生物学者のアメリカ暮らし。

タグ:同じ屋根の下 ( 53 ) タグの人気記事




意味深なバレンタインデーカード

今年のバレンタインデーは、日曜日は彼が一日仕事をしていたので毎年のように一緒に料理ができず、私がレストランっぽい料理を作って(←単に複雑な料理を作る口実が欲しいだけ)、友達がイタリアで買ってきてくれた高そうなワインを二人で飲んで終わりでした。

当日月曜日も、彼が9時半過ぎても帰って来なかったので一人で食べ始めていると、帰ってきて予想外にカードをくれました。
(予想外というのは、彼は基本的にカードはよっぽどのことでもないと書かない人なので。)

何が書いてあったかというと、


「本当に長い間、辛抱強く(色々な意味で)待っていてくれてありがとう。あと少しの間だけ待ってくれないかな。その期間が、待つ価値のあるものにするから。」



おぉ、私がしびれを切らしているのがやっと分かったか!


それで、「今回カードだけで簡単にしたのは意図的だからね」と意味深なことも言ってました。

ありがとうハニー、と言っておきましたが、少しの間...ってどれくらいなんだろう。むー。

しょうがないのでまた忍耐強く待つことにします。(-_-)
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2011-02-16 07:09 | 結婚未満 | Comments(6)

まだ結婚してないということ

えー、ブログの本題に戻ります。

先日、高校時代からの親友が入籍するとのうれしいニュースが♪
高校、大学でもあまり男付き合いはなくて、私の彼と一緒に帰った時と、冬に帰った時とも親友の彼氏に会って、いい人だし幸せそうで良かったなぁと思っていたのです。
親友が幸せになるのはもちろん大変うれしいのですが。

付き合って1年で入籍する親友と、付き合ってもう6年になろうかというのに未だに婚約すらしてない私。

母も親友のことを良く知ってるので、母に言ったら喜びつつ悲しみそう。

と、昨日はうれしいと同時に彼にムカついていました。

彼にぎゃーぎゃー言ったら

「分かった。分かったから!」

って言ってましたけどね。分かってねぇよ。と言い返したかったです。

彼は何をするにも先にプランをたてようとすると嫌がる人で、これで過去に何回か大げんかしてるのですが、

私がビザギリギリで間に合わなくなったくらいに慌てて結婚しようとする可能性あるんじゃない。

という考えが頭に浮かんでさらに腹が立ってきました。

今の状況は結婚してるのとほぼ変わらないのに、なんで踏み切れないのかがよくわかりません。
だって、最近家の貯金の話とか退職の為の貯金の話をよくしてるのですよ。

今幸せに生活しているんだからこんなこと言うのは贅沢なのは分かってるのですが、最近かなりこの件でイライラすることが多いです。(- -;

どこでも愚痴れないのでここで愚痴らせていただきました。
失礼しましたー。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2011-02-12 04:01 | 結婚未満 | Comments(1)

My pack rat-yness

彼と一緒に住んでお互いに気がついた事は、私は「あとで何かに使えるかも」と思ってなかなか捨てられない人間なのに対し、彼は物がたまっていくのが大嫌いだということ。

特に私がキッチンガジェットが大好きなことを知っているホストマザーがくれるものが蓄積していきます。

キッチンを見渡して、湯沸かしポットはそんなに使わないだろうとか、この蒸し器はいつ登場するのとか言ってくるのですが、どれも使うの!と言い張る私。
これでも一応ユニタスカー(使う用途が一つだけのもの)はなるべく買わないようにしてるんですけどねぇ。でもほら、リンゴが一押しで櫛形に切れて芯が同時に取れるカッターとかもらっちゃうので、引き出しも混んできます。

調理器具が見えるところにあるのが嫌だというのですが、見えないとこにしまったら不便なものが多数(炊飯器とか)。
将来一緒に家を買うときは、カートは禁止だからね。と言われてしまいました。カートがあるのはカウンタースペースがないからなんですけど...。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2010-10-27 23:35 | 同じ屋根の下 | Comments(0)

不況と結婚


どうやら、不況のおかげでアメリカでは全国的に結婚するカップルが減っているそうです。
Saying No to 'I Do', With the Economy in Mind- NYT

24−34歳では既婚人口が未婚人口を初めて下回ったとか。

そして「未婚の同棲が社会に認められてきている」とのこと。

私ら、トレンディー(笑

確かに、健康保険でもドメスティックパートナーが保険を得られるようになっていたり、オンラインのアンケートなどをしてても「未婚だが一緒に住むパートナーがいる」が選択肢にあったりします。


とはいえ、もちろん個人的には結婚したいんですが。

最近私の誕生日があり、彼からかなり高額なプレゼントをもらってしまいました。
うれしいけど...婚約指輪の方がいい。 ←とは言いませんでしたけどっ!!

仕事が一向にうまくいかないため、違う仕事を探したいのですが、ビザ問題がやっかいでなかなか身動きが取れないのが事実。しかも、地理的に制限されているとなるとほとんど選択肢がありません。
昨日今の状況に相当ブルーになり、もうサイエンス辞めたいとか言い出したときに、彼が「一緒にいられるってとても幸せ。いつまでもこういう状況じゃないから大丈夫」

と言ってくれました。

そう、ここにとどまると決めたのも、一緒に住めるようになるから。
結婚できてないことを除いては、私生活はとても幸せなのです。
遠距離で自分が好きな仕事をしているのと、どちらが幸せかというと、どちらとも言いがたい。
将来お互いに満足できる仕事が同じ都市で見つかるかが、難しいところです。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2010-09-30 07:42 | 結婚未満 | Comments(2)

朝食ピザ

未だにせっせとmoonlightingしている彼。
稼いだお金はどーんと家のローンに取られますけどね(涙

でも! 来週からテナントが入るらしいのです。夫婦です。名前しか分からないけど、今度は家を崩壊する人たちじゃないことを祈っています。

週末、夜勤明けで朝家に帰って来ると一応「朝ご飯」を食べるのですが、シリアルだけだとちょっと物足りなさそうなので、なるべくあったかい朝食を作ってあげることにしています。

アメリカのブレックファストというと、パンケーキやワッフル、フレンチトーストにさらにベーコン、卵などがついてくるヘビーなものが定番。そして彼はシナモンロールも大好物。私もパンケーキやシナモンロールを作るのが好きなのですが本当は少し軽めにしたいところ。

今日はすこし違う路線でブレックファストピザにしてみました。このブログエントリーを見て以来気になってたので。
でもベーコンをスパニッシュチョリソに変えて、アスパラガスを少々。チーズはパルメザンとモッツアレラのままでしたが。
私のピザ生地はこれです。残念ながら全粒粉が入っていませんが、一番美味しくできます。ただ、2時間前に生地を室温に戻しておく必要があり、早朝ではそれは無理(というか嫌)なので、冷凍してあった生地を前夜に保冷剤と一緒にカウンターに出しておきました。ピザは家のオーブンでは熱が足りないので、キャストアイアン(重ーい鉄のフライパン)のスキレットとグリドルを高温に熱しておき、いそいで生地をのせ、オーブンの高温ブロイラーで仕上げるという、上と下からの高温加熱で一気に焼きます。こうすると4分もあれば焼けてしまいます。

黄身がとろーり。意外とあっさりしています。
アレンジもしやすいので、これはキープ!
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2010-05-16 00:06 | 料理 | Comments(0)

妊娠検査。

はい、しました。妊娠検査。

毎日ちゃんと経口避妊薬を飲んでいるので99%以上安全なはずなのですが、なぜか生理が来なかったのです。普通の28日周期のピルでは、21日間ホルモン有りの薬を飲み、7日間ダミーの薬を飲むのですが、普通ダミーになって2日後くらいに出血(排卵はしていないことがほとんどなので、うそっこ生理ですが)します。以前もあったかなかったかくらい軽い時があったので、多分それと同様剥がすものがあんまりないのね、と思ったのですが、全くないのもちょっと気になります。

「今回生理来なかったんだよね。でも欠かさず飲んでたから妊娠はしてないと思う。」

と彼に言ったら、特に青ざめたり取り乱したりはせず、

「妊娠してても特に困ることじゃないけど、親に言うには気まずいね。多分してないと思うけど」

って。
数年前なら取り乱してただろうなって気がします。

一応確認のために検査しておいたほうがいいという話になり、ドラッグストアで買ってきて検査しました。初体験!

結果はくっきりネガティブ。

「なんか私の卵巣かわいそう。いざ必要な時に働いてくれないかもよ」

と言ったら、

「(ピルを飲み始める前も)すごい定期的だったんでしょ?そういう人の方が妊娠しやすいよ」

だって。

やっぱり世間体的に結婚→妊娠の順序は守りたいなぁーと思うのですが、逆になっちゃってもそれはそれでしょうがないかなっていう感じもしてしまうのは歳のせいなのでしょうか...。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2010-04-02 05:07 | 同じ屋根の下 | Comments(2)

私たちだけじゃなかったのね

ちょっと前の話ですが、ニューヨークタイムスの記事によると、カウンセラー曰くエコに対する考えの違いによるカップル/夫婦関係の問題が増加中であるとのことです。

例えとして載っているのが、毎日12.5マイル(20kmくらい)自転車で通勤し、リサイクルできるものは全てリサイクルし、買い物にもエコバッグを持って行くというフレミング氏。彼女にはそれでもフレミング氏のエコに対する取り組みに不満です。理由はフレミング氏がシャワーに使うお湯の量が多すぎることと、オンラインで物を買いすぎること。フレミング氏は彼女とはもう寿司レストランには行けないと言います。それは彼女がウェイターに魚のエコ度について口頭試問するから(笑

エコに対する取り組みの違いは生活の全て(何を買うか、何を食べるか、バケーションはどうするか、交通はどうするのか などなど)に影響するので、カップルとしてこれが全く違うとやっていけないということです。

私たちもこれで何度か言い争いになっています(笑
私はReduce, Reuse, Recycleの順にしたいのですが彼は家に物が溜まるのが大嫌いなので、プラスチック製の物を再利用できません(涙
で、歩み寄りで全てリサイクルに。彼はリサイクル箱の存在を我慢。

一緒にできることが少しずつ増えていけばいいかなと思います。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2010-02-18 07:11 | 国際恋愛 | Comments(0)

ランチ事情

翌日ぐらいにふつうに仲直りしました(全くドラマがなくてつまらないですね。すみません)。

でも、喧嘩したおかげでサンドイッチ用のパンを焼く気がしなかったので、パン買ってきたらランチ作ってあげる。ということにしておきました。
月曜日は大学の祝日であるMLK Dayだったので、仕事の途中「お昼食べに行かない?」と誘われ、彼のキャンパス近くのデリに行きました。久々の平日外ランチです。

火曜日のランチはラップを買ったそうなのですが、ヘルシーすぎて夕方空腹になり、「やっぱりいつものランチがいい」んだそうです。そして次の日パンを買って帰ってきました(笑

大抵私が作って持たせるのはサンドイッチとヨーグルトとグラノラバーなので、同じだと飽きるんじゃないかと思ったのですがそうでもないらしいです。

私が毎日食べても大丈夫なのは朝食のオートミールくらいだけどなぁ...。

まぁ、ちゃんとしたお弁当作らなくてもいいので私はらくちんです♪
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2010-01-22 23:55 | 同じ屋根の下 | Comments(0)

些細な喧嘩・ジャンクフード編

またしても些細な喧嘩をしました。

ジムに行って2時間くらいエクササイズした後、彼が「Qdobaが食べたい」と言いだしたのですが、今月すでに外食が多かったし、全くジャンクフードな気分ではなかった私は食べたくないと言いました。でも彼が食べたいなら彼の分だけ買えば?寄ってもいいけど?とオファーしたのですよ(私が運転してた)。

もーその後彼が超不機嫌になってしまい、「お腹空き過ぎて気分悪い」と言ってグラノラバーを食べ、シャワーをして彼がシャワーを浴びてる間に作ってあげた遅ランチを放置して仕事に出て行ってしまいました。ムカつく〜〜!

そして今夜はmoonlightingなので明日の朝まで帰ってきません。

明日の朝彼が帰ってくる頃には仕事に出てってしまおうかというくらいムカついております。

ジャンクフードが食べたいなら一人の時に昼に買え!と思います。
そして低血糖で機嫌悪くなるなら先にそれを言え。と思います(怒
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2010-01-17 07:28 | 国際恋愛 | Comments(0)

彼、泥酔

新年早々、結構衝撃的なことがありました。

下記の大晦日パーティーで、彼がとんでもなく泥酔してしまったのです。
いつもより飲んだとかいうわけじゃなく、あまり夕食を食べなかったのが原因かと思われます。理由は未だにはっきりしないのですがその泥酔ぶりが彼の人生で最悪規模で、周りは大変だったのです。

0時にはそれほどでもなかったのに、帰るとき1時半くらいになって気づいたらろくに立てないくらいべろんべろんになっていました(汗

ほとんど歩けないくせに「歩いて帰る」とか言い出しましたが、なんとか説得して車に放り込み、やっと家に着いたら起きてくれない!その日は氷点下10℃くらいだったので家に入れないと凍死してしまいます。
幸い、心配して違う車でついてきた友達の旦那さんと友達の友達の旦那さんが出てきて彼を車から引きずり出して家まで運び込んでくれました。
ほ。凍死は免れた。

そして彼は犬のベッドで深い眠りについてしまい、水を飲まそうとしても起きません。ここまで泥酔されると吐瀉物を詰まらせて死なないか心配。あまりおちおち寝てもいられなかったのですが、数時間後彼が起きたので見に行ってみると、なんと書斎で用を足そうとしているではないですか!!
「トイレはここじゃなくって隣!」とやっと彼をバスルームまで誘導(まだちゃんと歩けてない)し、間一髪間に合いました。危ない危ない。
この時点で、彼が老後アルツハイマーになったらこんな感じかも と一瞬思ってしまい、愛してるからお世話が出来るんであって、仕事でしてる人たちって偉いなぁなどと思っていました。
で、彼がトイレの床でまた寝てしまったので、たくさん毛布をかけて待ちました。

次の朝やっと目覚めた彼は、「何でバスルームにいるの?どうやって家まで帰ったの?」と困惑状態。深夜以降は全く何も覚えてないそうです。

その後人生最悪の二日酔いを味わった彼は、ごめん/愛してる/ありがとう を一日中言っていました(当然のことながらものすごく反省してました)。

「私一人じゃ運べないんだからもう二度とこんなに酔わないでよね」
と言っておきましたが、本人もうアルコールは見たくないくらいでしょう。

今回のことでさらに今の生活って結婚生活と何が違うんだろうと思いました。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2010-01-04 02:55 | 同じ屋根の下 | Comments(0)

私:Ph.D.をとるためアメリカに来て今はアカデミアとスタートアップの境に存在。夫:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。アシスタントプロフェッサー。
by hamakkoinmidwest
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アメリカ生活
同じ屋根の下
国際恋愛
サイエンス/キャリア
自己紹介
料理
彼の仕事関連
結婚未満
ビザ関係
国際結婚
serious stuff
ウェディング関連
アメリカで不妊治療
Outlander(Starz)
未分類

About

生命科学系PhDをとるため日本の大学卒業後アメリカに来て、当時MD/PhDコース中のPhDの方をやっていた彼と出会いました。彼のレジデンシーの間は国内で遠距離をしていましたが、フェローシップでこの都市に戻ってきたので、何年か一緒に住んでから結婚しました。体外受精の末恵まれた娘と3人暮らし。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧