私:Ph.D.をとるためアメリカに来て、今はポスドク中。 彼:元コミットメントフォービックなアメリカ人医師兼研究者。週一でクリニックをしながらポスドク中。


by hamakkoinmidwest

タグ:removal of condition ( 1 ) タグの人気記事


覚え書き程度に書いておきます。
最近(というか結構経ってますが、、)10年もののグリーンカードが届きました。
2年もののグリーンカードの面接の時に、面接官に念をおされたのが「グリーンカードに書いてある期限の90日前に申請すること。一日でもフライングすると却下されるから早く出さないように」ということ。
書類を集めるのに結構時間がかかって90日から少し過ぎてから郵送しました。
送った書類は、

*カバーレター (こういう書類が同封されています、よろしく、ってかんじ。夫の署名付き。)
*I-751
*グリーンカードのコピー
*5年くらい住んでる家の現在のリース(うちは大家さんがいい加減なのでリースは毎年更新してなくて、こういうことでもないとプリントアウトしません笑)
*共同の銀行預金アカウント
*ジョイントでファイルしてるタックスリターン過去2年分
*生命保険でお互いが受取人になっていることを証明する書類
*健康保険(夫の保険で私がカバーされている)
*車の保険(夫の保険で私がカバーされている)
*新車のリース(共同)
*知り合いからの証言は頼まなかったのですが、補足としてリファレンスリストを付けておきました。夫の臨床のボス(そのボスの結婚式に我々が参加してるのと、他の結婚式やパーティーに同席するので)と、研究のボス(かなり有名な人なのですが、同じ建物なのでよく会うし私ら夫婦が一緒にいると嬉しそうなので)、私のボス(同じくパーティー等によく同席)。偉そうなタイトルと電話番号を付けておきました。

これで一息。
タイムラインとしては
6月半ばに書類郵送
1週間後にI-797が届く
数日後、バイオメトリックス予約の手紙が届く(届いた日から2週間ちょいくらい)
バイオメトリックスのアポ(待ち時間も含め5分で終了)
バイオメトリックスの2週間後、受理されたというレターが届く
その数日後に10年ものグリーンカードが届く

というわけで合計1ヶ月半で無事終了しました。政府のウェブサイトではトラッキングすらできないし「6ヶ月待ち」とか書いてあったのですが、あまり気にしないでいるうちに終わりました。
[PR]
by hamakkoinmidwest | 2014-09-04 09:29 | ビザ関係