生物学者のアメリカ暮らし。

タグ:食べ物 ( 10 ) タグの人気記事




St. Patrick's Day

今日はSt. Patrick's Dayでした。アイリッシュのお祭りですが、アメリカでも結構な騒ぎになります。
うちの都市でも何カ所かでパレードがあったり、アイリッシュパブは朝から混雑するみたいです。
アイリッシュ=酒に強いという典型があるからなのでしょうかね...。
この日に緑色を着ていないとアイルランド系の血が入ってる人につねられます(もちろんつねらない人もいるでしょうが)。

以前にも書きましたがアメリカ人は「コーンド(塩漬け)ビーフとキャベツ」とアイリッシュソーダブレッドを食べギネスビールを飲んだりするのですが、アイルランド人に言わせると間違ってるらしいです。日本のクリスマスチキンみたいなもんですかね(笑

コーンドビーフと言っても、缶詰の「コーンビーフ」とは違って、スパイスと塩にじっくり一週間くらい漬け込んだ牛ブリスケット(という部位)を柔らかくなるまで加熱したものです。ちゃんと作れば美味しいのですが時間がかかるので、今年は豚のビール煮込みとコルカノンを作りました。肉がメインなのでベーコンは省き、色の濃い野菜アップの為キャベツにプラスしてケールを使いました。
うちでサンクスギビングをホストした時にアイルランド人の知人に作ってもらったことがあるので、そのイメージで(ってもう忘れかけてますが)。
結構美味しくできました。
いつもイベントを口実に色々作っているのですが、今年は時間がないのでひな祭りっぽいものもしなかったしパイの日(3.14)にパイも作らなかったし、ダメダメです。あ、でも節分は恵方巻きも作ってちゃんとやりました!(笑

次はイースターですが、ウェディング直前でそれどころではなさそうです...。
イースターのパンとかお菓子って美味しいのが多いのですがねぇ〜〜
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2012-03-18 10:15 | 料理

コレステロール値


彼が生命保険に加入する際、健康診断が必要で、保険会社の派遣した人が家まで彼の採血をしに来ました。

最近その結果が返ってきたのですが、血液検査の結果は◎で、特にコレステロール値がすごい低い!

ayaの手料理のおかげだ!

と大変喜んでいて、いろんな人に自慢してます(^ ^;

そんなに健康的な食事ばっかり作ってるわけでもないと思うんですけど、私のおかげだと思ってるみたいなのでそういうことにしておきます(笑

結果に浮かれた彼は、日曜日の朝ドーナツが食べたい!と言い出し、地元のドーナツ屋さんで12個入りを買ってきました。食べ終わるのに2日かかりました。

帳消しです。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2011-09-08 23:38 | 同じ屋根の下

アメリカで2010年に流行った食べ物

1月に書いた、2009に流行ったものリストを見直してみました。

なんだか、どれもまだ流行ってます(汗
カップケーキとベーコンはさすがにそろそろ下火になりそうですが、この小規模都市にもついにトラックのトレンドが来て、いくつかフードトラック(そのうちの一つがカップケーキだったり...)が身近なロケーションに来るようになりました。

そして私の2010年の予想はTwitter以外はハズレ。(;_;
韓国料理、もうちょっとがんばってほしかったのに。そしてやっぱりアメリカ人に鰯を好きになれというのは無理っぽいですね(ウチではツナ缶ー>サーディン缶へと移行しましたが)。
例のKogiのおかげで韓国xメキシコフュージョンが普通になったっていうのはありますが、本物の韓国料理の人気が爆発ってほどでもないです。
大都市ではカップケーキの流行りはパイに移行しつつあるらしいですが、ここでは未だにカップケーキ(遅)。
ニューヨークとかに比べると1年くらい遅い気が...。

では、来年の大胆予想!

アップスケールレストランによるグルメフライドチキン。

もう既に有名シェフがやってるので、まねっこがいっぱい出てくるかなという予想です。
ついでに唐揚げが流行ってくれないかな(笑
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2010-12-14 06:56 | アメリカ生活

ひとこと言いたい。

「予想に反して健康に良くない子供の食品」の記事を読んだのですが...↓

5 Unexpectedly Unhealthy Kids' Foods

1) The PB&J
ピーナツバターとジェリーサンドイッチ。これはアメリカの子供のランチの定番です。
パンにピーナツバターとジェリー(ジャムというよりは、ジュースをさらに甘くして固めてあるようなやつ)を塗って完了。
栄養がないの当たり前でしょ!

2) Baked potato chips and pretzels
「普通のポテチよりは健康的だけど栄養がない」
って、それも当たり前!!

3) Whole milk
低脂肪牛乳にしろとのこと。
他の食べ物が高脂肪だからってだけで、牛乳を悪者扱いすることないと思うんですけど。日本の学校給食は、普通の牛乳も含めて700kcal程度になるように作られてますね。揚げ物が入ってもその程度。偉い!

4) Apple sauce
アップルソースというのは、リンゴを煮てピュレー状にして持ち運びが便利なようにカップに入ってるもの。でも砂糖がどっさり加えられている物が多い。ので、加糖されてないものを選べとのこと。

普通に生のリンゴ与えたほうがよっぽどいいのでは?病人と違って噛めないとかいうわけじゃないんだし。

5) Packaged lunches
箱にクラッカー、チーズ、プロセスランチミートが入ってるやつ。これも当たり前!
あんなの食べさせられる子供は哀れです。

アメリカ人の栄養に関する知識のなさにはいつもがっくりさせられます。

この間なんて、スーパーのレジで私が買うブラウンシュガー(*)の袋を私の前にいた肥満女性が、マジマジと見ていたかと思うと、
「たったの15カロリー!?私も次この種類を買うわ。」

えっと。小さじ1の話ですよ(と指摘したのですが、彼女の「いつも買ってるのより低カロリー」との思い込みは正せませんでした)

しかも、精製された炭水化物とタンパク質はどうがんばっても4kcal/gだし、脂肪は9kcal/gなんですけど??

あぁ....。そういう基本的な事知らないんだろうな。と思ったある夕方でした。

*私はこだわりでサトウキビのブラウンシュガーを買います。普通のは砂糖大根由来のグラニュー糖にモラセス(糖蜜?)をスプレーしてあるもので、それってちょっとどうなのよ?と思うので)
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2010-11-05 01:05 | アメリカ生活

農業って大変

今年初めて試してみたCSA(Community Supported Agriculture)ですが、既にシーズンの半分が過ぎました。
デリバリーの後に、CSAの農家からニュースレターが来てファームの様子を知ることができるのですが、今年は熱波がすごくて、野菜が思うように実を付けないので農家にとってはとても大変な年なのだとか。

私たちも小さな家庭菜園があるのでピーマン/唐辛子類があんまり実をつけないなーと思っていたのですが(高温になると、花が咲いても実をつけずに落としてしまうのです)、農業で食べて行くにはこのようなことがあっても、「あーあ」じゃ済みませんよね。

CSAのおかげで、レタスを高原で育てる理由がわかりました(笑)。レタスは暑さに弱い! 高地のないうちの州では夏に葉ものを育てるのが大変なのですね〜。
鶏も暑さに負けて産む卵の数が減ってきて、卵自体も小さくなって来たとか、農家との通信がなければ知らなかったことがたくさん。
農業って甘くないんだなーと思います。

だからこそ、CSAの重要さがわかりました。自然のいたずらがあっても、CSAメンバーが前払いしていることにより、その農家をサポートすることができる。農家側もメンバーが満足できるように、できるかぎりがんばる。そうやって、信頼関係を築くことができます。
うちはハーフシェア=隔週で作物を持って来てもらうのでファーマーズマーケットにも行って買い足していますが、今の所CSAデリバリーには満足してます。酷暑の中、畑仕事をする農家の人たちに感謝!
自分の食べるものと「つながり」を感じられるのはいいなと思います。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2010-08-14 22:47

Food Inc.

今更ですが、Netflixで Food Inc. を観ました(遅っ!)

内容はほとんど知っていたので、ビジュアルだけが目的でしたが、やっぱり影響力のある映画ですね。

私たちの食生活はこんなかんじなので、全オーガニック、ローカルというにはほど遠いですが、こういう映画を観るともうちょっと徹底しないとなーという気にはなります。

元々、牛の挽肉はNYTimes の記事(アンモニアで消毒されてる挽肉もあると知ったのはその時でした)を読んで以来スーパーでは買わないことにしていて、近所の小さな肉屋さんで挽いてもらうか、塊を買ってきてうちで挽くことにしていました。夏の間はファーマーズマーケットが頻繁にあるので農家から肉を買うのも簡単なのですが、冬はどうしようかと考えています。冬も続く CSA(community supported agriculture)もあるんですが、うちのは野菜&果物&卵なので秋に終わってしまいます。厳しい冬のある地域では冬でも地元でとれた物だけを食べるっていうのはほぼ不可能ですね(^ ^;

私も先日触れた移民問題、この映画でも取り上げられていました。
不潔で過酷な環境の精肉産業が違法滞在の移民を雇い、コストを下げる。違法滞在移民がひどい環境に文句を言えないことを利用して、消費者の「もっと安く」という要求を満たすためです。

この「安ければ安いほどいい」という消費者の要求が、食品産業が現在のようになってしまった要因の一つのようです。

私が憤りを感じたのは所得が少なく、父親が糖尿病、母も肥満で子供が二人の家族が、ファストフードを食べるシーン。
映画のスタッフと一緒にスーパーに買い物に行き、洋梨が高すぎるからって棚に戻すところが出てきます。果物一つに1ドル払うのを諦めて、「食事」になる1ドルバーガーを買ってしまう。時間もないし。でも、父親は糖尿病で失明するかもしれない。月々の薬代が高いので、健康的な食べ物は高くて買えない。と説明する母親。

米と乾燥豆(時間がないというのなら、缶詰でも)と、ケールやマスタードグリーンの安い葉っぱがあれば、4人分の食事は相当安く作れるのに。時間がないっていうけど、ファストフードレストランまで車で行く時間内でできてしまう料理だって沢山ある。
要するに、そうやってやりくり&スピード料理ができる人はあまりいないんですね。だから低所得層=肥満という、歴史的になかったことが起きてしまう。
そしてそういう人が多いから、食品産業はますます安くて満足感を得られる、ジャンクフードを売り続けることができるという悪循環が、さらに悪い方向へと向かってしまう...。

アメリカの食問題は、アメリカ経済、貧富の差、移民問題、健康保険問題、政治と大企業の癒着など、今アメリカが直面している諸問題が複雑に絡み合った問題なんだということを改めて確認できる映画でした。
職業柄何でも疑ってかかるので全部鵜呑みにするわけではないですが、誰でも一度は観ておくべき映画だと思います(とか偉そうに言って今まで観てなかった私)。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2010-07-14 06:50

アメリカの卵

しばらく前に、日本人の友達から「アメリカの卵って、なんで黄身の色がレモン色なの?」と聞かれたことがありました。
確かに日本で普通に買う卵と比べると色が薄いです。
餌が違うのかな、くらいにしか思っていなかったのですが、やっと謎が解けました。

日本では、黄身の色が濃い=健康な卵、おいしそう と思われているので、餌にパプリカなどの色素が加えられるのだそうですが、アメリカでは色素を餌に加えることは禁止されているらしいのです。 (間違ってました。パプリカ色素など天然なものは加えてオッケーだそうです。なので多分違うのは加えられてる色素の量です。安ければ安いほど色素を加えてないのかもしれません。)

私は夏の間、農家からの野菜の宅配に加入していて、野菜と一緒に放し飼い卵も届きます。
黄身の色はスーパーのよりは少し濃いけれど、そこまで変わらないなと思っていたのですよ。

でも味は違います。やっぱり放し飼いで地面から虫をつついて生活している鶏と、身動きがとれないように小さい隙間に入れられている鶏では卵の味に違いは出ますよね。

また、日本の卵とアメリカの卵との違いは、日本の場合は生食用を仮定として殻の消毒が行われ賞味期限が決められているのに対し、アメリカの場合は加熱用を仮定としていることです。最初、卵の賞味期限がやたら長くてびっくりしましたが、それはそのためだったようです。ということは、日本での賞味期限は生食用のことで、それが切れても加熱するならまだまだ使えるということです。

ちなみにアメリカでもスーパーの卵は消毒はされているので、農家から買った卵とかの方がかえってサルモネラの危険はあります(小さい農家は消毒してないと思うので)。アメリカでも生卵を食べたいから放し飼いのオーガニックの卵を買うんだという日本人もいるらしいですが、その点では、味はどうあれ多分スーパーの卵の方がかえって安全かもしれません。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2010-07-10 04:53

アメリカの食:両極端

この間アメリカの食問題について書きましたが、最近この国では、何でも自分で育てたり、元から手作りしたりという「本物の食」のトレンドが広まりつつあります。

私の住んでいるところでも、最近できたレストランは地元の農家と提携して野菜や果物、肉(魚介類は海から遠いので無理ですが、トラウトくらいならあります)を仕入れ、ビーガン、ベジタリアン、グルテンフリーメニューあり。というところがかなり増えてきました。チョコレートやコーヒーなども、労働者の人権が守られている国・地域からしか原料を仕入れないとか、こだわりが見られます。

不況のダメージはあるものの、地元農家が行うファーマーズマーケットも全国的に増えてきました。1994年には2000以下だったのが 2009年には5000以上に増えたそうです。
自宅の家庭菜園にとどまらず、鶏や山羊を飼う人も増えてきました。
パンやパスタ、チーズを家庭で作ったり、挽肉は自分で挽くという人もかなりいます。
こういうトレンドと、ジャンクフードばかり食べている人たちを比較すると、ほんとに両極端。

CNN のこの記事によると、テレビ番組などのおかげで最近料理することがトレンディーになってきたとか。
料理することを知らない人の多さには未だにびっくりさせられますが、国として少しはいい方向に向かってきてるのかな、と少し楽観的に見守っています。

ちなみに、うちはというと...

- 家庭菜園は小規模ながらしている。
- コンポストはしたいけどまだできてない。
- 野菜の育つ季節は、なるべくファーマーズマーケットで地元農家から購入。
- 思い切り季節外れなものはほとんど買わない(冬のトマトとか)
- でもバナナとかはつい買っちゃう。
- ソーダ類やジュースなし。飲み物は水道水かクラフトビールが主
- 肉を農家から買うのはごくたまに。やっぱり高いので。でも肉の消費自体は一般アメリカ家庭からするとかなり少なめ。牛肉はおうちごはんではほぼ登場しない。
- 麺類とパン(ピザ生地含む)は主に自家製。
- ミックス粉は使用しない。
- 焼き菓子は基本的に手作り。
- 未だに買っているプロセスフードはチーズ、デリミート、カップ入りヨーグルト、グラノラバー、シリアル(ほぼ彼の朝とランチ用)
- 彼のコーヒー消費量が半端じゃないため、コーヒーにこだわると大赤字なので大手メーカーのコーヒー
- 外に食べに行くのは月に2−4回くらい?
- ファストフードはたま〜〜〜〜〜に食べることがある。でもファストフードのハンバーガーは一年にあるかないかくらい
- 行くレストランやパブは素材にこだわるところが主。

ってことで、まだ全然極端じゃないですね。
今年は初めてCSAのシェアに加入したので、農家から卵と野菜が届きます!うれしいな♪
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2010-05-12 05:37 | アメリカ生活

2009年にアメリカで流行った食べ物&2010年のごく個人的予想

日本ほど食べ物の流行は激しくありませんが、アメリカでも食べ物の流行はあります。特に料理好き/食べること好きな人々の間では色々流行ります。(こういう人たちを指すのにFoodieという言葉がよく使われますが、この言葉を毛嫌いする人もいます(私は特に気にしませんが))

2009年に流行ったもの

#ベーコン
飴がけベーコンは数年前から流行っていたのですが、昨年になってベーコンカップケーキ、ベーコンチョコレートチップクッキー、ベーコン風味ウォッカ...ともう手のつけようがなくなってきたのが去年です。かく言う私も彼が無類のベーコン狂なのでベーコン・ピーナツバークを作りました。実は結構いけます(笑

#カップケーキ
ニューヨークのマグノリアで有名ですが、これはだんだん下火になってきてるかも。でもカップケーキ専門店がどこにでも出てきて、私の住むところにすらあるのです。色々なフレーバーとアイシングのコンビネーションが選べるところが魅力なのでしょうか。あと、子供時代の誕生日はカップケーキが多い(切り分けなくてもよく、手で食べられるのが幼児向き)ので、ノスタルジックなのも人気が出た原因でしょう。

#Fleur de selチョコレート、キャラメル
チョコレートとキャラメルのレシピには必ずFleur de selが仕上げにのっているというくらい流行りました。甘いものには少しの塩気がアクセントになっていいのですねー。

#ミクソロジスト
食べ物じゃないのですが、こだわりのあるカクテルの作れるバーテンダーがいつの間にかミクソロジストと呼ばれるようになっていました。学者っぽい響きです。今までに聞いたカクテルの中で一番衝撃的だったのがBLT(ベーコン・レタス・トマト)カクテルです。どう作るのか忘れましたが、ベーコンウォッカは間違いなく入ってました。

#和食
寿司ブームはもう古い話ですが、普通に日本語で通じるようになってきたのがパン粉、そば、インスタントじゃないラーメン(ニューヨークのMomofukuのおかげかと思われます。去年クックブックが出たのも一因かも)、えだまめ、昆布、「旨味」など。
もうちょっとがんばってほしいけど、次は韓国がきそうな予感です。

#トラックフード(屋台)
私は大都市にいないので残念ながら試す機会がまだないのですが、ニューヨークやLAでは大流行りのトラックフード。昔ながらのホットドッグだけでなく、色々なエスニックやオリジナル料理を専門にするトラックが増えてきました。特にLAのKogi tacos (焼き肉&タコスのフュージョン)が話題に。Twitterのおかげでいつどこに出没するかが分かりやすいそうです。

#モレキュラーガストロノミー
有名シェフが液体窒素を使ったり、グアーガムなどの安定剤を入れたり、Sous-vide(真空調理法)を取り入れるなどして「新しい」料理を作り出しました。個人的には、サイエンスが仕事なので恒温液槽とかが調理に使われているとあまり食欲でません(笑
シカゴのAlineaというレストランのシェフ、Grant Achatzなどが有名。最近では家庭用のSous-videマシーンなんかも出回ってます。


2010年に流行りそうなもの

#韓国料理。
焼き肉だけでなく、家庭料理的なものも流行りそうです。個人的にはもっと和食ブームになってほしい気も(材料が手に入りやすくなるとうれしいので)。

#鰯
毛嫌いする人が多い食材ですが、環境に優しい、水銀の心配もないということでニューヨークタイムス紙のMinimalistことMark Bittmanもよく使うし。最近Food NetworkのAlton Brownがアボカド+オイルサーディンサンドイッチでダイエットに成功したこともあり、少しは好かれる食材になるかも...?流行るまでにはいかないかな。

#アジアンスイーツ
日本のお菓子類の噂は密かに広まっています。キットカットにそんな種類があるの〜!みたいな。でも会社の取り決めでアメリカ国内では堂々と売れないんだそうな。

#Twitterを使うレストランとシェフが増える
既にお気に入りレストランとシェフ、フォローしてます。「今日はこんな食材が手に入ったよ!」とか「今日のスペシャルは○○!」というのがリアルタイムで分かるので便利。

#ホームガーデンがもっと流行る
景気はまだよくないですしねー。

というわけで、予想というか私の個人的希望というか...(汗

ちなみに、Epicuriousの予想はこんな感じです。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2010-01-14 13:16 | アメリカ生活

グラノラ

ものすっごく暑くなってきました。一人暮らしの頃から一定してきたのが、朝食は寒い季節=オートミール、暑い季節=グラノラです。5月末くらいからグラノラ&ヨーグルトにスイッチしました。昨年はがんばって作っていたのですが、オーブンを使うと暑いのでなるべく使いたくないのと、結構おいしいブランドが安く手に入ることが発覚したので、最近買ってしまってます(汗)
ちなみに私のお気に入りグラノラレシピはこちら。入れるものはかなり大雑把に替えちゃいます。

オーガニックのナッツやらドライフルーツやらと材料にこだわると結構高くつきますが、一箱$5とかだとやっぱり作った方が安いかも。でも、これが近所のTargetで3ドル以下で売ってたのです♪
一時的だと思いますが、思わず買いだめ(笑)

私の彼は一年を通してシリアル派で、好きなブランドが決まっています。
これもグロッサリーストアで買うと$4くらいするのですが、Targetではほぼいつも$3以下。なので他の物はグロッサリーストアで買い、朝食のものだけTargetという買い方をしています。
Walmartももちろん安いのですがなるべく行かないようにしてるので(笑)
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2009-06-22 22:42 | アメリカ生活

私:Ph.D.をとるためアメリカに来て今はアカデミアとスタートアップの境に存在。夫:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。アシスタントプロフェッサー。
by hamakkoinmidwest
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アメリカ生活
同じ屋根の下
国際恋愛
サイエンス/キャリア
自己紹介
料理
彼の仕事関連
結婚未満
ビザ関係
国際結婚
serious stuff
ウェディング関連
アメリカで不妊治療
Outlander(Starz)
未分類

About

生命科学系PhDをとるため日本の大学卒業後アメリカに来て、当時MD/PhDコース中のPhDの方をやっていた彼と出会いました。彼のレジデンシーの間は国内で遠距離をしていましたが、フェローシップでこの都市に戻ってきたので、何年か一緒に住んでから結婚しました。体外受精の末恵まれた娘と3人暮らし。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧