。
「毎日毎日、大統領は自分の失敗を誰かのせいにしている」
「オバマの失敗は明らかです。政府が干渉しすぎる、社会主義のポリシーにより15億人の国民が職を失い、苦しんでいるのです」

↑いやぁ、本当に今のひどい状況を過去8年のせいにはしたくないんですねぇ。あのー、政府が全くウォールストリートを監視しなかったからサブプライムローンがふくれあがって崩壊した結果の今の不況なんですけど?

しまいには、

「A)オバマの失敗の自己責任を取らせ、B)従順なリベラル達を、元々彼らのいるべき場所、少数派に押しやることによってオバマの政治力を剥奪する」

唖然。

そして、寄付金の催促の選択肢がまた笑えて、$50、$250、$500とある中、「今は経済的に寄付できないけれど、$15同封した。がんばれ!」だって。寄付しないっていう選択肢はもちろんなし

共和党にとって、これが一番大事なことなんですね。ただ単に多数派のステータス、政治力を取り戻したいだけで、誰も国民のことを考えようとしてないように聞こえますよー。不況だから国民に不満が募るのは当然。そこを利用しようとしてるわけです。

てなわけで、共和党からはヘルスケアリフォームに誰も歩み寄ろうとしなかったのは当然って言えば当然ですね。

もちろん今の法案に問題点は山ほどありますが、ここで何もしないとアメリカのヘルスケアは崩壊します。
すぐに実行される違いは、保険会社が保険を突然人から取り上げられなくなることと、病歴があるからといって保険を拒否できなくなること。日本人として、これって倫理的じゃないと思うんですが、それが長年日常茶飯事だったアメリカ。例えば癌にかかったりして保険が必要なときに限って、健康保険を失う人が多かったのです。

でも、これから大問題になってくるのがプライマリーケアドクターの不足です。アメリカの医療分野では、どんどん専門化がすすんでいて、やたらと専門家は多いけど肝心の「かかりつけ医」が少ないんです。それに、前に少し文句をたれましたが、女性医師は週2回働くだけでいいお給料の出る分野に行く人が多いこと。これの解決策は難しいでしょうね。簡単な検査や患者は扱える、ナースプラクティショナーを増やすっていう手も?

医者がどういうふうに患者を診るかの規制が始まるとも聞きました。これがどう出るかが分からないです。彼は個人的にはこういうところへの政府の介入が嫌いなので嫌がっていますし、彼のボスも「研究中心に仕事しろ」と彼にアドバイスしてました。まぁ、どっちに転んでも高収入は望めないということですね(苦笑。

今のところあまり人気のない法案ですが、結局「困っている人たちはかわいそうだけど自分のお金が減らされる/使われるのは嫌」というのが反対意見の根本にはある気がします。
きれいごとみたいですけど、私は増税されても、税金がちゃんと必要なところに使われてさえいれば文句はありません。ただ、資金の運用がどうなるかがやや心配ではありますね...。

ちなみに、この便利ツールで自分の保険料/税金がどうなるか推測できます。低所得、独身の私にはほぼ何も影響なしだそうです。
[PR]
by hamakkoinmidwest | 2010-03-23 08:06 | アメリカ生活

ビザスタンプ騒動

この間、日本行き航空券のセールがあったので、特に日本に帰る予定はたてていなかったのに衝動買いしてしまいました。
これを逃すと行く機会がないかも!と、彼も行くことに(→極貧なので旅行費はちょっと負担してあげます。ぺーぺーのポスドクで医者と付き合ってるのにこれってひどくないですかっ)。初めて一緒に日本に行くことになり、ものすごくうきうきしていたのもつかの間、重要なことに気づきました。

私の今のビザステータスはH1b、非移民就労ビザです。最近OPTから切り替えてもらいました。
しかし、学生ビザ歴が長かったため、「ビザステータスの変更」が 「パスポートにビザが貼付けてある状態」と違うことを深く考えず「あれはどうなるんだろう? ま、大丈夫でしょ」と呑気に旅行を予約してしまったのです〜!

実は、アメリカ国内でステータスを変更した場合、パスポートに「本物」のビザを貼り付けて(シールみたいなもんです)もらうためにはアメリカ大使館=アメリカ国外に行く必要があります。
つまり、国内にとどまっている分には問題がないのですが、一度出国してしまうと再入国する前にビザスタンプをゲットする必要があるのです。

パニック。

大使館の面接を取るには、申請書を作成してバーコード番号をゲットしないと、空いてる日の分かるカレンダーにすら行けません(これってひどい〜)。
しかも、彼の都合で滞在期間がかなり短いため、帰りの便の前にビザスタンプ&パスポートが間に合うかどうか(大汗)

さらに、2010年の3月29日以降の面接には、必要書類がDS-156から写真も含め全てオンラインで申し込むDS-160に変更になり、そのサーバーがパンク状態。Twitterで見てみたら作成完了まで1週間かかったっていうコメントも多く見られました。

これはまずい!!

が、ここでさらに大事件が。

インターナショナルオフィスに書類を持って質問しに行ったら、「これ、I-797Aじゃない!」

"approval notice"が必要ということで自分の「移民関係」フォルダーに入っていたそれっぽい物をよく見ないで持って行ったのですが、I-797C(ただの領収書)だったのです。しかも日付が2009年??

じゃあ本物は学科のオフィスかも、と言われ、学科のオフィスの担当者に聞いてみたら私のフォルダにはそのコピーしかない。

大パニック。

再度インターナショナルオフィスに出向き、I-797Aがない!!と言うと、担当者がまた私のフォルダ内を探してくれましたがそれもなし。
届いたから取りに来て、と言われた日は覚えていたのですが、ちゃんと封筒の中身をチェックしなかった私のせい!でもインターナショナルオフィスから間違った書類が送られた可能性も。

結局、その日帰って私がもう一度家の中を探してみて、なかった場合インターナショナルオフィス内を再度探すということになり、青ざめながら帰りました。

この書類、I-94もくっついていて(それすら切り離してなかった私←大ボケ)とーっても大事なもので、再発行にはお金がかかって届くのに3−6ヶ月かかるとか。紙切れ一枚になんで6ヶ月もかかる!?

と、もうこれが見つからなかったら旅行は中止、と半ば諦めかけていたのですが、家に戻ってよーく探したら、税金関係の書類のフォルダに紛れてました(大恥)。

ほ〜〜〜〜〜〜〜〜。

DS-160の作成については次に書きます。
[PR]
by hamakkoinmidwest | 2010-03-12 08:42 | ビザ関係

Health care reform

しばらくこれについて書きたくて、でも書くと長くなりそうで投稿できないでいました。私は特に政治に詳しいわけでもないので単なる個人的なつぶやきです。

国民健康保険のないアメリカでは、健康保険は雇用に付いてきます。なので、失業すると健康保険までなくしてしまう訳です。
自営業の人たちは自分でなんとかしなければならず、保険だけで月何百ドルもかかるそうです。
癌にかかったら医療費を払えなくなり自己破産という例も多く見られます。

そして平均すると、国民一人当たりかかる医療費は国民健康保険のある他の先進国の2倍。

というのも、仕事があっていい保険に入っていると、実際の医療費がどれくらいかかっているのか分からないので、無駄に検査を依頼したり、一番高い方法をお願いしたり、医者側も検査をするほどお金が貰えるので不要な検査をしたり。また、医療ミス訴訟を避けるためにやり過ぎくらいの検査をする場合も多いそうです。

ホワイトハウスが今通そうとしている健康保険改革案について、詳しくはまだよく読めてないのですが、少々心配なのがコストです。国民保険で全員が加入すれば毎年コストが下がっていく、というのを当てにしているので、それが本当にうまくいくかどうか。でも、反対する共和党側の具体的な案はあまりはっきりしません(最初からやり直せ、の一本やり)。共和党側の意見で唯一賛成なのが、医療訴訟問題をなんとかすること。医療訴訟の多い産婦人科などでは訴訟対策の保険料がものすごい金額だというのを聞いたことがあります。何かあるとすぐ訴えるアメリカで、必要以上にふくれあがってしまったコストです。でも、弁護士が主力を握っている民主党はこの問題に大してそれほど意欲的ではありません。そこは歩み寄るところだと思うのですが。

コストは問題だとしても、保守派の国民健康保険制度への恐怖心と抵抗は日本人の私には理解しがたいものがあります。
自由な国と誇りに思うのはいいのですが、国民保険がないということがどれくらい負担になっているのか、分かっているのかどうか...。
改革には痛みが伴うもの。かなり苦戦しそうですが、どうにか改革に成功してほしいものです。
[PR]
by hamakkoinmidwest | 2010-03-02 07:11
2月7日、日曜日はSuperbowl(=NFLの決勝戦) でした。全く、年に何回食べ続ける日があるのかというアメリカ合衆国。フットボール観戦がメインなはずのこの日も例外ではありません。

スーパーボウルで定番なものの例はこんなかんじ。

#バッファローチキンウィング
(手羽先を揚げて、バターとホットソースに絡め、それをさらにブルーチーズドレッシングにディップして食べるという脂に油に脂に油の前菜です。たまに食べるとおいしいけど食べ過ぎると...)

#チリ (冬の定番!テキサスチリは豆が入ってないそうですが私は豆入りが好きです)

#宅配ピザ(ピザチェーンが一番儲ける日かも?バッファローウィングも宅配するチェーンがほとんどです)

#トルティーヤチップとディップ各種、またはナチョス

今年はセインツ(ニューオーリンズ;優勝おめでとう!)の影響で、ニューオーリンズっぽい物を作った人も多いとか。

まぁ要するに、ビールに合えば何でもいいんです(笑

私と彼は大家さんのスーパーボウルパーティーに招待されたのですが、「食べ物もたくさんあるから〜」と言われていて何を持って行けばいいのか分からなかったのでソフトプレッツェルとハニーマスタードソースを作って持って行きました。
袋入りの小さい乾燥プレッツェルには全く興味のない私ですが(チョコレートでコーティングしたやつは別)、モールとか空港で焼きたてソフトプレッツェルの香りにはいつも惹かれるので作ってみることにしました。

あの独特の色合いと香りはプレッツェル生地(基本的にパンと同じ)を一度重曹の入ったお湯で茹でるところから来るみたいですねぇ。プレッツェル用の塩なんてものは明らかに持っていないのでコーシャーソルトで代用しました。
あと、例のプレッツェルの形ではなく皆で分けやすいように一口サイズのナゲット状にしました。

大好評!

ローカルの人たちの間で人気のあるプレッツェルのお店よりおいしいって言われました!感動!
ただしそのお店、ソーセージをプレッツェル生地で包んで焼いてあるソーセージプレッツェルが有名なそうなので、今度こういうものを持って行く機会があったら何か中に包んでみようかと思ってます。ミニウィンナーのプレッツェルなんて一口サイズでいいかも☆

ちなみに大家さんのチキンウィングはグリルしてスパイシーなソースに絡めてあるものだったので、定番のよりはカロリーダメージが低かったしおいしかったです♪
[PR]
by hamakkoinmidwest | 2010-02-10 05:32 | 料理
近所にお気に入りのイタリア系グロッサリーストアがあります。イタリアンの食材を始め、スパイスなど色々な物が安く買えるしローカルの家族経営のお店なので、よくここで買うことにしています。

ある日ふと目についたのがbulgurという穀物。バルガー/ブルグルという名前の一見クスクスみたいなものですが、中東でよく食べられている、麦を一度加熱調理してから乾燥したもののようです。利点は全粒なので食物繊維やビタミンが多いこと、細かいものであればお湯と混ぜて10分以内で出来上がるので早いこと、など。

早い主食はとっても助かります。玄米は一晩浸けておかないとうまく炊けないし、お米も朝時間がないときは家に帰ってから磨いで、というと夕飯が遅くなってしまうので (冷凍してあるのがあるときは別ですが)。
これだとパスタより早いし、体にも良しということで気に入ってます。

昨日はマッシュルームとフェンネルと一緒に焼いたサーモン+スライスアーモンドとカラマタオリーブに添えて食べてみました。美味です♪
[PR]
by hamakkoinmidwest | 2010-02-06 06:23 | 料理

彼の家=お金の墓場

例の彼の家問題ですが、深刻になる一方です。

テナントが出ていったあと、マネージメント会社からものすごい金額の請求書が届きました。総額約$5000!!
こういうことがあった時のためのセキュリティーデポジットは$1000くらいなので、全く足りません。

これはひどい(涙

なんでもキッチンのキャビネットドアが壊れてるだとか、ガスレンジのLCDディスプレイが割れてるのでレンジ&オーブンを総取っ替えしないといけない(ヘタにモダンなキッチンなので取り替えるのも高額)だとか、二階のカーペットを全部取り替えないといけないだとか恐ろしいことになっています。

どういうテナントだったんだ...犯罪者?(愕然

セキュリティーデポジットで修理&掃除代が足りない場合、そのテナントの責任になるのですが、テナントを探し出して請求して払わない場合は裁判沙汰というものすごく大変なことをしなくてはいけないのはマネージメント会社じゃなくて彼。

結局、近いうちに彼が直接見に行くことにはしたのですが、これでは貸し家にする意味が全くありません....

なんだか、人生前に進もうとしてるのをあの家に足を引っぱられて進めないってかんじです。

ああ憂鬱。
[PR]
by hamakkoinmidwest | 2010-01-30 01:08

お買い物袋

プラスチックのレジ袋、なるべく使わないようにしたくて、お買い物袋をいくつか持っています。
私の住むところでもやっとマイバッグ持参の人がちらほらです(ファーマーズマーケットとかだと大多数ですが)。

でも、仕事帰りに「あ、XXが切れてたんだった」とか、元々仕事帰りにスーパーに寄るつもりでも朝バタバタしてトランクに入れ忘れたり、ってのが結構あったんですよ。

が。Chicobagを買ってからというもの、いつものバッグに入っているので忘れません!
今ウェブサイトをチェックしてみたらいろいろな種類が出てるんですねぇ〜。知らなかった。

ただし裏返して折り畳んで内蔵してある小さい袋に詰め込んだ状態なので、レジを通る前に物を入れる準備をしておかないと後ろに人が並んでる時など慌てます(笑

ビニール袋も犬の散歩用に必要なのでたまに使ってしまってますが(あと青果など水分が付いているものには使ってます)、生物分解のできるような犬の散歩袋も売っているみたいなので、ちょっと調べなきゃーと思いつつそのままになっています(汗
[PR]
by hamakkoinmidwest | 2010-01-27 08:07 | アメリカ生活
日本ほど食べ物の流行は激しくありませんが、アメリカでも食べ物の流行はあります。特に料理好き/食べること好きな人々の間では色々流行ります。(こういう人たちを指すのにFoodieという言葉がよく使われますが、この言葉を毛嫌いする人もいます(私は特に気にしませんが))

2009年に流行ったもの

#ベーコン
飴がけベーコンは数年前から流行っていたのですが、昨年になってベーコンカップケーキ、ベーコンチョコレートチップクッキー、ベーコン風味ウォッカ...ともう手のつけようがなくなってきたのが去年です。かく言う私も彼が無類のベーコン狂なのでベーコン・ピーナツバークを作りました。実は結構いけます(笑

#カップケーキ
ニューヨークのマグノリアで有名ですが、これはだんだん下火になってきてるかも。でもカップケーキ専門店がどこにでも出てきて、私の住むところにすらあるのです。色々なフレーバーとアイシングのコンビネーションが選べるところが魅力なのでしょうか。あと、子供時代の誕生日はカップケーキが多い(切り分けなくてもよく、手で食べられるのが幼児向き)ので、ノスタルジックなのも人気が出た原因でしょう。

#Fleur de selチョコレート、キャラメル
チョコレートとキャラメルのレシピには必ずFleur de selが仕上げにのっているというくらい流行りました。甘いものには少しの塩気がアクセントになっていいのですねー。

#ミクソロジスト
食べ物じゃないのですが、こだわりのあるカクテルの作れるバーテンダーがいつの間にかミクソロジストと呼ばれるようになっていました。学者っぽい響きです。今までに聞いたカクテルの中で一番衝撃的だったのがBLT(ベーコン・レタス・トマト)カクテルです。どう作るのか忘れましたが、ベーコンウォッカは間違いなく入ってました。

#和食
寿司ブームはもう古い話ですが、普通に日本語で通じるようになってきたのがパン粉、そば、インスタントじゃないラーメン(ニューヨークのMomofukuのおかげかと思われます。去年クックブックが出たのも一因かも)、えだまめ、昆布、「旨味」など。
もうちょっとがんばってほしいけど、次は韓国がきそうな予感です。

#トラックフード(屋台)
私は大都市にいないので残念ながら試す機会がまだないのですが、ニューヨークやLAでは大流行りのトラックフード。昔ながらのホットドッグだけでなく、色々なエスニックやオリジナル料理を専門にするトラックが増えてきました。特にLAのKogi tacos (焼き肉&タコスのフュージョン)が話題に。Twitterのおかげでいつどこに出没するかが分かりやすいそうです。

#モレキュラーガストロノミー
有名シェフが液体窒素を使ったり、グアーガムなどの安定剤を入れたり、Sous-vide(真空調理法)を取り入れるなどして「新しい」料理を作り出しました。個人的には、サイエンスが仕事なので恒温液槽とかが調理に使われているとあまり食欲でません(笑
シカゴのAlineaというレストランのシェフ、Grant Achatzなどが有名。最近では家庭用のSous-videマシーンなんかも出回ってます。


2010年に流行りそうなもの

#韓国料理。
焼き肉だけでなく、家庭料理的なものも流行りそうです。個人的にはもっと和食ブームになってほしい気も(材料が手に入りやすくなるとうれしいので)。

#鰯
毛嫌いする人が多い食材ですが、環境に優しい、水銀の心配もないということでニューヨークタイムス紙のMinimalistことMark Bittmanもよく使うし。最近Food NetworkのAlton Brownがアボカド+オイルサーディンサンドイッチでダイエットに成功したこともあり、少しは好かれる食材になるかも...?流行るまでにはいかないかな。

#アジアンスイーツ
日本のお菓子類の噂は密かに広まっています。キットカットにそんな種類があるの〜!みたいな。でも会社の取り決めでアメリカ国内では堂々と売れないんだそうな。

#Twitterを使うレストランとシェフが増える
既にお気に入りレストランとシェフ、フォローしてます。「今日はこんな食材が手に入ったよ!」とか「今日のスペシャルは○○!」というのがリアルタイムで分かるので便利。

#ホームガーデンがもっと流行る
景気はまだよくないですしねー。

というわけで、予想というか私の個人的希望というか...(汗

ちなみに、Epicuriousの予想はこんな感じです。
[PR]
by hamakkoinmidwest | 2010-01-14 13:16 | アメリカ生活