生物学者のアメリカ暮らし。

タグ:Outlander ( 22 ) タグの人気記事




Outlander 第9話までのタイトル

もはやファンサイトのようになってきて何のブログだか分からなくなってきました。といっても何のブログだか元々不明だからいいのですが。

日本語で出ているか分からないのですが、エピソード毎のタイトルが9話まで出ているのでとりあえずアップしておきます。

第1話 Sassenach
第2話 Castle Leoch
第3話 The Way Out
第4話 The Gathering
第5話 Rent
第6話 The Garrison Commander (←ブラックジャックが再登場。本ではエピソードになるほど長くないので、新しいコンテンツが多そう)
第7話 The Wedding (←ジェイミーとクレアの結婚式。このエピソードにおける著者ダイアナからサム・ヒューアンへのコメント:「ほんとにいい尻してるわ」w)
第8話 Both Sides Now (←子供ロジャーが登場)

ここでミッドシーズンブレイクが4ヶ月くらい?あり (←追記 半年の間違いです!第9話公開日が4月4日と公表されました。)

第9話 The Reckoning
10話以降は未公開です。

情報源は主にコチラ
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2014-09-09 22:34 | Outlander(Starz) | Comments(6)

Outlander (TV series!)

突然ですが、ミーハー(死語?)ネタです。

2年近く前に書いたこのアウトランダーシリーズ。

今年はファンにとって大興奮の年なのですmff

なぜなら
1)8巻 Written in My Own Heart's Blood が6月10日にリリース
2)Outlander TV seriesのプレミアが8月9日に決定 (アメリカ国内ではStarzという超プレミアムケーブルネットワークなので私はタイムリーに見られませんが、、しくしく。Breaking Bad みたく公開と同時にダウンロードシーズンパス売ってくれないかなぁ。。)

というわけでファン層は か な り 盛り上がって来てます。
ジェイミー役にスコットランド俳優のサム・ヒューアン、クレア役にアイルランド人で元モデルのカトリナ・バルフが抜擢。テレビのドラマシリーズって有名な俳優をあまり使わないところがまたいいんですよね。サムもカトリナもこれを期に超有名になりそうですが。

プロデューサーであるロナルド・ムーア曰く、クレア役の方が先に決まるかと思いきや、ジェイミーはさくっと見つかったのにクレア役がなかなか見つからず、キャスティングが相当難航したそうです。
個人的にキャスティングはすごいバッチリだと思います。ジェイミーとクレアに限ってはダイアナ本人が太鼓判。(クレアの目がウィスキー色じゃない!とかジェイミーの髪の赤さが足りない!とか文句を言うファンもいるそうですが。。)

裏ネタではロン・ムーアの妻(アウトランダーシリーズの大ファン)がコスチュームデザインを手がけていて、衣装はすごい完成度。タータンはカスタムメイドで色素にもこだわり生地から作っているそう。
スコットランド訛りの英語だけでなく、昔からの言語であるスコティッシュガレックを多用するとのことで、俳優達にはガレックのコーチがついています。スコットランド独立が問題になっている今年にシリーズデビューというのは何らかの偶然でしょうかね。

トレイラーはいくつか出ていますが、

最初のバージョン

最初のとほぼ同じ、終わり方が違うバージョン

最新バージョン


初シーズンは本を約16分割して、全部で16エピソードがあり、2エピソードずつ違う監督が作っています。スタート前からファンが相当盛り上がっているのでシーズン2以降も更新するだろうという見込みです。

たのしみすぎる。。。夫にfangirlと馬鹿にされていますが、無理矢理一緒に観させる予定です。
[PR]



by hamakkoinmidwest | 2014-05-16 08:06 | Outlander(Starz) | Comments(10)

私:Ph.D.をとるためアメリカに来て今はアカデミアとスタートアップの境に存在。夫:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。アシスタントプロフェッサー。
by hamakkoinmidwest
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アメリカ生活
同じ屋根の下
国際恋愛
サイエンス/キャリア
自己紹介
料理
彼の仕事関連
結婚未満
ビザ関係
国際結婚
serious stuff
ウェディング関連
アメリカで不妊治療
Outlander(Starz)
未分類

About

生命科学系PhDをとるため日本の大学卒業後アメリカに来て、当時MD/PhDコース中のPhDの方をやっていた彼と出会いました。彼のレジデンシーの間は国内で遠距離をしていましたが、フェローシップでこの都市に戻ってきたので、何年か一緒に住んでから結婚しました。体外受精の末恵まれた娘と3人暮らし。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧